かぜのたより

日々の出来事を徒然なるままに

Top > 山歩き > ぐんま百名山 鬼怒沼

ぐんま百名山 鬼怒沼

2019年7月26日

群馬百名山「鬼怒沼山」を歩く。

大清水から物見山経由です。

20190726kna.jpg

しばらく林道を歩きます。

20190726knb.jpg

沢を渡ると急登が続く。

20190726knc.jpg

ただひたすら登りです。

20190726knd.jpg

景色もあいにくの天気のためよく見えない。
もしかしてあれは先日歩いた四郎岳かな?

20190726kne.jpg

いやあ、それにしても暑い。蒸し暑い!
こんなに汗をかくのは久しぶりって感じ。
何度も言うようだけど、ほんとただひたすら登りです。
蒸し暑い…

20190726knf.jpg

激登りを耐え、ようやく物見山です。
展望なしのさびしい山頂。
ここはスマホの電波が通じる。
hiroに連絡。
きつかったよ~
じゃあ、無線で呼ぶよ
残念ながらhiroの声は51位で聞こえるが、こっちの声は聞こえないらしく断念。

じゃ、次は鬼怒沼山から呼んでみるねと伝える。
スマホがつながるのもここが最後だった。
そっから一気に下って鬼怒沼との分岐。
取りあえず山頂をめざします。

20190726kng.jpg

いくつかの倒木を乗り越え、意外とあっさり山頂着。

20190726kni.jpg

しかし、一方向だけちょっと開けてるものの、周りは木々に囲まれて展望なし。
開けてる方も雲で、どっかの山頂らしきものが垣間見えるが、果たしてどの山かなあ?

20190726knj.jpg

何となく日光白根山みたいだが…

アマチュア無線でCQ、CQ…
中々応答がない。
粘ります。ようやく応答あり。
長野の八島湿原鷲ヶ峰の移動局、福島県石川郡の局と交信できただけだった。

20190726knk.jpg

景色は見えないし長居は無用。
鬼怒沼まで下り湿原を散策。

20190726knl.jpg

あまり花は多くない。

20190726knn.jpg

そよ吹く風が心地よく長居してしまった。

20190726knm.jpg

いやあ、気持ちいいね。

20190726kno.jpg

では、下りましょう。
物見山まで行ったん登り返し、激下りです。

20190726knp.jpg

あれは燧ヶ岳かな?
登る時にはよく見えなかった景色が見えた。
先日登った四郎岳、疲れて断念した燕巣山がばっちりです。

20190726knr.jpg

いやあ、あの山もきつかった…

20190726knq.jpg

でも登りのきつさはこっちかな?
当然下りも急です。ただひたすら下るって感じ。

20190726kns.jpg

途中、妙にエロチックに見える木があった。
登る時は気が付かなたっかなあ

20190726knt.jpg

急坂が終わると渡渉が待ってます。
その前に滝のミスとシャワーを浴びてきましょう

20190726knu.jpg

渡渉です
濡れた石は滑る。

20190726knv.jpg

林道に辿りついた時はほっとしました。

大清水まで戻り駐車場代500円を払い、道の駅かたしなへ向かう。
足湯に入ったがちょっとぬるすぎるんじゃない?って感じ。
長く足を浸けててもポカポカ感を感じない。

まだ時間も早い。
7Mhzで無線でもしようと思ったら電源コードを忘れてました。
しょうがないなあ…

さて明日は皿伏山に登ります。
ビール飲んでいい気分。お休みなさ~い。

20190726kinumap.jpg
↑ クリックで大きくなります。
行程
 大清水P5:15→7:50物見山8:05→8:47鬼怒沼山9:30→9:50鬼怒沼11:36→11:55物見山12:10→14:16大清水P
 15.9km、9時間1分

アルバムです










関連記事

コメントの投稿

Secret

渡渉が怖かった

こんにちは。
湯沢の渡渉は石が濡れてドボンするのではと、何度も躊躇して渡りました、帰りにみるとロープが有りましたが肝心の所は無かったです、でも帰りの方が少し岩が乾いて楽でした。あの尾根の登りは中々でしたね、ラジオを聞きながら登りました。最後の林道歩き腰が限界できつかったです。

No title

物見山への登りはつらかったですねえ。
温泉側から登れればいいんでしょうが、アクセスが遠いしねえ…

湿原は気持ち良かったです。
風に吹かれながら、の~んびりしました。

ラジオを聴きながらですか?
クマ対策?

四郎岳と燕巣山の格好、いいですねえ。
燕巣は登れなかったけど、四郎岳もきつかったなあと感慨深かったです。
プロフィール

..kyou

  • Author:..kyou
  • 健康第一!
ブログ内検索
最近のコメント
カウンター
カテゴリー
過去ログ
救える命がある
クリックで救える命がある。