かぜのたより

日々の出来事を徒然なるままに

Top > 旅行 > 新潟魚釣りの旅

新潟魚釣りの旅

2019年5月3日~5日

娘夫婦と新潟へ魚釣り旅です。
魚釣りと言っても、孫が楽しめるようにと港での岸壁や砂浜です。

sakanakun.jpg

天気は最高
高速道路は混むかもねということでのんびり一般道を走ります。
でも、さすがに水上~湯沢間は一般道はつらい。
約11kmの関越トンネルを利用します。

20190505nsa.jpg
↑ 水上IC前から望む谷川岳。まだ積雪がたっぷりありますねえ

湯沢から石内方面へ一般道を通り、上越市へ向かう。
途中で山菜採りしてたオジサン3人組。
なんとわが町の自宅もすぐ近くのお住まいだそうです。世の中狭いねえ
わが家も途中山越えの道で山菜採り。
いやあ、新潟は山菜の宝庫かもね。
タラの芽、コシアブラ、ウド、ワラビにゼンマイ、こごみをたっぷり収穫です。

20190505nsb.jpg

夜はバーベキューもできる「たにはま公園」で車中泊かなと思ってたが、家族連れなどで大混雑。
お店もなく夜は寂しそうなんで、当初予定地の「道の駅 うみてらす名立」へ向かう。
ここは温泉と夕日が楽しめる人気スポットです。

20190505nsc.jpg

働く車「パトカーや白バイ、救急車、消防車」その他が展示されていました。
パトカーや白バイに乗ってみます。

20190503by.jpg

どんな無線がついてるか気になります。また追っかけられるときのシステムも気になりますねえ。
これでスピード測定します。これで記録します。これでサイレンを…と詳しく教えてもらいました。
飛ばし過ぎて追いかけられないようにしなくっちゃと心に誓いました。

20190505nsd.jpg

海岸を散歩
海風が気持ちいいですねえ。
海なし県に住んでると、やはり海が恋しいです。
Hiroがお花の材料に使うというので流木を拾いました。波にもまれた流木は美しい!
どんな作品ができるのか楽しみです。

20190505nsem.jpg

「名立の湯 ゆらら」で汗を流す。いろんな種類の温泉があって楽しい。
展望風呂から眺める日本海も最高です。
食事は日本海の魚料理。いやあ、うまかった。
そのあとは、沈みゆく夕日を眺めます。

20190505nse.jpg

いやあ、素晴らしい!
お昼はもやっとしてたが、夕方になってくっきりした天気になり一段と美しい夕日でした。

20190505nsef.jpg

今日は車中泊です。
買ってきたおつまみなど食べながら娘婿のM君とのんびり寝酒です。
朝方少し寒かったですが、今の時期の車中泊は快適ですね。
爽やかな目覚め。
途中の海岸で魚釣りしながら、のんびりと寺泊へ向かう。

途中でバーベキューの肉や野菜を購入し、岸壁そばの公園で車中泊。
釣り客でいっぱいだった駐車場も夜が更けてまばらになる。
いやあ、酒が、そして肉がうまい!
最高だね。
明日は早起きして釣るぞ~

20190505nsei.jpg

夜が明ける前から続々と釣り客がやってくる。
まばらだった駐車場もだいぶ埋まってきました。
出遅れたかな?6時頃から岸壁で魚釣り。
釣れるのはフグばっかり(*_*;
カレイやアイナメ釣った人もいたようだが、他の人もあまり釣れてない模様。

20190505nseh.jpg

場所を変えよう。
出雲崎海遊広場で再度チャレンジ。
我が輩は相変わらずフグしか釣れません。でも釣れると嬉しいね。
プクっとお腹を膨らませた姿は愛嬌がありますねえ。
釣れてくれてありがとう。もう釣られるなよと海に戻す。

20190505nsek.jpg

孫のT君は、投げ釣りの練習です。
まずは針をつけずひたすら投げる。
だいぶ上手になったんでパパに針をつけてもらい挑戦です。
残念ながら釣果なしだったが、うまく投げれるようになって喜んでました。

20190505nsel.jpg

Hiroが「釣れたよ~」と叫ぶ。
今回いちばんの大物ゲットです。アイナメかな?

20190505nsej.jpg

いやあ、楽しかったね。
釣果は今いちだったけど、素人のレジャーではこんなもんでしょう(^^♪
アイナメ君を海に戻し、今回の、「新潟魚釣りの旅」は終了です。

T君が今度はどこ行くの?と聞いてくれました。
さてどこにしようか?また遊んでねとお願いし解散しました。
帰路ものんびり一般道経由。
魚沼あたりから眺めた八海山方面の山並み、いいですねえ。
今年の連休は山歩きできなかったけど、楽しいひと時でした。

帰宅後、初日に採った山菜のてんぷらをおつまみにHiroと乾杯!
いやあ、ほんと楽しかったね、お疲れさん。

関連記事

コメントの投稿

Secret

プロフィール

..kyou

  • Author:..kyou
  • 健康第一!
ブログ内検索
最近のコメント
カウンター
カテゴリー
過去ログ
救える命がある
クリックで救える命がある。