かぜのたより

日々の出来事を徒然なるままに

Top > 山歩き > 榛名の山々でアマチュア無線

榛名の山々でアマチュア無線

2019年10月20日
榛名の、二ツ岳、相馬山、榛名富士を歩く

★だいぶ更新が滞ってました。特に体調壊したとかではなく、ずるずると先延ばしにしてた次第です。
 で、しばらく手抜きレポ(YAMAPにアップしたレポと同じ)になります。(*_*;
 ご容赦ください。

 YAMAPレポはこちら
 クリックでYAMAPのサイトへ移動します。写真はこちらにアップしております。

では‥‥(YAMAPと同じ内容のレポです)
--------------------------------------------------------------------------
本当は、今日は榛名山中腹でマウンテンバイクの大会に参加する予定だった。
しかし、先の台風19号の数日前に中止の連絡が…

台風の影響かなと思ったら、豚コレラが懸念されるためとのこと。
豚コレラウイルスは、感染した野生イノシシの糞などにも混ざっているため、
靴底やタイヤ等に付着したものを介し感染が拡大する可能性が…
東吾妻町の養豚業は町の主要産業であり、仮に豚コレラによる感染が発生すれば
町の産業に甚大な被害をもたらすこととなります。とのことでした。

これはやむを得ないね。今回で連続7回目の参加予定だったが…
来年は豚コレラの危機を脱し、開催されることを祈念しましょう。

で、前置きが長くなったが、日曜日が暇になりました。
大会が催されれば近くに住む娘夫婦宅に泊まり参加する予定でした。
せっかくだから孫の顔でも見に行きましょう。
hiroはこの時期開催されるリンゴ祭りを娘たちと行くのを楽しみにしてます。
じゃ、私は山へ(^^♪

20191020榛名
↑ クリックで大きくなります

榛名山迄約30分の好立地。
今日の目的は、榛名の山でアマチュア無線が目的です。
先日、SOTA対象の榛名の山(二ツ岳、相馬山、榛名富士)から交信しました。
対象の山は残り5つ。今日はそのうちの3つを登ります。
うまくいけばもう一つ行けるかなあと目論みます。

20191020ha.jpg

まずは烏帽子ケ岳。
途中から少し急だが、山頂付近は広い笹と木々に囲まれた見通しは期待できない山です。
先客は東京から来たという女性の二人連れ。
しばしお話をしてお別れ。
さてアマチュア無線をやりましょう。

20191020hb.jpg

水戸市や富津市の局を含む6局と交信しポイントゲット。

次は鬢櫛山へ向かいます。
ここは烏帽子ケ岳より更に景色は期待できません。

20191020hc.jpg

3人の男性が休憩していたので邪魔にならないよう10mほど離れてCQCQCQ
見通しが悪く電波はあまり飛ばないのかな?
最遠は栃木県小山市の局。
ポイントゲットの最低4局と交信できたんで早々に次の山へと向かいます。

20191020hd.jpg

掃部ケ岳へ向かうに」いったん道路に出ます。
しかし…
途中道が不鮮明になり、ちょっとコースミス。
すぐに修正できたが、まさかこんなところでミスするとは(*_*;
反対側から登る人は登山口が見つけにくいかもね。

20191020hf.jpg

道路に出て掃部ケ岳登山道へ。
このあたり別荘地のため、関係者以外立ち入り禁止の表示があった。
でも立ち入らなければ登山口に到達しません(*_*;
少し立ち入らせてもらいました。
わずかで分岐に出て硯岩へ向かう。
ちょっとした急登を頑張ると素晴らしい景色が待っていました。

20191020hg.jpg

眼下の榛名湖、そして湖を取り巻く山々。
先程歩いた鬢櫛山から烏帽子ケ岳が見えます。
ぐるっと取り巻く山を周回するのも面白そうですが、今日はパス。
いったん分岐に戻り山頂へ…

20191020hh.jpg

この先、丸太の階段地獄が待ってました。
この階段どこまで続くんでしょう。
湿った丸太は滑ります。足元最大限の緊張感です。

20191020hi.jpg

榛名湖へ下る別ルートのところで、烏帽子ケ岳で会った女性二人連れに遭遇。
この道下れます?と聞かれたが、私が下ったのはもう相当昔です。
かなり急な地形です、気を付けてとお別れします。

20191020hk.jpg

そこからは丸太の階段もなくわずかで山頂到着。
今日最大の賑わいの山頂でした。
それほど広くない山頂に10数人。
そして入れ替わりに次々登ってきます。
申し訳ないので最大限邪魔にならない隅っこでアマチュア無線。

20191020hl.jpg

ここでは、自作6エレ八木を使いました。
なんか電波がかなり飛びそうな気になります。
飛ばなくっても、自作のアンテナで運用するのは気分いいですねえ。
ビームの切れも申し分ないです。
時間も遅くなり、登山者も登ってこなくなったんで少し安定した場所に移動。

日光霧降高原移動局は、なんと同じような自作6エレアンテナとのこと。
製作要領などの話で盛り上がりました。
できたら行こうかなと思ってた三ツ峰山はもう行く気はなくなりました。
山頂滞在3時間弱。

20191020hm.jpg

妻から、今、どこ?と電話が…
「まだ掃部ケ岳山頂だよ~」と伝えると、
「YAMAPの見守り機能がそこから全然動かないからどうしたかなと思った」とのこと。
いやあ、いいですねえ、みまもり機能(^^♪

では下山しますと伝えて下ります。

20191020hj.jpg

登山口迄あとわずかといったところ
真っ黒い湿った土の斜面でズルっと転び、手やザックが真っ黒け(*_*;
滑るなと一瞬思ったんだけど防御態勢をとることもできずズルッ!
運動神経鈍くなってるんで気を付けなくっちゃね。

今日は榛名湖付近の山々3座のSOTAポイントゲット
残り二つ(三ツ峰山と幡矢岳)となった。
近いうちに挑戦したいと思います。
展望はなさそうだから積雪時期が面白いかもね。

行程 7.5km、7時間10分
    登山口 8:52→9:25 烏帽子岳 10:26→10:48 鬢櫛山 11:41→硯岩→12:55 掃部ケ岳15:25→15:57 登山口


関連記事

コメントの投稿

Secret

プロフィール

..kyou

  • Author:..kyou
  • 健康第一!
ブログ内検索
最近のコメント
カウンター
カテゴリー
過去ログ
救える命がある
クリックで救える命がある。