かぜのたより

日々の出来事を徒然なるままに

Top > アマチュア無線 > AH-4導入 完結編

AH-4導入 完結編

AH-4を使用した釣り竿アンテナ完成です。

画像真ん中の黒いポールが今回設置したグラスファイバー製のポール。
ポール長さ約10m

20181109a.jpg

エレメントの長さは12.7mとしたので、足りない分はポールに巻き付ける。
では、チューニングしてみましょう。
あれっ?全く反応しません。
おかしいなあ…
調べるとコントロールケーブル4芯のカプラーがおかしい。
うまく接続していなかった。接続しなおしたがいまいちうまくいかないのでコネクターを変更。
ついでにケーブルをシールド線に変更した。

ではあらためてSWR測定…
3.5、7、14、、21、28、50Mhzとやってみると、なんとばっちりじゃあないですかあ。
すべてのバンドでSWR1~1.1にマッチングがとれました。
こんな簡単にマッチングできていいのかなあ?

20181109b.jpg

各バンド受信してみます。14~50はコンディションが悪いのか聞こえませんが…
3.5や7は、よく聞こえます。今までの5バンドGPと聞き比べ。
受信は釣り竿Antの方がいい感じで聞こえる気がします。

20181109c.jpg

翌日、釣り竿アンテナで送信テスト。
7MhzでCQを出してる局に応答してみます。
ちょっとパイル状態だったんですが、すんなりとってもらえた。
59-59のレポート交換。出だし好調ですねえ。
では、3.5Mhzでも…
アマチュア無線やってて初の3.5Mhz、緊張しました。
こちらも59-59!やったね。
相手の局長さんのアンテナやコンデションに助けられているんだろうが、大満足です。
明日も頑張ってみようと就寝。

夜中に「ドスンっ」と音がした。何?ベランダの方からの音です。
もしかしてとアンテナを眺めると、アンテナが3mほどに短くなってます。

やっぱりね。
不安は感じてたが、「落ち込み」です。風や自重で竿接続部の勘合が甘くなり下がって短くなってました。
こんな現象が起きるというのは聞いてたんで、一応テープを接続部に巻いてたんですが不十分だったようです。
思案の末、写真のようなホース固定用金具を接続部に取り付け。
テープはエレメントを固定するだけにしました。
金具の内側には締め付けた時、竿が傷つかないようにゴムシートを巻いてます。

20181109d.jpg

その後半月ほどたったが、今のところ落ち込みはありません。
完成の様子は写真の通りです。
ベランダはアンテナが林立。
一番左は2m&430の2段GP、その右が今回設置した釣り竿アンテナ。
一番右が以前から設置してる5バンドGP(14Mhzは外してます)
釣り竿の根本付近から斜めにある釣り竿は、長さ3.5mの釣り竿です。
電線が余ったんで7.2mのエレメント用として仮設置。
釣り竿に沿わせた後ベランダ上屋に転がし、右端のところにで垂れ下がってます。

こんなんで大丈夫かなあ…
12.7mのエレメントを7.5mの方に繋ぎ変えて7Mhzで運用してみました。
7、21はばっちりマッチングがとれ12.7mと変わらない感じで交信できました。
いやあ、驚くべき性能です。
ほかの周波数はまだ確認してません。まあ、これは仮のアンテナとして考えてます。
いずれ移動運用などに使ってみたいですね。

12.7mに戻し100w送信してみたが、家のテレビや電話その他ではTVIも問題なし。
7軒隣の懇意にしてるお宅に、お願いしておきました。
アマチュア無線やってます。
電波障害などあったら教えてねと伝えてますが、今のところ何も障害はない感じ。

これで3.5~50Mhzまで運用可能です。
風が強い時は、竿がかなりしなりますが、ロープで3か所からとったステーが効果があるようです。
隣の家側に倒れることはないでしょう。
台風並みの強い風の時は固定金具を緩めれば簡単に短くすることができる。
これは精神衛生上非常にいいですね。
しばらく5段GPと並行して運用し電波の飛びなど確認してみたいと思います。




関連記事

コメントの投稿

Secret

プロフィール

..kyou

  • Author:..kyou
  • 健康第一!
ブログ内検索
最近のコメント
カウンター
カテゴリー
過去ログ
救える命がある
クリックで救える命がある。