FC2ブログ

かぜのたより

日々の出来事を徒然なるままに

Top > 山歩き > 谷川岳から茂倉岳へ

谷川岳から茂倉岳へ

コロナによる自粛明け山歩き Pert2

今回もちょっと欲張って、谷川岳を満喫の山歩きです。
ほんとはテント泊で馬蹄型縦走、もしくは日帰りをと思ったが…
まだ山歩きの体力が完全復活といった感じで無い。
今の時期、無理してトラブルを起こし、いろんな人に迷惑かけると、まだ顰蹙買うだろうしね(*_*;

まだ、県をまたいでの山歩きはちょっと気が引ける。
では、群馬を代表する谷川岳だあ~ってことで歩いてきました。

20200609tanimap.jpg
  ↑ クリックで大きくなります

でも、茂倉岳は新潟県南魚沼郡湯沢町のようです。
越境かあ~…
でも、なるべく群馬県側にいたんで良しとしよう。

ほんとは馬蹄型縦走がいいなあと思ってたけど…
自粛中に体重増や脚力低下(*_*;
で、無理せず時計回りで蓬峠まで行き、土樽へ降りるか土合まで戻るか?
どっちにするかは電車の時間を考えて蓬峠で決めることにした。

20200609sb.jpg

西黒尾根を涼しいうちに登ります。樹林帯は気持ち良く好調な歩き。

20200609sa.jpg

稜線に出ると日差しが強い!

20200609sc.jpg

肩の広場あたりはまだ残雪。トマノ耳には男性が一人。

20200609sd.jpg

今日は先が長いのですぐにオキの耳へ。もやっとしてるが素晴らしい天気です。
風が気持ち良い。
いったん下り、一ノ倉岳へ登り返し茂倉岳へ向かう。

20200609se.jpg

残雪歩きが気持ち良い。ゆるやかに登り返して茂倉岳山頂。
1年前のちょうど同じころ、北海道の友を案内してこの山頂に立った。
でも、残念ながら視界は無し。友にこの景色見せてあげたかったなあ。

20200609sf.jpg

今日の目的である、山頂でアマチュア無線。
ここはSOTA対象で「JA/NI-013 谷川岳(茂倉岳)1,978m」 JCG08015(南魚沼郡湯沢町)
NIというのは新潟県の分類に入ってるということです(*_*;
越境しちゃった~
まあ、いいか。なるべく群馬県側でってことで、CQCQCQ

20200609ss.jpg

ハンディー機で5W送信です。結果は計10局(群馬2、埼玉2、長野1、東京2、新潟3)。
めでたくSOTAポイントゲットできました。
やはり新潟の局がトップでしたねえ。各局交信有難うございました。

このコースを歩くと、よく「馬蹄型縦走」の方とすれ違います。
今日も何人かと遭遇。
反時計回りでは、この茂倉岳への登りが一番きついところかな?

20200609sg.jpg

でも、日帰りとか泊りの人など色々ですが、皆さん元気!
馬蹄型挑戦中だあって雰囲気、オーラがみな漂ってます(^^♪
皆さん頑張ってね。

では、吾輩も残りあと一つのピーク目指してどんどん下ります。
武能岳への登り返し。

20200609sk.jpg

きつい…やはり体力低下してるようです。
コロナ自粛のせいだけでなく、年のせいもあるなあ(*_*;

20200609sl.jpg

武能岳を過ぎると、後はラクチン。
このコースで一番お気に入りの楽しい稜線歩きです。

20200609sh.jpg

蓬峠めざして足は疲れてるけど気分はルンルン(^^♪

蓬峠到着。
土樽へ下山が第一候補だが、順調に下山しても最終電車には大分待ち時間がある。
その前の電車には少し走ったとしてもギリギリか、間に合わない可能性がある。
よし、白樺避難小屋、新道経由で土合に戻ろうと決定。

20200609si.jpg

茂倉岳山頂で話した男性。この山域には詳しそうな人が言ってました。
蓬から土合への下りはやめた方がいいよ。土樽の方が安全だと言います。
今の時期、残雪箇所や荒れて危ないとこもあるし…
アイゼン持ってる?慣れてないと危ない。自信あるならいいけど…と。

自信があるという程、自分を過信してるわけじゃないが(*_*;
この位の残雪のトラバースなら経験もあるしというわけで、慎重に歩く。
確かに残雪箇所は、うっかり足を滑らせると遥か下まで行ってしまいそう。

20200609sm.jpg

距離は短いけどトレースは全くなし。そんな個所が何ケ所か出現。
一歩一歩ストックを付き、3点確保。靴でステップを刻みながら慎重にトラバース。
時々コースが分からなくなり、斜面を下る場所があったが、これが怖い!
雪の溶けて滑った山肌はズリズリと滑る。
小さな木につかまりながら下るが、木のないところも多い。
慎重に…ここで滑っちゃやばいです。

20200609sr.jpg

ココヘリのお世話になったり、医療関係者に今の時期迷惑をかけるわけにはいかない。
気を引き締めてどうにか無事なところまで下ることができた。
下って上を眺めると、あそこ歩けばよかったかなあと思える場所もある。
でも、下ってる時の自分の視界に入るところなんて狭いもんです。
俯瞰して眺められるといいんだけどなあ(*_*;

20200609sj.jpg

やはりおじさんの言うことは正しかった。
今回このあたりが一番やばかった。
特に下りに使うのは慣れない人はやめた方がいいと思います。

いやあ、緊張で疲れが一気にたまってしまった。
それにこのコースは長い…

20200609sn.jpg

ジグザグで下った後はいくつかの沢を横切り、最後は湯檜曽川沿いに下りました。

20200609so.jpg

最後は気持ち良い整備された樹林帯の歩き。
心は癒されましたが、体力的には結構疲れました。

20200609sp.jpg

最後に、このコース沢山の花が咲いてます。
谷川岳山域、何度歩いてもほんと良い山です。
さて次はどのコースにするかなと楽しみは広がるばかり(^^♪

写真をスライドショーにしてみました(Youtube)



行程 19.5km、11時間22分
駐車場4:37→登山口→6:26ラクダの背→7:45トマノ耳7:53→8:09オキノ耳8:15→9:05一ノ倉岳→9:38茂倉岳10:50→1:50武能岳11:55→12:29蓬峠→13:19白樺小屋→14:56巡視小屋→16:01駐車場
関連記事

コメントの投稿

Secret

すっごーい

こんばんは。お久しぶりです。

相変わらず頑張ってますねー、地図を見て中倉新道を降りたのかと思ったら何と蓬から新道を歩いたのですか?ブルブル残雪と道無しトラバース、お疲れ様でした。無事で何よりです。電車は3時間に1本ですから土樽に降りるのは考えちゃいますねー。でも新道も長くて新道に出るまでの危険は大変だったでしょう、さすがです。いやはやお疲れ様でした。
私は今日久しぶりに山の空気を吸ってきました。

No title

夢創歩さん、お久し振りです。
今回は茂倉岳から無線やりたかったんで、ちょっと遠回りになりました。
蓬峠からの下りは結構大変でしたが、芝倉の下りよりは危険度は少なかったと思います。
どっちにしろ谷川岳はいろんなコースが楽しめるんでいいですね。
今度は機会があれば白毛門から朝日岳経由で土樽へ歩いてみたいです。

プロフィール

..kyou

  • Author:..kyou
  • 健康第一!
ブログ内検索
最近のコメント
カウンター
カテゴリー
過去ログ
救える命がある
クリックで救える命がある。