かぜのたより

日々の出来事を徒然なるままに

Top > 山歩き > 岩船山~大平山

岩船山~大平山

2018年12月30日

岩船山から大平山へ

今年締めの山歩きです。
谷川岳へ行きたいなあと思ったが寒波襲来で積雪が多そう…
そして風も強く危ないかもってことで、のんびり低山歩きで締めくくることにした。

20181230pphira.jpg
  ↑ クリックで大きくなります

栃木の岩船山からいったん下って大平山まで歩きます。

20181230oha.jpg

今日は、のんびり歩くことと、各山頂からアマチュア無線で交信することが目標です。

20181230ohb.jpg

岩船山はいきなり600段以上の階段上りです。
疲れたら途中で休憩。

20181230ohc.jpg

富士山が見えた。
岩船山に到着

20181230ohe.jpg

三重塔がありました

20181230ohd.jpg

岩船山の奥ノ院から望む景色。
切り立った岩がすごい。大平山への山並みが見えます。

20181230ohf.jpg

でも、手前の太陽光パネルが目障りですねえ。

20181230ohg.jpg

岩船山の由来は、その恰好が船に似ているからだそうです。

20181230ohh.jpg

いったん下って馬不入山へ。
低山とはいえ中々しんどいです。
山頂ではトレランの人数名+一般登山者がいました。

20181230ohi.jpg

富士山や浅間山の景色が見える。
ここでアマチュア無線で3局と交信。
あちこちの山頂で運用するとき時々応答してくれる**VVH局とも交信できた。

20181230ohj.jpg

ここから先はアップダウンはあるものの気持ち良い尾根歩きです。
次のピークはこの山並みの最高峰、晃石山です。

20181230ohk.jpg

その手前に、桜峠からきつい階段を上る青入山があるが、ここでの無線交信はパス。

20181230ohl.jpg

晃石山に到着。南方面が開けてて富士山がばっちりです。
その富士山を眺めながら無線で交信。

20181230ohm.jpg

ここはSOTA(Summits On The Air Japan)対象の山らしく12局も応答して頂きました。
**VVH局とも再度交信。来年もよろしくねえとご挨拶。

ここで嬉しいことが一つ。
なんと以前の仕事仲間から応答があった。
半年ほど前に免許を取り、正月休みで奥様の実家に里帰り、ちょっと山に登ってきたっとのこと。
**です。わかりますかあ?との応答。
ん?聞き覚えのある訛りですねえ。もしかして**さん?
あたりでした。10年以上会ってませんが、懐かしいですねえ。
彼はまだ現役で今は京都の事業所に勤務中とのこと。
こんなこともあるんだあと、奇跡的な出会いに感動です。

20181230ohn.jpg

さて次は大平山へと向かいます。
晃石神社に下って一休み。
ご夫婦らしき人と、今日は富士山も見えていい天気ですねえ。風は強いけどなどと雑談。
二人とお別れし、大平山へトレランもどきで走ります。

20181230oho.jpg

途中筑波山や、スカイツリーなど東京都心のビル群も見えました

20181230ohp.jpg

いやあ、快適!

20181230ohq.jpg

やっぱトレランは気持ちいいね

20181230ohr.jpg

最後に急な登りで大平山到着。
さて、無線をとザックのサイドに入れていた無線機を取り出そうとしたら…
なんとアンテナがない!

20181230ohs.jpg

え~、ねじ込み式なのになんでないの~とショックから立ち直れない。
ザックをひっくり返し念入りに探してみるが見当たらない。
サイドに入れたのは間違いないんで、何かのはずみで落としたのは間違いなさそう。

20181230oht.jpg

どこで落としたか全く見当がつかないので、探しに戻っても無駄足かなと諦める。
幸い、無線は予備の無線機で2局と交信でき、各山頂で交信するという目標は達成した。
交信中、知らない電話番号から何度か着信があった。
交信中なんで出なかったが、何度もなるんで気になり、下山前に電話してみた。

「アンテナ落としませんでした?」とのこと。
いやあ、拾ってくれた方が電話してくれてたんですねえ。
先日妙義でカメラを落とし、なかなか見つからなかった。
その反省で、CASIOの一番安いネームランを購入。
落としそうなものに電話番号と名前を張り付けておいたんです。
これでネームランドのもとはとりましたねえ。

いやあ、ありがとうございます!
晃石山と大平山の中間あたりの登山道に落ちていたとのこと。
聞くと、晃石神社で山談議したご夫婦でした。

本日二つ目の嬉しいことでした。
落ち込んでいた気分が一瞬で晴れ間に!

20181230ohu.jpg

謙信平で落合い感謝のお礼を述べて受け取りました。
いやあ、良かった!

20181230ohw.jpg


では、岩船山登山口まで戻りましょう。

20181230ohy.jpg

大中寺までは山道だがあとは舗装路をジョギング&ウオークで戻りました。
アンテナのバタバタでお昼を食べてなかったので、道路端で縦走してきた山々を眺めながら遅めのお昼です。

20181230ohv.jpg

途中、寄居から記念局の変調が聞こえてたので交信する。

20181230ohx.jpg

アンテナが外れて落ちるか?帰宅後実験してみました。
アンテナはRH770、短縮した時の長さは24cm、重さは約85g。
付属のアンテナは、長さ17cm、約27gです。
ザックに入れた状態では、アンテナのほとんどがポケットからはみ出した状況です。

amant.jpg

RH770アンテナのねじ込みを最後まできっちり締めれば落ちることはなさそうな気がします。
で、最後の締め込みを少し緩めにして取り付け無線機を振ってみました。
これは、たぶんトレラン中にザックが揺れ無線機も同時に揺れただろうと想定しての状態です。
アンテナはちょっと頭でっかちです。
いろんな状態で振ってると、なんとねじがドンドン緩んできました。
この状態を続けたら多分ポロっと外れるだろうと想定できました。
落ちるまで実験をしなかったのが、ねじ山を壊したらという懸念があったからです。

こんなことってあるんですねえ。
自分ではきちっと締めたつもりです。交信中は手持ちだったし、グラついてるという感じは受けなかった。
もしかしたらきっちり締めた状態でも、アンテナの重みなどで振動が加わると緩むのかもしれませんね。
でもこの実験はやりません。
無理して無線機壊したら元も子もないしね。

今後の対策としては、このアンテナはつけたままにしないで、移動時は付属のホイップにしておきたいと思います。
それと他にも落としそうな物があったら、万一の為にネームランドでぺったんをしなければと思いました。

今年一年無事に山歩きを楽しむことができました。
来年も新しい魅力を見つけて山を楽しめればと思います。

皆さん良いお年をお迎えください。

アルバムです ↓


行程 7時間  約17.9km
登山口 8:31→8:53岩船山9:10→10:03馬不入山10:45→桜峠10:57→11:16晃石山12:21→12:50大平山13:00→13:27謙信平13:50→大中寺14:10→15:31登山口


関連記事

コメントの投稿

Secret

プロフィール

..kyou

  • Author:..kyou
  • 健康第一!
ブログ内検索
最近のコメント
カウンター
カテゴリー
過去ログ
救える命がある
クリックで救える命がある。