かぜのたより

日々の出来事を徒然なるままに

Top > 山歩き > 谷川岳 快晴! その1

谷川岳 快晴! その1

北海道にいたときは冬は雪遊びに余念がなかった。
クロカンスキーに山スキー、そして雪山歩きに雪見酒で温泉…
会社や自宅では朝から雪かき、夜も雪かき、時にはつるんと転んだり…
九州へ転勤してその雪遊びともおさらばになって寂しい。
思いっきり雪で遊びたい!
ってなわけでお正月群馬に里帰りしたら行かないわけには行きません、谷川岳!
 早速30日行こうと思ったが、平地でも強風!それに天気予報は雪。
31日も風が強い。そして雪マークは消えない。このままじゃ行けないかも…
しかし、まちにまった元旦に晴れマークが出た。
「山に行こうかな?…」と小さな声で行ってみた。「いいよ、気を付けてね」とお許しが出た。で、近くの新伊勢崎駅まで早朝送って貰った。
070111.jpg

 谷川岳への登山基地はJR土合駅です。初日の出は列車の窓から眺めた。急いで家内安全、無病息災、その他諸々をお祈りする。車内はスキー客で混雑している。まったくみんな正月からお出かけ?しょうがないなあ(^^;
土合駅下り線、谷川岳への第一歩は、強烈な階段上りから始まります。462段+24段…途中には休憩のためのイスもあります。ここを登らないと改札に行けません。ヒヤッとした冷気を感じながら頑張って登る。そして改札、無人です。
070112.jpg

駅前に出ると真っ青な空に白毛門が聳えます。こちらは谷川岳一の倉沢東壁を眺めるには絶好の山ですが、雪の時は単独ではかなり厳しい。以前敗退した思いでもあります。
 駅前でバスを待つ。時間は3分ほど過ぎてますが、JRが遅れたのかなあ?雪道でバスも遅れてるかも?と少しの期待を持って待つがこない…
まあ、ロープウエイまで20分強。運動がてら歩くことにします。
070113.jpg

さてどのコースにしよう?本当なら西黒尾根から登って天神平へと下りたい。でも登り4~5時間は覚悟がいる。人が少なくラッセルだったらたぶんたどり着かない。お正月から無理してもやばい。今日は安全山行です。で、往復ラクチンコースで天神平とする。こちらは人も多くトレースもしっかりしているだろうし安心です。
070114.jpg

往復2,000円。約15分でぐ~んと標高を上げる。いやあ、ラクチンですねえ。天神平ではまだ滑ってる人は少ない。見上げるとトマノ耳、オキノ耳が早く登っておいで~と手招きしているように青空に浮かんでいる。
070115.jpg

スキー場の脇から早速急登。汗が出る。暑い。そうです-3℃とこの季節にしては異常ですねえ。暖冬!
熊穴沢避難小屋あたりも雪が少ない。
070116.jpg

「谷川岳3,000回に挑戦」のMさんです。谷川岳に来たときは殆ど出会います。それもそのはずMさんは殆ど毎日登って居るんですから。
今日は2,616回目。う~ん、凄いとしかコメントのしようがありません。ここまで来たら是非とも3,000回達成して欲しいものです。
★続く
関連記事

コメントの投稿

Secret

プロフィール

..kyou

  • Author:..kyou
  • 健康第一!
ブログ内検索
最近のコメント
カウンター
カテゴリー
過去ログ
救える命がある
クリックで救える命がある。