かぜのたより

日々の出来事を徒然なるままに

Top > 山歩き > 涸沢の紅葉 (前編)

涸沢の紅葉 (前編)

北アルプス 奥穂高岳
2018年10月2日~3日

久しぶりの北アルプスでした。
ぜひ涸沢の紅葉を見に連れてって~ということで、自転車仲間数人で行く予定だった。
しかし、天気も良くなさそうだし、参加者の都合も悪くなり中止となった。
そんなことで今年はもう無理かなと思っていたが、台風一過の晴れ予報。
行くなら今日しかないと、前日急に行くぞ~を決定。
しかしそんな急に自転車メンバーは行けるはずもなく、単独で行くことにした。

20181002hdx.jpg

初心者同行では涸沢の紅葉見物がメインで奥穂の登頂は予定していなかった。
しかし、単独となればばっちり歩きたい。
コースは岳沢経由で奥穂高岳、そして涸沢で紅葉見物した後パノラマコースで下山とした。

karamap.jpg
↑ クリックで大きくなります

前日沢渡へ向かい車中泊。
ちょっとだけ有料道路利用したので割と早く着き5時間ほど寝ることができた。
上高地へ向かうバス、始発は5時40分。往復乗車券を購入し列に並ぶ。
途中のバス停では満員通過。臨時バスが出るらしい。

20181002hdka.jpg

上高地バス停到着。
登山者でにぎわっている。
今回登山届はネットで提出したので河童橋へ向かう。

20181002hdkb.jpg

河童橋から向かう山頂方面は雲がかかっている。
今日の天気予報は快晴なので大丈夫でしょう。

20181002hdkc.jpg

重太郎新道はかなり昔登ったことはあるが、きつかったなあという位の記憶しかない。

20181002hdkd.jpg

樹林帯で見通しのきかない登山道を約2時間で岳沢小屋に到着。
ひと休み後、いよいよ重太郎新道に挑戦です。

20181002hdke.jpg

きついです。
しかし素晴らしい景色や紅葉がそのきつさを吹っ飛ばしてくれる。

20181002hdkf.jpg

紀美子平が近づくにつれ斜度もきつくなるが、西穂高方面の景色もよくなる。
岩場をどっこいしょと登ると突然紀美子平に到着。

20181002hdkg.jpg

眼前に眺める西穂高方面の景色は絶品だ。
ここにザックをデポし前穂高へ。
約30分で前穂高岳に到着。

20181002hdkh.jpg

前穂高岳では少し風があり寒い。
いやあ、素晴らしい!絶景です。
槍ヶ岳は時々出てくる程度。まあ、そのうち顔を見せてくれるでしょう。

20181002hdki.jpg

前穂高岳でアマチュア無線で交信する予定だったが、寒いので中止。
紀美子平に戻り、吊り尾根を奥穂高岳へ向かう。

20181002hdkj.jpg

アップダウンしながら徐々に高度を上げる。
かなり昔何度か歩いたことはあるが、こんなにきつかったかなあ…
途中、息が切れひとやすみ。

20181002hdkk.jpg

途中眼下に涸沢を眺めることができる。
まだ時間が早いからだろうかテントは少なめのようです。

20181002hdkl.jpg

そばにいた女性に 「あれが山頂ですかねえ?」と聞いたら…
あれは南峰かな、まだ先ですよ~」だって。

20181002hdkm.jpg

女性陣と相前後しながら頑張る。
頂上が見えほどなく奥穂高岳頂上到着。

20181002hdkn.jpg

こちらも絶景!
昨夜降ったんでしょうか?
昨日の山頂の天気予報では数時間雪マークがついていたんで心配してたんですが…
少し雪がついてます。でも登山道は問題なし。
ジャンダルムの岩肌にも雪がついている。

20181002hdko.jpg

山頂から少し離れてアマチュア無線で交信。
SOTAポイント獲得条件の4局で交信終了。

20181002hdkp.jpg

山荘へ向かいます。
槍ヶ岳は見えたり隠れたり。
山荘手前の急な下りは日陰には雪が残ってたりで緊張します。

20181002hdkq.jpg

無事に山荘へ下りチェックイン。
夕ご飯までに持参したウイスキーでいい気分。
いやあ、久しぶりの小屋泊だけどのんびりできていいね。

20181002hdkr.jpg

泊りはゆったり布団一枚、混んでたらいやだなあと思ったが…
どうも多くの登山者は紅葉目当てで涸沢に泊まる人が多いようです。

20181002hdks.jpg

北アルプスの山小屋はほんと久しぶりですが夕食は中々いいですねえ。
夕焼けを眺めて就寝。

20181002hdkt.jpg

途中で星空見ようかなと思ったけど…
起きれませんでした…

アルバム(前編)です ↓



後編はいよいよ涸沢の紅葉です。





関連記事

コメントの投稿

Secret

プロフィール

..kyou

  • Author:..kyou
  • 健康第一!
ブログ内検索
最近のコメント
カウンター
カテゴリー
過去ログ
救える命がある
クリックで救える命がある。