かぜのたより

日々の出来事を徒然なるままに

Top > 山歩き > 下山はハード…根本山

下山はハード…根本山

2018年11月11日
三境山から根本山

前日の赤城鍋割山を歩いた後は、みんなで宴会。
そしてTさん宅へお泊りでした。
明日どのコースにする?とNさんと相談。
山談議で盛り上がり、かなりいい調子で飲み過ぎた…
朝、ちゃんと起きれたら三境山から周回にしようと決定。

20181111sna.jpg

朝、無事に起きれました。
Tさん宅で朝ご飯をいただいて登山口へ移動。

20181111nmmap.jpg
↑クリックで大きくなります

8台くらい停まってたかな?
周回なので不死熊登山口に一台デポし、三境トンネルへ向かう。
こちらには一台の車もない。

20181111snb.jpg

今日は紅葉がきれいだろうからとミラーレス1眼を持っていく予定だったが…
なんと電池残量がありません。予備も持ってきてない…
いやあ、まいったね。今日はコンデジで我慢しましょう。

20181111snd.jpg

荒れた登山道を過ぎジグザグ道を登るとわずかで尾根に出る。
前方にとんがった形の三境山が見えた。

登山口から50分弱で三境さん到着
木々に遮られ展望はない。

20181111snc.jpg

浅間の鼻曲山からCQを出してる局がいたので応答。
今日はNさんと一緒なので無線はほどほどにします。

20181111sne.jpg

一休みした後、根本山をめざす。
根本山との標高差はそれほどないが、いくつものアップダウンを越えていかなければならない。
昨夜飲み過ぎたアルコールがどんどんと体から抜けていきます。
いやあ、心地よい風と心地よい汗。
落ち葉を踏みしめ気持ちいいね。

20181111snf.jpg

時々、うわあ綺麗!と感動するような紅葉が出現。
ついつい撮影タイムが長くなります。
ミラーレス一眼だったらなあと、電池持ってこなかったのが悔やまれます。

20181111sng.jpg

ピークには、一応案内板があるが、文字はかすれてほとんど見えない。
あれっこっちでいいのかなって思う個所が何か所かありました。
歩く人も少ないこのコース、踏み後のないところもあります。
地形図をしっかり確認すれば問題ないが、うっかりしてると変なところへ行ってしまいそう。

20181111snh.jpg

間違いやすそうなところではきっちりYAMAPで確認。
いやあ、便利な時代になりましたね。
一応1/25,000地図も持ってきたが、YAMAP地図で問題なしでした。

20181111sni.jpg

半分くらい来たかな?一休みしましょう。
根本山まで予定では2時間くらいかなあと思ってたが、意外と遠い。
3時間くらいかかりそうです。
では一休み。
今日は慎重派のNさん同行ですから、時間もコースもお任せで安心して歩けます。

20181111snj.jpg

美ヶ原の茶臼山からCQが出ていた。
聞き覚えのあるコールサインだなあ。
先日上州武尊山に登った時、剣ヶ峰から応答してくれて下山時アイボールした局長さんでした。
いやあ、あの時は…とご挨拶。

20181111snk.jpg

さて、あと半分だ、頑張りましょう。
かなり下った後はかなりのぼる。
そろそろ疲れが出てきました。
三角山を過ぎいったん下って根本山の稜線に登り返し。
ここはきつかった…

20181111snl.jpg

尾根に出ると平坦な道をわずか歩いて山頂到着です。
三境山から3時間かかりました。意外とかかったねえ…
3人ほどが休んでいた。

20181111snm.jpg

お昼にした後、Nさんに少し時間をもらい、急いでアマチュア無線で交信します。
まずは千葉の山とコミュの局を数回呼んでみるが応答なし。
今日はダメ見たいです。
その後CQを出し7局と交信。

20181111snn.jpg

時々山からのCQに応答してくれる局長さんも数人いました。
いつもありがとうございます。
下りは本日一番の難所があり、時間も押してるのであまりのんびりできません。

20181111sno.jpg

下りは沢コース。
何度も歩いたコースだがいつも登り、下るのは初めてです。

20181111snr.jpg

根本山神社奥社から先、垂直じゃない?と思えるほどの長い鎖場が続きます。
数えると9か所ありました。

20181111snq.jpg

いやあ、危険個所が終わった~
朽ちかけた奥の院までくれば一安心。
ここの彫り物はじっくり眺めるととても繊細に彫られており一見の価値あります。

20181111snp.jpg

すぐ下の鐘突堂で釣り鐘をゴーン~
山間に響き渡る金の音、いいですねえ。

Nさんが、こっちに最近開かれた登山道があるけどどうする?って言います。
新しい道?…いいですねえ、では行ってみましょう。
真新しいロープが張られているが、太い鎖もあります。
鎖はかなり年季が入った古いものです。大丈夫だろうけどあまり頼らないようにしましょう。

