日々の出来事を徒然なるままに

かぜのたより

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全ての記事を表示

運動しましょう

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事


谷川岳登頂 5月3日

090503t01.jpg
登山口7:40~11:25山頂11:50~天神尾根~小屋12:40~田尻分岐13:15~登山口14:55

アカヤシオにしようか、それともイワウチワ?どちらも魅力的な花だが、今年は西上州のアカヤシオは開花が早くどの山が良いのか見当がつかない。で、谷川岳田尻尾根のイワウチワ鑑賞登山に決定。
明日は「佐久鯉マラソン10km」の予定だからあまり疲れるわけにもいかない。しかしせっかく谷川岳歩くなら西黒尾根ですよね。雪解けに開花する花達に出会うのも楽しみです。
麓から眺める山肌、残雪が多そうだ。アイゼン、ピッケルどうしようかなと思っていたが持参に決定。7時40分登山開始。鉄塔を過ぎる頃から残雪あり。徐々に雪が増えてきた。今年は例年になく残雪が多そうな雰囲気です

途中、栃木県小山から来たというMさんに出会った。なんと年齢が同じだそうです。途中で熊にあったとのこと。いやあ、我が輩も見たかったなあ(^^; )
この方とは歩くペースがほぼ同じ。このあと下山まで御一緒させていただいた。
西黒尾根はやはり急登です。残雪も多く所々雪庇になっている。踏み抜かないように慎重に歩く。ザラメ状の雪、アイゼンは不要だが、途中からピッケル使用。無くても良さそうだが万一転んだら大変だもんね。転んだら一気にしたまで言ってしまいそうな急峻な山肌。子供二人を連れたご夫婦、ザイルで子供をつないで登っていた。勇気有るお父さんだなあ見上げる山頂はまだまだ遠い。時々ゴゴ~っと音を立てて雪崩が起きている。いやあ、凄いねえ!!

途中シャリバテでペースダウン。素晴らしい光景とおにぎりに元気を貰って山頂をめざす。肩の広場はまだ雪がたっぷりです。山頂付近には今にも崩れ落ちそうな雪のブロックがへばりついている。なかなか豪快な景色です。
山頂には沢山の人。生憎の天気で青空はなかったが、かなり展望はあった。Mさんとしばし山談義。たっぷりと景色を堪能した後下山。下りは天神尾根です。Mさんに「田尻尾根はイワウチワの群落ですよ~」と宣伝。「じゃあ一緒に行こうかな?」ってことでご一緒することとした。

肩の広場を汗をかきながら登ってくる人達多数。私たちは快適に下る。これぞ雪の時の下りの爽快さだ。グングンと下る。熊穴沢避難小屋の回りはまだ1m位の積雪だった。この先も夏道はまだ雪の下。トラバース気味に下る斜面はちょっと緊張する。対面の西黒尾根、あそこを登ったんだなあと感動。天神平手前のピークに到着。ほんとならもう少し手前の分岐から田尻尾根へと下るのだが、積雪のためその標識は埋まってしまっている。今回は尾根を直接下ることにしよう。

この下山コース、最初は雪が多く残っており、駄目かなあと思っていたが、途中からイワウチワの群落が出現する。Mさんにも感動して貰った。撮影会の開始です。いやあ、ファインダーから眺めるイワウチワ、可憐ですねえ。ほのぼのとした薄い桃色が多いが、中には真っ白なのもある。綺麗ですねえ!あまりにたくさん咲いているので最後の方は少々もういいやって感じ(^^;
ショウジョウバカマや真っ白なコブシもたくさん咲いていた。

大満足のうちに頭上を通るロープウエーの下の林道に出た。途中、フキノトウとわずかなタラの芽ゲット。「Mさん、また機会があったら会いましょう。今日は楽しかったです」とお別れする。
山行を思い出しながら食べるフキノトウの天ぷらは美味だった。
090503t02.jpg  090503t03.jpg  090503t04.jpg

090503t05.jpg  090503t06.jpg  090503t07.jpg

090503t08.jpg  090503t09.jpg  090503t10.jpg

090503t11.jpg  090503t12.jpg  090503t13.jpg

090503t14.jpg  090503t15.jpg  090503t16.jpg

関連記事

プロフィール

..kyou

  • Author:..kyou
  • 健康第一!

ブログ内検索

過去ログ

カウンター

救える命がある

クリックで救える命がある。