日々の出来事を徒然なるままに

かぜのたより

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全ての記事を表示

運動しましょう

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事


太宰府へ

春です。サイクリングに行こう!!
どこに行こう?今の季節は何と言っても菜の花ですねえ。梅も良いかも…
ということで、太宰府迄行って梅ケ枝餅食べて梅を見よう。
帰りは菜の花眺めながらゆったりサイクリングとしました。
0903014.jpg
 菜の花が咲き乱れています。黄色に緑、そして山並み、やっぱ春はいいねえ。
 しかし風が強い。太宰府まで行くのはしんどそう…と思いながら鳥栖筑紫野道路を走っていたら「こんちわ~どこまで?」とサイクリストから声が掛かる。「太宰府まで」「じゃあ一緒に走ろうか?」「リハビリ中ですからのんびり走行ですけど…」「良いですよ、じゃあご一緒しましょう」ってんで太宰府まで一緒に走ることにした。一人より二人の方が楽しいもんね。
0903015.jpg
 この方いつもお世話になってるお店のジャージを着ています。よく見ると以前何度かサイクリング大会で一緒に走ったことがある人でした。名前は知らないけど(^^;(以下 Pさんと命名)
同じお店の常連なら安心です。一人だったら、単調な道の走りだったんですが、Pさん、よく道を知っている。3号線走るより変化があって面白いコースでした。時々ちょっと息の上がる坂など適度に走らせて貰います。
 しばらくぶりのサイクリング、やはり体力落ちてますねえ。何でもないような坂でも息が上がる…
やっぱ登りを含めた練習続けてないと駄目ですねえ。
0903016.jpg
 太宰府に到着。車で来た人達は大渋滞です。自転車はスイスイ。気分いいですねえ。
白い梅は既に遅いようですが、ピンクの梅は今が盛りと咲いています。太鼓橋では、沢山のカメラマンが沿道を埋めている。カメラが我々に向けられている。テレビカメラもあるなあ。人々の目が見つめています。この中をサイクリングの格好で歩くのは度胸がいりました。
何かあるのかなあ?とご婦人に尋ねると「ちょっと変わった格好してるあなた達を見てるんですよ」等と冗談を言われてしまった。「ほんとはね曲水の宴の催しがあるんです」と教えてくれた。
 なるほどそれで太鼓橋の方をみんな見てるんですね(^^;
0903017.jpg
 太宰府天満宮は菅原道真公にちなんで学問の神様と言われている。受験時期や梅の開花時期は最大に賑わう。今日も大混雑の天満宮。お賽銭あげるのに長~い列。きっと皆さん御利益有りますよ。
飛び梅はもうほとんど花は無かった。
0903018.jpg
 さ、目的の「梅ケ枝餅」食べましょう。いつも人気のあるお店は長~い列。並ぶのは大変そうだったので向かいの一人も並んでいないお店にしましょう。「二個お願いしま~す」「はい、210円です」
有名なお店と何が違うんだろう?暖かくて程良く甘~いあんこがとっても美味しい梅ケ枝餅でした。
0903019.jpg
 ほくほくしたお餅を食べていたら、ちょうど「曲水の宴」の行列がやってきました。
十二単に身を包んだお姫様達が笑顔を振りまきながら参道を進みます。綺麗ですねえ。うっとり(^^;
さ、久留米めざして帰りましょう。
帰路は追い風です。やはり楽ですねえ。ビュンビュンと走ります。快調です。膝も調子が良さそうです。
09030110.jpg
 途中で寄ったラーメン店。Pさんがいつか寄りたいと思っていたお店だそうです。たっぷりネギの乗った「ネギラーメン」。ネギを食べると風邪を引きにくくなるそうです。たっぷりのネギで、風邪を追い払いましょう。のんびり自転車談義していたら、お店の人が「自転車って楽しそうですねえ」と話に参加してきた。そして「コーヒーいかが?」だって。いやあ暖かいサービスに感激です。
さ、久留米までもう少し。頑張りましょう。
09030111.jpg
 久留米に到着。Pさんとはここでお別れ。今日は偶然の遭遇で一緒に走れて楽しかったです。ありがとね。
別れた後、宝満川沿いを走る。菜の花がいっぱい!綺麗ですねえ。春ですねえ。気持ちよいですねえ。 
09030112.jpg
 そしていつものサイクリングロードで締めくくり。春の一日、たのしいサイクリングでした。
走行距離約86km。走り始めに少し感じた膝の違和感。でも最後まで問題なく走れたのは嬉しい限りです。そろそろ100kmに挑戦もいいかもね。
 
関連記事

プロフィール

..kyou

  • Author:..kyou
  • 健康第一!

ブログ内検索

過去ログ

カウンター

救える命がある

クリックで救える命がある。