かぜのたより

日々の出来事を徒然なるままに

Top > 本・読書・映画 > 西海道談綺

西海道談綺

先日鯛生金山観光をした。
といっても殆どの人は「それどこにあるの?」って感じでしょうね。
数年前の話題を振り返ると「ワールドカップでカメルーンチームがキャンプした中津江村」と言えば、少しは「ああ、あの田舎か?」と思う方もいらっしゃる事と思います。そこは我が故郷、幼少の時期を過ごした田舎であります。
鯛生金山は以前、東洋一と言われた産出量を誇る金山ですが、昭和46年頃かなあ、閉山しました。その後は益々過疎化をたどる一方の田舎であります。そんな田舎が起死回生に昔の金山後を観光地として頑張っています。それってどんなところというかたはこのホームページを見て下さい。
sai.jpg

この金山、松本清張氏の小説の舞台にもなっています。一度何冊にも及ぶ文庫本を読みましたが、それは手に汗握る怪奇小説でした。
観光地化された坑内見物の一角にこの小説のパネルがありました。映画化もされたそうですが、もう一度読んでみたい心境になりました。
関連記事

コメントの投稿

Secret

おそろしか~。

鯛生金山には行ったことがないので、今度帰省の折にでも行ってみたくなりました。この小説も、なかなか面白そう。こわいけど見たい・・という気分^^

北九州小倉に松本清張の文学館があるそうです。行ったことはないのですが、面白そうです。
日田の街、風情があっていいですよね。

是非どうぞ

鯛生金山、なかなか見応えありますよ。
是非里帰りの時は寄って下さい。西海道談綺も読みたくなることでしょう。
日田は豆田町あたりはほんと風情があります。今度行ってみようかなあ…
ところで山百合子さんと出逢ったんですね。
素敵な人だったでしょ。

>素敵な人だったでしょ。

はい!予想はしていたけど、素敵+愉快なかたでした ^^
プロフィール

..kyou

  • Author:..kyou
  • 健康第一!
ブログ内検索
最近のコメント
カウンター
カテゴリー
過去ログ
救える命がある
クリックで救える命がある。