かぜのたより

日々の出来事を徒然なるままに

Top > 山歩き > 鳳凰三山

鳳凰三山

2018年9月28日
鳳凰三山

いやあ、久しぶりに晴れた山に登った。
月末には台風が来るらしい…
その前の貴重な晴れ予報と聞いて前日急に思い立った。

20180928hoa.jpg

この山は、ちょうど20年前の夏、Nさんとテント背負って登った山だ。
御座石温泉から登り鳳凰小屋でテント泊、翌日三山経由して中道を下り青木鉱泉と歩いている。

20180928hmap.jpg

↑ クリックで大きくなります

今回のコースは、青木鉱泉から中道経由で鳳凰三山を回り、ドンドコ沢で下山。
登りは景色のない中をただひたすら登ります。急です!

20180928hob.jpg

薬師岳迄あと少しというところで展望が開けた。

薬師岳からは素晴らしい展望!感動です!ここでアマチュア無線で2局と交信。

20180928hod.jpg

さて最高峰の観音岳を目指します。

20180928hoe.jpg

今回、中道からのコースにしたのは、この稜線を太陽を背にして歩きたかったからです。
写真撮るにはやはり順光の方がいいなあって感じです。

20180928hof.jpg

観音岳まではいったん下ってまた登り。
かなり足が疲れてきて時々休憩。
観音岳に到着したら、地蔵岳方面の景色が疲れをぶっ飛ばしてくれた。

20180928hoh.jpg

いやあ、いいねえ。
時々雲がかかり景色に変化を与えてくれます。最高!

20180928hoi.jpg

観音岳は鳳凰山(観音山)としてSOTAに登録されているピークです。
144&430Mhzで交信。
既定の4局をクリアー。おまけに数局+
高い山では空き周波数を探すのが大変。
アンカバー局やチャンネル居座り局もいっぱいいるようです。
困ったもんだ…

次は地蔵岳 へ
意外とアップダウンがあります。
でも、だんだんと近づいてくるオベリスクを見てると元気出てきます。

20180928hok.jpg

北岳方面は時々雲に隠れるようになった。
途中、あれっこっち?という感じの踏み跡の薄い所の斜面の下り…

20180928hoj.jpg

道ではありそうだがなんか雰囲気がおかしい。
樹林帯を抜けると、左手に人が見えた。

20180928holn.jpg

いやあ、まいったね。どうも間違えてしまったようです。
こんなところで迷っちゃうなんて…疲れて気が緩んでるんかな?

地蔵岳に到着
オベリスクが地蔵岳頂上なんだろうが、普通の人は登れない岩峰
鞍部に地蔵岳の標柱があった。
お地蔵さんを前景とした北岳方面はガスのため望めず。

20180928hol.jpg

甲斐駒もほとんど隠れてしまった。
若者がオベリスクに挑戦してましたが途中で断念したようです。
あのてっぺんに登れる人がいるんだろうか?
まあ、別名「地蔵仏」とも呼ばれてるようだし、仏様のテッペンには登らない方がいいかもね。

20180928holo.jpg

20年前の山行時、私も挑戦してみたがやはり途中で断念している。
仏様の頭に登らなかったお蔭で、以後20年間山でケガをせず今も楽しく山歩きを続けている。

20180928holm.jpg

オベリスクを眺めながらおにぎりを食べます。
でも疲れのためかあまり食欲無し。
でも食べなければ…
バナナ2本と、おにぎり、そして栄養ゼリーで元気回復。

さて、先は長い、ボチボチ下りましょう。
下りはかなりの急こう配
ずるずると滑りますが面白い下りです。

20180928holp.jpg

鳳凰小屋に到着。
一休み後ドンドコ沢を下る。

20180928holq.jpg

気持ちいいなあなんて思って単もつかの間…
いやあ、途中厳しい下りが続きます。

20180928holr.jpg

こっちを登るのも大変そう…
中道コースも急登だけど、こちらに比べればはるかに歩きやすい。

20180928holrt.jpg

途中五色滝や白糸の滝、南精進ノ滝を見ながら下山します。
「鳳凰の滝」というのもありました。

20180928holrs.jpg
五色の滝

鳳凰と山の名前が記されているのでどんな滝だろうと気になったが…
片道五分と書かれていた。
もう余計な歩きはしたくないと後ろ髪引かれる思いで断念しました。

20180928holu.jpg

途中2か所ほど沢を渡るとこrもあった。
冷たい水で顔を洗う。
いやあ、気持ちいいね

20180928hov.jpg

なにこれ?っていう感じの急なジグザグの下りもありました。
もう足がだいぶ疲れてます。こんなくだりは勘弁…

でもそのあとは気持ちよい樹林帯。
緑が気持ちいいです。
紅葉したら綺麗だろうなあ…

20180928how.jpg

駐車場に戻ると「駐車料金が未納です」との張り紙。
青木鉱泉迄駐車料(750円)を支払って帰途についた。

アルバムです ↓


行程 11時間9分、16.5km
青木鉱泉P4:51-9:19薬師岳9:35- 10:14観音岳11:04-12:01地蔵岳12:31-12:50鳳凰小屋13:00-16:00駐車場



関連記事

コメントの投稿

Secret

いやはやすごーい!

こんにちは。
鳳凰山のレコード待っていました。さすがkyouさん余裕の歩きだったようですね。ドンドコ沢は景色は良いですが急すぎて降りは大変ですねー、薬師岳、観音岳行けなかっただけに思いがつのります。次回は1泊、2泊で甲斐駒ヶ岳と行ってみたいです。オベリスクは登らない方が(登れないか?)ありがたいですね。

No title

夢創歩さん、こんばんわ
ドンドコ沢のコース、いやあ、中々下りがいありました。
あそこを日帰りピストンした夢創歩さんの方がすごいですよ。
ここは登りたくないなあ…と思いながら下ってました。
どっちを使うにしろ日帰りは気合い入れて歩かなくっちゃいけないコースのようです。
オベリスクは登らない方が身のためですよね。
仏様の頭に登るのは罰があたりそうです。まあ、登れないけどね(*_*;

次のレポは涸沢の紅葉です。見てね~
プロフィール

..kyou

  • Author:..kyou
  • 健康第一!
ブログ内検索
最近のコメント
カウンター
カテゴリー
過去ログ
救える命がある
クリックで救える命がある。