FC2ブログ

かぜのたより

日々の出来事を徒然なるままに

Top > 山歩き > 鶏冠山から木賊山へ

鶏冠山から木賊山へ

以前から気になっていた鶏冠山。
ほんとはシャクナゲ時期に歩きたかったが、コロナ自粛で県外への移動は禁止。
以前歩いたという野峰さんから情報収集。
心配は渡渉地点の確認と山の急峻さ。やはり単独では慎重になります。

明日は晴れだよ~との予報。
貴重な梅雨の合間の晴れを逃しちゃねと急遽、憧れの鶏冠山へ行こうと思い立った。

20200627tosakamap.jpg
↑ クリックで大きくなります。

深夜に登山口近くの道の駅に到着。
3時間弱仮眠して駐車場へ移動。
橋の向こうに鶏冠山を眺め、険しそうな山だなと気を引き締める。

20200627tsa.jpg

暫くは、西沢渓谷遊歩道コースを歩く。
つり橋を渡る。

20200627tsb.jpg

これから歩く鶏冠山の雄姿がそびえている。

20200627tsc.jpg


そこからすぐに沢に出る。
渡渉はどこからかなと、少し川沿いに歩く。反対側にケルンがあったがどうもそこではなさそうだ。
もう少し上流に行ってみよう。
あのあたりだなと思うところで二人組が渡渉の準備をしていた。

20200627tsd.jpg

登山靴と靴下を脱ぎズボンをまくって入水。
膝上位までの水深。いやあ、水が冷たい!
先に渡り終えた相模原から来たというお二人に挨拶。
同じ鶏冠山へ向かうという。心強いね。
おふたりより先に登り始める。

すぐに渓流沿いの岩場。
濡れてて滑ります要注意!

20200627tse.jpg

急な登りが続きます。
汗びっしょり。
先のお二人が猛烈なスピードで追いついてきた。
だいぶ離れてたと思うが、驚異のスピードで追い越される。
凄いなあ…すぐに見えなくなった(*_*;

20200627tsf.jpg

先は長いしまだまだ急登が続く。
ヘバラないよう、マイペースでコツコツ登ります。
すると追い越していったうちのお一人が休んでいた。
いやあ、きつい!と息が荒い。
もう一人の方のペースが速すぎてついていけないようです。

20200627tsg.jpg

もう一人の姿は見えない。
コツコツと登っていると、その人が連れを待っていた。
その後、その繰り返しで抜きつ抜かれつ。
後半は、やはり無理がたたったのか一人が遅れ始め、お先にと登る。

20200627tsh.jpg

急登を終え、景色の良い岩場にでた。
この景色が見たかったんです。

20200627tsi.jpg

富士山も見えました。
暫く景色を堪能してるとお二人がやってきた。

20200627tsk.jpg

次は前方に見える第三岩峰へ。

20200627tsj.jpg

ちょっとした鎖場を過ぎ第三岩峰基部へ。
ここは迷いなく迂回路選択。

20200627tsm.jpg

尾根に出て第三岩峰に到着。
「鶏冠山 山梨百名山」と記されていた。

20200627tsn.jpg

鶏冠山は山梨百名山の四天王と呼ばれているらしい。
中々展望も素晴らしいです。
おふたりが到着。
一人はもうここまででいいやということになったらしい。

じゃ次は本当の山頂へ。
山頂手前はシャクナゲなどで歩きにくかったが無事到着。
甲武信から木賊山方面の景色がいいですねえ。

20200627tsp.jpg

時間も早いのでのんびりする。
ここはSOTA対象ではないが、登頂記念にCQCQCQとアマチュア無線。
4局と交信できました。

先ほどのお一人がやってきて、木賊山経由にしたかったけど、連れが…
ということで下山していった。
その後、若者二人がやってきてしばし談笑。
やはりここで引き返すらしい。

予定よりだいぶ早く登頂できたので1時間ものんびりしてしまった。
10時半までに登頂。そして体力気力、天候に問題なければ木賊山へと決めていた。

すべてクリアー、じゃあ木賊山へ行こう!
ルート不鮮明、藪漕ぎ有り、テープを良く見ながら歩けば問題なしとの予備知識。

20200627tsr.jpg

シャクナゲの藪や倒木などあったが、目印のテープも多くそれほど厳しい感じはしなかった。

2177mのピークに到着。
ここからの眺めも最高です。
まだ木賊山は遠いねえ

20200627tss.jpg

いよいよ木賊山への最後の登り。ここはさすがにきつかった(*_*;
斜面にイワカガミの群落。

20200627tst.jpg

こんなにたくさん咲いているのは今までの山歩きではなかったような気がする。
急登につらさが癒されました。
そろそろ山頂かなという頃、道が不鮮明。

20200627tsu.jpg

テープが全然違う方にもあったりして迷います。
地図で確認するとどっちでも行けるんだろうが…
ちょっとテープを見失うと藪漕ぎとなる。
このあたりが本日一番の藪漕ぎ状態と言ってもよさそうな感じだった。

20200627tsv.jpg

突然きれいな登山道にでた。
そこからわずかで三角点のある木賊山頂上。
この時間なら甲武信ケ岳と少し欲が出たが、生憎天気がもやっとしてきた感じ。
青空の中、素晴らしい写真は期待できなさそうだし、一度登ってるのでパス。
少し甲武信方面へ行ってみたあと、下山は徳ちゃん新道です。

20200627tsy.jpg

途中、鶏冠尾根は通行禁止の案内がありました。
確かにこっちから行くと最初はルート間違うかもね(*_*;
徳ちゃん新道も急だし石ころがあったり、滑りやすい道だったりと大変だが、ちゃんとした登山道はラクチン。

20200627tsw.jpg

途中見晴らしの良いところに出た。登ってきた鶏冠山が良く見える。
中々急ですねえ。よく頑張った(^^♪

20200627tsx.jpg

東京から来たという男性とずっとご一緒して頂き楽しい山談議。
駐車場に着いて、鶏冠山方面を眺める。
歩けるかなあというスタート前の眺めだったが…
あそこ歩いたんだあという目で眺める鶏冠山。
やっぱ格好いいなあ、鶏冠山!

YouTubeにスライドショーアップしました。
約3分です。
でスタートさせた後、画面右下の「YouTube」をクリックすると大きな画面で見れます
 ↓↓


行程 約15km、9時間24分
駐車場 4:44→7:10 第二岩峰 7:25→7:45 第三岩峰 8:08→8:18 鶏冠山 9:28→11:14 木賊山 11:40→14:09 駐車場


関連記事

コメントの投稿

Secret

No title

お疲れさまです、やりましたね。
さすがです。

私は、本当の山頂まで登っていません。
またいつかはと思ってますが、、
イワカガミもキレイですね。

No title

野峰さん、こんにちわ

教えていただいたおかげで無事に歩けました。
甲武信も…って少し欲が出ましたが、遠慮しました。
イワカガミ、ほんと多かったです。
疲れた体をいやしてもらいました。

プロフィール

..kyou

  • Author:..kyou
  • 健康第一!
ブログ内検索
最近のコメント
カウンター
カテゴリー
過去ログ
救える命がある
クリックで救える命がある。