かぜのたより

日々の出来事を徒然なるままに

Top > 山歩き > 中ゴー尾根経由で谷川岳へ

中ゴー尾根経由で谷川岳へ

2018年10月25日

中ゴー尾根から谷川岳へ

今年は谷川岳の紅葉を見ていない。
もう遅いかなと思ったが、天気予報は快晴!
まだ歩いたことのない中ゴー尾根経由で登ることにした。

20181025nkaa.jpg

ここは以前Nさんが歩いたようと言ってたのを聞いていつの日かと思っていたコースです。
でも、きつそうなコースで尻込みし中々チャンスがやってこなかった。
そんな時、夢創歩さんが先日歩いたレポを読み、登るなら今しかない!と心に火が付いた

20181025tanimap.jpg
↑クリックで大きくなります

谷川温泉が登山口となる。
登山口には駐車場はないが道路端の隙間を見つけて駐車しスタート。

20181025nkb.jpg

最初は気持ち良い樹林帯、沢を眼下に眺めながら緩やかに登る。
すぐに今にもパキっと板が割れそうな朽ちた橋を渡る。

20181025nkc.jpg

骨組みはパイプなので慎重に渡れば問題なし。
沢が近くなると牛首に到着

20181025nkd.jpg

これから先はずっと左岸を歩く。
時々あれっこっちかなと分かりにくいところもあるが、基本的に左岸沿いに歩けば問題なし。

20181025nkf.jpg

ピンクのテープも多く迷うことはない。

二俣に到着。
登りは中ゴー尾根経由です。

20181025nke.jpg

快晴予報だったのに俎嵓方面は厚い雲がかかっている。
時折青空が広がり、紅葉がきれいです。
雲の動きが激しいので山頂到着頃にはスカッと晴れ渡ることでしょう。

20181025nkg.jpg

中ゴー尾根はひたすら登り。
急登です。
主脈稜線まで標高差約1,000mを一気に登ります。

20181025nkh.jpg

さあ、気合い入れて登りましょう!
時々這いつくばるような感じで登ります。

20181025nki.jpg

途中展望の良い、ちょっと平たい場所に出た。
いやあ、素晴らしい紅葉です。

20181025nkj.jpg

雲が激しく動き、時折日差しが出てくると一段と紅葉が映える。
いつまでも眺めていたい。
でもまだ先は長い。頑張ろう!

20181025nkk.jpg

森林限界を超えると俎嵓方面の展望が素晴らしい。
でも、雲が多く中々全容を見せてくれない。
もうちょっとだあと雲が切れるのを期待するがすぐに姿を消してしまう。

20181025nkl.jpg

主脈稜線が見えた。
青空も出てきた。

20181025nka.jpg

良しもう少しだと元気を出して頑張る。
しかし…

20181025nkm.jpg

先ほどあった青空はどこいったの~
おまけに新潟側から吹き付ける風が冷たい…

20181025nkn.jpg

ここから肩の小屋までもまだ登りが続きます。
時折見える登ってきた尾根を眺める。いやあ、きつかったね。
肩の小屋に到着
ここまで誰にも出会わなかったが、小屋前には10名ほどの人。
展望もないのでここで一休み。おにぎりを食べます。

20181025nko.jpg

のんびりしてたら突然青空が広がり、万太郎方面が見えた。
やった~とカメラを構えるが、すぐに雲の世界となった。

何も見えないかもしれないがとりあえず山頂(トマの耳)には登りましょう。
わずかで到着

20181025nkp.jpg

思った通り何も見えません。
でも、待てば先ほどのような青空が!と期待して待ちます。
風もそこそこあり寒い!
待つ間に少し無線をしておこうとCQ、CQ
しかし休日と違って応答してくれる局は少ない。
寒いし、2局ほど交信して終了。

20181025nkr.jpg


今日はオキの耳は行きません。
せめて姿だけでも…
時折雲が切れオキの耳方面が少し見えた。いやあ、よかった。

20181025nkq.jpg

谷川岳はいつも気象変化が激しい山だ。
ま、しょうがないね。劇的な景色の変化もまた楽しいもんだ。

20181025nks.jpg

このまましばらく待機すれば青空が表れるだろうが、帰路も長い。
後ろ髪惹かれる思いで下山開始。

20181025nkt.jpg

爼嵓方面を見ると、登て来た中ゴー尾根が見える。
いいねえ、あそこを登ったんだあ~

20181025nku.jpg

下りは肩の広場から天神尾根で熊穴沢避難小屋まで下ります。

20181025nkw.jpg

この頃はすっかり青空となるが山頂方面はまだ時折雲がかかる。
天神尾根はやはり登山者が多いですねえ。
このコースは谷川銀座といったところかな?
団体さんが登ってくるとすれ違いには苦労します。

20181025nkv.jpg

小屋からはいわお新道です。
歩く人は少ない、いわお新道。
コースを入った小屋近くは用足した後のペ-パーがあちこちに…
人気のないコースの宿命かもね(*_*;
真新しいのはないが、踏まないように用心して下ります。
ロープの先で男性がコースの真ん中で小用中。

20181025nkx.jpg

終わるまで待機…
自分が今から歩くコースでこんな光景見るとちょっとねえって思いました。
もう少し見えないところの端っこで用足してくれればいいのにね。

さて気を取り直して下りましょう。
こちらも中々の急坂です。
落ち葉でずるずる滑ります。
落ち葉の下には石ころが隠れてたりするので、捻挫しないよう用心して下ります。

20181025nky.jpg

こちらも紅葉がきれい!
右手には、登ってきた尾根が木々の間から見える。

20181025nkz.jpg

いやあ、あんなに急だったんだ。
頑張った自分をほめてあげよう。
今まで歩いたことのないコースを踏破した気分は最高。

20181025nkza.jpg

急坂が終わり二俣に到着
そこからはのんびり登山口へ。

20181025nkzb.jpg

振り返れば、俎嵓方面の頂はすっかり青空となっていた。
下山時も、小屋から先は誰にも出会わなかった。

アルバムです ↓



行程  8時間39分、約14km
     谷川温泉6:19→二俣7:35→中ゴー尾根→11:17谷川岳12:03→避難小屋12:50→13:49二俣14:01→14:57谷川温泉









関連記事

コメントの投稿

Secret

おおー早速行きましたね

こんばんは。
あれ25日(木)に早速行きましたね、行動早!,ソロは相談なしで行けるので良いですね、谷川の天気は北海道の天気と似てると以前谷川の指導センターで教わりました、北海道の何処かは聞き忘れましたが。山頂の晴れは運がよく無いと難しいですね。しかしkyouさんの速いのに驚きです、さすがです同じような時間にスタートなのに3時間も違ってます。かなりの急坂だったでしょう、展望の岩に張り付いた紅葉がすごいですね。天神尾根の賑わいはすごすぎですよね、お疲れ様でした。

No title

夢創歩さん、こんばんわ
ソロは思い立ったらすぐ行けるところはよいですね。
私の山行スタイルに合ってるようです。
ソロの時はついつい歩きが早くなってしまいます。
まあ、休みと余計疲れそうでゆっくりでも最初の2時間は歩き続けることを意識してます。
でも調子の出ない時は写真撮影タイムを増やします(*_*;
中ゴー尾根、中々強烈でした。
登りも山の景色も、紅葉も。
プロフィール

..kyou

  • Author:..kyou
  • 健康第一!
ブログ内検索
最近のコメント
カウンター
カテゴリー
過去ログ
救える命がある
クリックで救える命がある。