かぜのたより

日々の出来事を徒然なるままに

Top > 山歩き > 晩秋の谷川岳

晩秋の谷川岳

群馬に帰省して、hiroと久しぶりの谷川岳登山(11/03)です。
コースは天神尾根から山頂、そして西黒尾根コースで下山。
ほんとは紅葉時期に登りたかったんですが、サラリーマンはなかなかそうはいきませんね(^^;
で、晩秋の谷川岳を楽しんできました。
土合口からロープウエイで天神平までラクチンラクチン。片道1,200円です。
天気は上々、風もなく穏やかな日差しです。

0711031.jpg
天神尾根は一気にロープウエーで天神平まで上れるので大人気です。観光客も間違えて登山道に踏み入れたりしてます。そんな軽装で大丈夫?と言う人を沢山見かけました。
避難小屋まではラクチンな樹林帯の歩きです。そこから少しずつ険しくなり、肩ノ広場を過ぎると肩の小屋着です。

0711032.jpg
トマノ耳到着。
麓では7℃だったので山頂は寒いだろうなあと思っていたんですが、以外と気温が上がってきたようです。風が心地よい。でも山肌には樹氷がびっしり。夜は冷え込むんだろうなあ…
山の天気は変わりやすい。少し雲が出てきました。

0711033.jpg

展望を堪能したら下山です。
下りは厳しい西黒尾根。険しい岩場や鎖場が続きます。一気に下る岩場は要注意。転んだり捻挫をしないように注意しながら下ります。
このコースをペットボトル一つ、そして革靴や運動靴で歩いている人が居ました。ザックも持っていません。まるで町中を歩いているような雰囲気。西黒尾根って険しいんですよね?
もし天気が荒れたらどうするつもりだろうとちょっと驚きです。このほかにもちょっと無謀だなあと思われる人達を見かけました。

0711034.jpg
近くて良き山、谷川岳。確かにロープウエイでラクチン登山が出来ます。しかい、いったん天気が崩れると一気に山は牙をむきます。周到な装備と準備でくれぐれも安全山行を願うばかりです。
 そそり立つマチガ沢方面の岩場…なかなか素晴らしい景色でした。

 アルバムアップしました。「晩秋の谷川岳」←興味ある方はクリックして下さい。
関連記事

コメントの投稿

Secret

晴れて良かったですね
それにしても、以前はhiroさんが歩ける道なら私も歩けるかなと、目安にしていたのですが、もうまったく追いつかないな~

私は昨日、妙義山の大の字コースでビビリまくって来ました(^^;

写真素的です

warabeさん今晩は
 写真見ました。谷川岳奥様とご一緒で羨ましいです。霧氷が凄いですね。
私が高校生の時上級生が谷川岳で遭難死して、同じ頃クライマーが一の倉沢でロープに吊下がったまま亡くなり、自衛隊がロープを銃撃して切った事件が焼きついていて、谷川だけには大分前に2回ほど行っただけです。写真を見てまた行きたくなりました。

えみ丸さん
 谷川岳もゆっくり慎重に歩けば行けると思いますよ。
是非追いついてきて下さい(^―^) 
妙義山の大の字の岩場も鎖があったですよね。
ビビリまくって当然だと思います。怖さ、緊張感が無くなったら危ないです(^^;
首村さん
 樹氷、ほんと新鮮な感じがしました。
自衛隊が銃撃で…と言うのはニュースで見た記憶があります。谷川岳って凄い山だなあ、魔の山!と思ってました。
でも天神尾根や西黒尾根などの登山コースは魔の山のイメージからはかけ離れています。なかなか良い山だと思いますが、余りにも軽装の人にはビックリしました。あんな感じじゃ、また遭難が増える時代が来るかも知れませんね。

写真拝見してきました。

よかった~。豪快で繊細。

hiroさんのウォーキング効果、すばらしいですね。西黒尾根、いい道でしたが、厳しい道でした。(あそこを革靴でザックなしかあ・・怖い怖い。)

hiroさん、どんどんはまってきましたね。いいぞいいぞ(笑)

ああ。写真を見ていたら、行きたくなってきたあ。

谷川に行かれて良かったですね。
以前Fyamaの関係する方の知人の奥様が西黒尾根、下りで滑り亡くなったと聞いていますから、知らないとは言いながら、軽装でって怖いですねぇ~その様な方は、大変だったけど、何とかなったと言い、次回もそんな格好で歩いてしまうんでしようね。

ぴとこさん
 hiroのウオーキング効果はちょっとさぼっていたため、上りが結構きつかったと行ってました。私も鎖場はちょっと手首の関係でつらかったですやはり日頃からの運動と健康って重要ですね。
hiroははまってきたと言うより、私に付き合ってくれてると言うのが正しいと思ってます。でもやっぱ、二人で歩くと楽しいです。

山百合子さん
 ほんとあの西黒尾根を革靴でなんて信じられません。それもペットボトル一本のみ!いつか怖い目にあって気が付くんでしょうね。やばいことしてたって…
大事に至る前に早く気付いて欲しいものです。

話変わって、ついに講師になったんですね(^―^) 
人気講座って事でこれからもあちこちから声がかかるかもね。我が輩は講義はいいからまたご馳走になりたいものです。早く皆さんと歩ける日が来るといいなあ…

プロフィール

..kyou

  • Author:..kyou
  • 健康第一!
ブログ内検索
最近のコメント
カウンター
カテゴリー
過去ログ
救える命がある
クリックで救える命がある。