かぜのたより

日々の出来事を徒然なるままに

Top > 山歩き > 山頂は展望なし 荒神山

山頂は展望なし 荒神山

2019年1月9日
荒神山

群馬百名山の栗生山へ向かう。
せっかくなら今日は近くの山を含めて3山制覇しよう!
目標はいずれも桐生方面の栗生山、荒神山、茶臼山です。

今日風が強いねえ、でも青空です。
ただ、家を出るとき眺めた赤城山は雪雲でしょうか?全く見えていない…

20190109koujinmap.jpg
 ↑ クリックで大きくなります

まずは栗生山と渡良瀬渓谷水沼駅方面へ向かう。
しかし、赤城方面は全く見えない。
標高900mを超える栗生山は登っても景色見えないだろうなあと順番変更。

まずは荒神山へ登ろう。
水沼駅横の赤い橋を渡り登山口へ林道を走る。

20190109kja.jpg

登山口の駐車場へ到着。
風花が舞ってます。寒い!風が強い!
しばし車で待機。
でも止む気配はないので意を決して歩きます。
幸い樹林帯に入れば風はそうでもない。

20190109kjba.jpg

登山道らしくないコンクリート道の林道をひたすら緩やかに登る。
ひたすらと言っても距離はわずか

20190109kjb.jpg

すぐに展望台に到着。
な~んにも見えません。

20190109kjc.jpg

やっぱりね。
でも頭上には青空、時間がたてば期待できるかも。
また少し林道を歩きます。

20190109kjd.jpg

イノシシが掘った穴かなあ…
いたるところにそんな痕跡が見えます。

20190109kje.jpg

手作り広場に到着。
ここまで林道です(*_*;
傾いた石祠がありました。

20190109kjf.jpg

ここから山頂までがようやく登山道らしい雰囲気。
でもそれもほんの数分。

20190109kjg.jpg

荒神山山頂に到着。
群馬百名山ですよ~
今の季節は木々の葉が落ちてるんでどうにかわずかの景色を見ることができる。
でもなぜこの山が群馬百名山?
まあ、いろいろ選定基準があるんでしょうね。

以下の紹介を他の方のブログで見ました。

あるとき子供が高熱を発してなかなか治らない。
祈祷師に相談すると「祭られている神様が逆さになっている。
直せばこの人の高熱はおさまる」と言われた。
早速、荒神山に登ってみると、本当に逆さまになっていました。
すぐに元通りに直しお参りを行いました。
すると、たちまち高熱がおさまりました。

20190109kjk.jpg

なるほど~
そんないわれがあるのかあ
そういえば手作り広場にあった祠はだいぶ傾いてたけど、倒れてはいなかった。

山頂でアマチュア無線で数局と交信。
手がかじかみ体が冷え込んできたので早々に切り上げる。
木々の間からは少し山が見えるようになった。

20190109kjh.jpg

展望台へ急ぐ。
赤城は依然雪雲がかぶっているが、栗生山や袈裟丸方面は見えました。

20190109kji.jpg

展望なければ栗生山は中止と思ったが、今から天気は回復傾向。
よし、栗生山行くぞ~と下山は走って下りました。

20190109kjj.jpg

荒神山、今回歩いたコースはほとんど山歩きの感動はなかった。
ほとんど林道歩きで単調です。
せめてもの救いは、林道に落ち葉がたくさん落ちていて、木枯らしの山って雰囲気は味わえたことです。
山歩きしたぞ~という満足感を得るには、水沼駅から歩いて登ればいいかもね。
遊歩道もあるようです。
次回は水沼温泉駅から歩いて登頂。
素晴らしい景色眺めて下山後は駅の温泉でのんびりしたいなと思いました。

行程 3km、1時間32分
    駐車場9:09→展望台→9:58荒神山10:19→展望台→10:41駐車場


関連記事

コメントの投稿

Secret

プロフィール

..kyou

  • Author:..kyou
  • 健康第一!
ブログ内検索
最近のコメント
カウンター
カテゴリー
過去ログ
救える命がある
クリックで救える命がある。