日々の出来事を徒然なるままに

かぜのたより

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全ての記事を表示

運動しましょう

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事


由布岳

 今年6月の「久住ミヤマキリシマ新人歓迎登山」が都合で中止になった。
このまま今年度は中止かと思われたが、どうにか都合がつき、今回全員参加で決行となった。
しかし不運なことに昨夜寝ていて伸びをしたところ、ふくらはぎがピクッとなった。やばい!足が攣った。しばらく痛みに耐え足を延ばしたり縮めたり…ふくらはぎはパンパンにこっているが歩けないことはないだろう。心配はもう一つ…先日から腰が痛くコルセットを着用している。
 こんなことで登れるだろうか…ま、普通に歩くには問題なさそうなので待ち合わせ場所に行く。
車に分乗して登山口着。山頂付近は雲がかかっているがそのうち晴れるでしょう。
0810041.jpg
今回の参加者は総勢10名。新人が6名、先輩2名、お目付役2名です。
新人の内、山歩き経験者は1名。
他は全くの素人、装備もめちゃくちゃだが、まあ若さがカバーしてくれるだろう。
さあ、山頂めざして頑張りましょう。
さすが若者、ぐんぐんと登っていく。お目付役はちょっと疲れ気味。「お~い、ちょっと早すぎるぞ~」と声をかける。初々しい新人君「は~い」と返答しちょっと速度をゆるめる。でもかなりのハイペース。
何度かペースメーカーを入れ替えながら和気藹々と登る。
樹林帯では涼しかったが、徐々に日差しがきつくなる。ジグザグ登山道を過ぎ少し厳しいガレ場を登るとマタエです。涼しい風が吹き抜ける。
0810042.jpg
さあ、どっちを登ろう?もちろん楽しい岩場の方です。
山歩きの経験のない新人君たちは、鎖場を怖がりながらも賑やかに登っていく。
0810043.jpg
 我が輩も久しぶりの山歩き。腰や、ふくらはぎに不安がありながらも快適に登れている。
山って体調不良を直してくれる御利益があるのかなあ…
岩場の上ではいポーズ。この岩の後ろは切れたった崖…
ちょっと腰が引けてます(^^;
 そして無事西峰山頂に到着。ちょっと生ぬるいビールでもみんなと楽しく飲むのは最高です。
さあ、新人君達一発芸を披露してください。これも恒例です。
S君が草場の陰から出現した時はみな大歓声。いやあ、よくやるねえ、若者君。
しかし、この最初の一発芸が受けて他の登山者の皆さんに、「一緒に撮ってえ~」と引っ張りだこ。一発芸の後は続きませんでした(^^;
0810044.jpg
 S君、この後もこの格好のままで下山し、行く先々で「かわいいね」とか「………」と熱い視線を受けていました。
 いったんマタエに下り、「東峰どうする?」と協議。答えはもちろん「登りましょう」
さすが若いねえ。東峰でもS君、おおもてでした。
でも小さな子供の目は怖がったり、変なおじさんって感じで冷ややかでした(^^;
0810045.jpg
 無事下山。湯布院で温泉入って帰りました。
今年も新人君歓迎登山は無事終了した。この中から何人の山好きが生まれるか楽しみです。



関連記事

プロフィール

..kyou

  • Author:..kyou
  • 健康第一!

ブログ内検索

過去ログ

カウンター

救える命がある

クリックで救える命がある。