日々の出来事を徒然なるままに

かぜのたより

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全ての記事を表示

運動しましょう

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事


湯布院合宿

土日でショップの催し「湯布院合宿」に参加しました。
前日は大雨…う~ん困った、最悪雨の場合は輪行で行くしかないかもねとは思いながらも「晴れてくれ~!!」と天に祈る。
その甲斐あってか「天気予報は晴れますよ~」と微妙ながらも変化してきた。
朝起きてみると路面は濡れているが降ってない。やったね。
さ、出かけようとするとパラパラと降ってきた。う~ん、回復まもう少し先になるのか?
着替えなどをビニール袋に入れの雨対策を行い、背負っていくザックには山歩き用の雨具上下を入れてショップへ向かう。

ショップにはすでに数人が来ていた。寒さ対策をざっと眺める。うん、半パンの人もいる。晴れれば気温も上がるだろう。それほどの防寒対策は不要のようだ。
ザック背負っていくの?雨具は要らないよ~との忠告を無視し背負っていくことにした。万一降ったら大変だもんね。今の時期濡れたら寒いですよ~

8時40分、8名で出発です。子の合宿いくつかの組に分かれてそれぞれ思い思いのコースで由布院をめざす。私のチームは耶馬渓で紅葉見物、結構な坂を3~4つ超えるハードなコースです。私は坂では置いて行かれるのは分かり切ったことだが、それでもこのコースは魅力あるコースです。剣客ぞろいのチームに混ぜてもらって頑張ります。でも念のため輪行バックも持っていくことにしよう。

8人で隊列を組んで快調に走る。結構狭い道で車も多いので途中から4名づつに分かれて走ることにした。いつもなら休む「道の駅」「休まず通過!」とリーダーより声がかかる。心では「え~…」と思ったが、まだそれほど疲れてないしま、いいか。すると「次はどこで休む?トイレ行きたいんだけど…」そうですトイレしたい人もいるんですよね。いやあ、休める。よかったよかった(^O^)

天気、なかなか晴れてこない。なんかどんよりしたほうにすすんでるみたい。日田に近づくとちょっと路面はウエットです。滑らないように気をつけて走ろう。
それからひたすら走り続けます。日田を過ぎ最初の上り、大石峠です。いやあ、ここはいつ通っても疲れます。快調だった走りも少しずつ遅れ始める。ぜーゼーはーはー…
そしてようやく峠に到着。先着の健脚組が待っててくれました。は~い、お待たせ。ようやく2回目の休憩だあ~と思ってたら、すぐに全員そろったので出発です。確かに汗で体が冷えるもんね。
091115a.jpg
 峠からは快適な下りです。でも余り飛ばしません。このころ路面は乾いていましたが下りで時々ハンドルがぶれるんですよね。ガタガタっと着たら怖いです。で、慎重に下ります。
耶馬渓手前の山国frは今年も「かかしワールド」を開催中でした。まるで本物の人間と見紛うほどの出来ですねえ。
今年のテーマは何でしょう?
道路沿いの田んぼやあぜ道etcいたるところに色々なかかしがいます。ユニークですねえ。
091115b.jpg
お店の前や民家の屋根などにもいるんですよ。まるでサイクリストを応援しているような形のかかしもあります。思わず手を振ってしまった。
ここから耶馬渓サイクリングロードに入ります。今日はいまいちの天気のせいかサイクリストはあまり見かけませんでした。
路面には落ち葉や小枝がたくさん落ちています。昨日の雨や強風でより一層落ちたんでしょうね、葉っぱの上でブレーキ掛けたらつるっと滑りそう。速度を落として走行します。時々小石なども落ちていて要注意でした。スピードあげないせいかどんよりした天気の成果寒いです。今日はもう気温は上がらないみたいです。
091115c.jpg
 耶馬渓のいつもの食堂でいつもの食事です。
このアユの甘露煮うまいんですよね。そしてだご汁もあったかくてうまいです。
いやあ、満腹。
でもねこの満腹の後につらい登りが待ってるんです。そのことを思うとちょっと憂鬱です。でも素晴らしい紅葉の深耶馬渓まであと少しですから根性出して頑張ります。
091115d.jpg
ダムまではちょっと急ですが、そのあと少しこう配が緩やかになります。遅れ内容に頑張って走る。
坂だ!シフトチェンジ…ガチャガチャと嫌な音が。チェーン外れたかな?幸い外れてはいなかったが、ちょっと音が出るようになった。フロントインナーで走り頑張って登る。ちょっと平坦な道になったのでアウターに戻そうとするが戻りません。何度もチャレンジ。しかしうまくいきません。
やば~、先日具合悪かったので修理した時、もう変え時かもね。様子見て次に具合悪いようだったら交換したほうがいいですよとアドバイスを受けていたのだ。いやあ、困った…
091115e.jpg
 深耶馬渓に到着。紅葉が綺麗です。一目八景はたくさんの人で賑わっていました。車も渋滞です。
すごい人気。ここも休憩はほとんどせず渋滞の中をすいすいと走ります。自転車ってこんな時は優越感を感じます。いやあ、快適快適。しかしシフトレバーが切り替わらないのはちょっとショック。ここからまだ峠までかなりあります。景色見るのも気もそぞろ。どうにかしてうまくいかないかとチャレンジしながら登ります。でようやく峠が見えてきた。このままアウターで登ろう…しかしフロントを変速できないとなると余計疲れるような気がします。峠を過ぎちょっと下ったところで一休み。ここで「ちょっと具合悪いんです」と話をする。どれどれ…このチームはベテランぞろいです。ああやってこうやって…とりあえず曲ったところをグイっと直して調整。するとあら不思議、OKです。ちょっとチャリチャリ音はしますが変則は可能。いやあ、良かった。ありがとうです。壊れたまま水分峠上るのは地獄の苦しみだなあと思っていたので直してくれた人たちに感謝、神様に見えました。

眠くなったので後は後日…
関連記事

プロフィール

..kyou

  • Author:..kyou
  • 健康第一!

ブログ内検索

過去ログ

カウンター

救える命がある

クリックで救える命がある。