FC2ブログ

かぜのたより

日々の出来事を徒然なるままに

Top > 山歩き > 赤城山の樹氷は最高!

赤城山の樹氷は最高!

2020年2月11日

赤城黒桧山の樹氷、見に来ませんか? ★少し古い記事ですが…YAMAPにアップした記事と同じです。

山と無線コミュで交流のあるumisuki23さんと、冬の赤城山を歩きました。
赤城の樹氷をぜひ見てもらいたいと、毎日天気予報とにらめっこ。
強風予報でテンクラはC…そして寒い予報!
でも晴れマークばっちり!
しかも、嬉しいことに前日に降雪があるようです。

20200211aa.jpg

じゃ、予定通り決行しましょう(^^♪
前日我が家に来ていただいて作戦会議。
毎度のことですが、作戦会議はいつも飲みすぎます。
いつ寝たのかなあ…

さて、当日。
目覚めて赤城を眺めると、前日より一段と白くなってます。
でも、厚い雲も垣間見える。やっぱ風強そう…

赤城山は、山よりも登山口迄のアクセスが一番大変です。
渋滞してます…
案の定、凍結路面でスリップしたのか乗用車が横向きになって道路をふさいでいる。
しばらく待機。
せっかく白くなった赤城山、こんなことで赤城山登れないよ~なんてなったら遠来のumisuki23さんを失望させてしまいます。
みんなの協力で少し移動させたのか、15分程でどうにか通れるようになり一安心。

20200211ab.jpg

その後も道路凍結は続き、路肩で路頭に迷ってる感じの車数台。
皆さん冬の赤城山来るときは、スタッドレス装着や早めのチェーン装着お願いします。

20200211ac.jpg

大沼駐車場から時計回りに周回します。
umisuki23さんはまずはチェーンスパイク。
私は初めから12本爪アイゼンです。
ピッケルも一応持参します。

20200211ad.jpg

登山口手前でアイゼン付けてる人がいます。
この位積雪があれば、アイゼンで気持ち良く登れる。
少し岩が出てるが、前日降った雪で思いのほか雪が多い。

20200211ae.jpg

標高を上げるにつれ積雪が増えてきます。
真白で気持ち良い。

20200211af.jpg

風は樹林帯で少し遮られますが、時折強く吹き木々の樹氷が落ちてきたりする。
これが光に当たって綺麗です。
富士山の見えるスポットに到着。
地蔵岳の左に薄く富士山が見えました。
富士山が見えると気分が高揚しますねえ。

20200211ag.jpg

この先急登が続くが、陽があたりキラキラと樹氷が綺麗です。

20200211ah.jpg

バシャバシャと何枚も撮ります。
いやあ、デジイチもって来れば良かったかなあ?

20200211ai.jpg

駒ヶ岳の分岐を過ぎわずかで黒檜山頂到着。
賑わってます。

20200211aj.jpg

女性3人組から「撮ってください」とお願いされ、ハイポーズ!
「てっぺんまできました」と書かれた横断幕?が格好いいねえ。
「どうぞ良かったら」と貸していただき、写真撮ってもらいました。
ありがとうございます。
いつもの無粋な山頂記念写真と違って、すごく見栄え良い写りでした。

20200211ak.jpg

視界はなさそうだけど、数分先の展望スポットへ行きましょう。
時折横殴りの風が痛いです…

20200211al.jpg

やはり展望は無し。
でも風の動きは早い。

20200211an.jpg

一瞬ガスが切れ日光方面の山々が姿を現す。
もたもたしてるとすぐに隠れてしまうので、カメラ構えて待機です。

20200211am.jpg

よし、いまだ!バシャッ(^^♪
谷川岳方面は最後まで姿を見せてくれなかったが、今日の天気じゃやむを得ないね。

20200211ap.jpg

駒ヶ岳方面へ戻り、黒桧大神で休憩にします。
umisuki23さんはアマチュア無線で交信。
SOTAポイント、ボーナスもありますよ~
日頃の房総の山と違って、一回でおいしい13ポイントもゲットできます。
頑張ってね(^^♪
強風で紙が飛びそうになったり大変そうです。
寒いし手も悴んでいるでしょう。でも頑張りましょう!

20200211ao.jpg

私は、いつでも来れるので今日はやらなくていいや。
でも記念にと、1局だけ交信して頂きました。
時々ガスが消え小沼方面に富士山や八が岳方面が見え隠れ。
では下山しましょう。
ここでumisuki23さんは14本爪アイゼンに変えます。
初めてのアイゼン歩き。爪ひっかけたりして転ばないようにね(*_*;

20200211aq.jpg

鞍部までは急な下りが続きます。
女性二名がチェーンスパイクで下ってます。
あれ~なんて言いながら楽しそうですが…
やはりこの急な下りはチェーンスパイクでは慣れない人は厳しと思います。
ご安全に!

20200211az.jpg

急な下りが終わり、また少し登り返しです。
振り返って黒桧山方面を望む。

20200211ar.jpg

時折強風‥
帽子飛ばされそうです。

20200211av.jpg

さあ、最後の登り
もう少しで駒ヶ岳山頂ですよ~

20200211au.jpg

山頂到着。
やったね
駒ヶ岳への登り返しが終わり、そのあとは所々雪庇が発達してます。
まだ小振りですが…

20200211as.jpg

かなり強い風が吹きつけます。
地吹雪って感じ…

20200211at.jpg

左手にうっすらと筑波山、そして地蔵岳方面にはうっすらと富士山。
そしてふわふわ雪の登山道。
いやあ、赤城山最高!

20200211ax.jpg

最後は鉄階段のところを下ります。
ここは要注意
最初の鉄階段は雪で埋まりその横を下ります。急な下り。

20200211aw.jpg

二つ目の鉄階段は雪が少なく、アイゼン装着してると非常に歩きにくい。
用心用心‥

途中、umisuki23さんがピッケルを持ってみたいということで、少しお勉強。
持ち方や滑落停止の基本などを、こんな感じかなあとお話。
少しは参考になったでしょうか?
でも滑落停止は何度も何度も繰り返し練習しないとね。
それでも中々うまく停止することは難しそうな気がします。
まずは転ばないこと。これを心掛けましょう。

20200211ay.jpg

いやあ、今日は楽しい赤城山だった。
樹氷の赤城山は何度も歩いてるが、それでも毎回感動します。
umisuki23さん、初めての赤城山の樹氷・雪・強風・寒さ!
感動して頂けたでしょうか?
赤城山、万歳!

赤城山で樹氷に感動したいという方、登山口迄の道路凍結に注意しておいでください。
なお、樹氷は気象条件により見れない時も多いですから悪しからず(*_*;

行程  4時間31分、約5.5km
     大沼P 9:53→猫岩→11:33 黒桧山 12:50 →13:21駒ケ岳 13:37→14:31 大沼P


関連記事

コメントの投稿

Secret

プロフィール

..kyou

  • Author:..kyou
  • 健康第一!
ブログ内検索
最近のコメント
カウンター
カテゴリー
過去ログ
救える命がある
クリックで救える命がある。