20181111sns.jpg

かなり急です。ロープにコブが作ってないので、かなりつかみにくい。
ズルっといったらかなり下まで落ちそうな雰囲気。
少し下ると岩場の下りとなる。
苔のついた濡れた岩場は慎重に下ります。
ロープがないととても下れない岩場。しっかりロープにつかまり下ります。

20181111snu.jpg

いやあ、こっちこなきゃよかったかなとちょっと不安になる。
でも、こんな感じのコースは大好きです。

20181111snza.jpg
↑Nさん提供

一か所、ここには絶対ロープ欲しいなあというような場所にロープがありません。
数mですが、落ちたらやばそう…岩も濡れてて滑りやすい。
本日最大限の注意を払い慎重に降りる。

20181111snt.jpg

無事通過し正規のコース(女坂)と合流。いやあ、終わった。
ここが本日の一番の難所でした。

20181111snv.jpg

このコース、参詣路 表坂(男道)ルートとして江戸時代より賑わっていたとの案内があった。
:岩登りの知識や経験が必要なコースです。安易に入らない方が身のためかも…
行くときはロープ持参した方がいいかもね。

20181111snw.jpg

かなり時間が押してきました。
まだまだ登山口まではだいぶあります。

20181111snx.jpg

沢を右に左にと繰り返します。
山肌につけられた登山道は落ち葉で埋まってます。

20181111snzb.jpg

狭い登山道、下手すれば沢にど~んと落ちていくような急斜面。

20181111sny.jpg

不死熊橋に着く頃はうっすらと暗くなりかけました。
ライトをつけるには至らなかったが、もう少し早い行動が必要だったかもね。

20181111snz.jpg

男坂で手こずったこと、三境山~根本山の時間見込みが甘かったことが時間が押した要因です。
それと、10時出発とスタートが遅すぎたかもね。

アルバムです



行程  6時間58分、10.1km
三境トンネル西側9:50→10:43三境山10:45→13:49根本山14:27→15:06根本山神社→16:50石鴨登山口

関連記事

コメントの投稿

Secret

No title

添付の地形図を眺めながら、「あぁ、この辺りは山歩きを始めた頃に行っていたなぁ」って20年くらい前のことを思い出しながら感慨にふけっています(^^;

野峰とか熊鷹山とかの山名が懐かしいです。

下山はなかなかハードな感じですね。
「ちょこっとならお邪魔虫が出来るかな?」ってアルコールの入る前は思っていたのですが、同行願わなくて良かった(^^;

お疲れ様でした。


No title

トラベエさん、こんにちわ

まだまだ感慨にふける齢ではないですよ~
また諸々落ち着いて機会があったらあちこち行きましょう。
男坂の下山コース、昔は栄えていたようですが…
よくこんな岩場登ってお参りに行ったなあと感心しました。
中々面白かったですよ。

今回はスタートがちょっと遅かったことと、
三境山から根本山が意外と時間かかり薄暗くなってしまいました。

No title

kyoさん、こんにちは。
アルバム良く写ってますね。
根本山周辺は、久しぶりでしたが、今回は紅葉が素晴らしかったです。
下山の男坂も面白かったです。
またどこか行きましょう。
昨日午後、最短コースで足利の大岩山に行きましたが、山頂でハム
やっている3名グループの方がおりました。
3mくらいの長いアンテナたてていましたよ。

No title

野峰さん、こんにちわ
久しぶりにご一緒して頂き楽しい山歩きでした。
三境山は久しぶりでしたが、あの紅葉の場所凄かったですねえ。
尾根歩きも気持ち良かったです。

大岩山、以前織姫神社から歩いた記憶があります。
とんがった格好いい山でしたね。

忘年山行したいですね。
楽ちんで展望の良いところ、電波の飛びそうなところがあるといいですが(^^♪
プロフィール

..kyou

  • Author:..kyou
  • 健康第一!
ブログ内検索
最近のコメント
カウンター
カテゴリー
過去ログ
救える命がある
クリックで救える命がある。