かぜのたより

日々の出来事を徒然なるままに

Top > アマチュア無線 > 7Mhz用アンテナ調整

7Mhz用アンテナ調整

2019年7月23日

先日製作したHF用(7Mhz用)の調整です。

作成したのは「VCH式 釣り竿アンテナ」です。
ネットで情報収集し製作。
ペットボトルに裸銅線を巻き、上部エレメント(約1.4m)、下部エレメント(約3.4m)、アース(約5.2m)といった簡単な構造。
これで1/2λのアンテナとして動作するらしい。
ポールは5.4mのグラスロッド釣竿使用です。

07237ata.jpg

この場所は田んぼのある広~い場所で、メイン道路から外れてほとんど車は通りません。
人の目を気にせず、のんびり調整できるのはいいですね。

調整は、上部エレメントの長さを変えて行います。
ほんとはアンテナアナライザーがあれば楽ちんだが、持ってない…
YAESUの手動式アンテナチューナーを使用し、SWRの変化を確認します。

07237atb.jpg

グランドエレメントは、5.2mを2本地面に無造作に這わせてます。
釣り竿は、三脚に取り付けてます。
倒れないよう、車に軽くマジックテープで固定しました。

07237atc.jpg

ペットボトルに30周、銅線を巻きました。
各エレメントはクリップでコイルの両端につなぎます。

07237atd.jpg

では、調整してみましょう。
上部コイルの長さを色々変えてSWRを測定。
しかし…
スケールを持ってこなかったんで、目安にテープで印をつけるが…
何度もやってると「あれ~、どこが一番良かったんだっけ?」とこんがらがってきました。

07237ate4d.jpg

7.1MhzくらいでSWR1.2位までなったが、もう少し上の方に合わせたい。
でもなかなか根気がいります。
本当はコイルをクリップで短縮し、他のバンドも調整したかったが、暑いし気力が続きません。
まあ、今日はこんなもんでいいか…

07237atf.jpg

取りあえずバンド内をワッチしてみます。
いい感じで入感してますねえ。
まあ、受信はいいとして送信はどうだろう?

チューナーで7.08あたりのSWRを1.1位までさげ、CQ出してる局を呼んでみました。
高知と大阪の2局と交信、59-59で安定して交信できました。
もう少しやりたかったが、、雷警報が出てるし、遠くでゴロゴロと音がしてます。
ここは広い場所で隠れる場所もない。
落雷して感電したら嫌だなあと撤収した次第です。

今度は、きちっとスケールでエレメントの長さを測り、調整しなければと思いました。
他のバンドはテストしてないので不明。
できれば21も出れるようになればいいけど、ちょっと無理かな?



関連記事

コメントの投稿

Secret

プロフィール

..kyou

  • Author:..kyou
  • 健康第一!
ブログ内検索
最近のコメント
カウンター
カテゴリー
過去ログ
救える命がある
クリックで救える命がある。