かぜのたより

日々の出来事を徒然なるままに

Top > 自転車・車 > 星野村お風呂ツーリング

星野村お風呂ツーリング

久しぶりに自転車に乗ることが出来た。
お風呂ツーリング…のんびり走ってお風呂に入って帰る。
そんな企画に参加した。参加者12名、いつもとちょっと違ったメンバーです。スピードもちょっと控えめで気楽に走ることが出来た。
コースは久留米~広川~星野村のピストンの予定だった。

0712091.jpg

3組に別れ先頭で出発。寒いかなと思ったが走り始めればそれほどでもない。まだ紅葉の名残のある広川あたり。広川ダムでちょっと道を間違う。上らないでよい坂を上ってしまった。でも、ダムサイドは景色の良いところで、道を間違えたが得した気分。
上陽に快適に下りそこから緩やかな登り基調、そして星野村です。総合福祉センター「そよかぜ」前のちょっと急な登りを頑張って到着。後発二組は既に到着していた。

0712092.jpg
お風呂入る?う~ん、湯冷めしたら風邪引くかもね、ヤメとこおうか?って感じでだれもお風呂にはいる様子はない。ザックを背負って着替えやお風呂セット持ってきた人も居たような…でも風邪引くのは嫌だね。じゃあ、のんびり食事にしましょう。
「茶そば定食」なかなか美味しかったです。さて、帰路はどうする。ピストン?ここまできたら合瀬耳納峠までいってもたいした登りじゃないよ。景色もいいし…てな話になり決定です。

0712093.jpg
このコース何度か下ったことはあるが登るのは初めて。なかなか良いコースですねえ。疲れるけど(^^;
途中有名な棚田があります。今の時期は稲も刈られて特に見栄えはしないけどなかなか風情があります。そこからジグザグの登りでゼーゼー言いながら到着です。

0712095.jpg
二番手で到着。きつい坂ですが皆満足した感じでゼーゼーハーハーいいながらも笑顔で到着です。ここからどうする?誰か冗談で言ってました。「鷹取山経由にする?」なんちゃって。でも誰も賛同しません。そちらはまだまだ登らなくちゃならないので今日はパス。でもいつか行ってみたい気もします。

0712094.jpg

全員無事到着。さあ、ここから一気に下りです。その前に社長からアドバイス。あまり飛ばさないでね。センターライン越えないように。前の人と適当に距離も保ちましょう。etc適切なアドバイスをして貰って出発です。いやあ、快適!

0712096.jpg

吉井からは筑後川サイクリングロードに入ります。いつも向かい風がきついんですが今日はあまり風がない。快適な走りで無事帰着。ず~っと先頭を引いてくれたYさん、有り難うございました。
 手首、先日耶馬渓走ったときよりだいぶ良くなった感じです。星野あたりの荒れたアスファルト道はちょっと閉口しましたがまずまずでした。
走行距離約96kmでした。いやあ、久しぶりの走りは楽しかった\(^ ^)/
関連記事

コメントの投稿

Secret

下りですれ違った

合瀬耳納の星野への道で赤いブレーカーで下ってたv-12のは私です。あの一団はwarabeさん達だったのですね。耳納スカイラインを縦走して寒さに震えながら下ってたのですが、自転車集団とすれ違って少しうれしくv-221なりました。陽射しが有ったので薄いブレーカーだったのですが、やっぱりオーバータイプのブレーカーにすべきでした。
自宅に帰って速攻でお風呂v-78に向かいました。

一緒に走るのは久しぶりなので楽しみにしていましたが、叔父の1周忌と重なりました。
夕暮れ近く、片の瀬まで走りました.
平地も坂も以前より上手く走れている気がしますがサイコンを見ると全くスピードが出ていません.
自分の力では、残念ながら後についていくコバンザメ走法しかない様です。
今度ご一緒させてください.

oh!sun's sisterさん
 赤いブレーカー見たとたんにsisterと分かりました。でも一瞬のすれ違い、ゼーゼーハーハーの我が輩は声をかける元気もありませんでした(^^;
 ほんと寒くなってきましたね。出かけるまではちょっと躊躇してしまいます。冬の間に脂肪たっぷり付けないように頑張らなければと思ってます。来年こそはsisterに少しは付いていけるようになりたいです。
tokunagaさん
 お見送りに来てくれて有り難うございました。楽しかったですよ~合瀬耳納の登りは久しぶりに頑張りました。心拍MAX172…心臓が破れそうになりました。とりあえず次の目標は天草です。冬の間に思慕虚けないように頑張らなければと思ってます。tokunagaさんを小判鮫でもいいから引っ張れるようになりたいものです(^^;
プロフィール

..kyou

  • Author:..kyou
  • 健康第一!
ブログ内検索
最近のコメント
カウンター
カテゴリー
過去ログ
救える命がある
クリックで救える命がある。