かぜのたより

日々の出来事を徒然なるままに

Top > 山歩き > 北海道山歩きの旅 チセヌプリ

北海道山歩きの旅 チセヌプリ

2018年8月28日

シャクナゲ岳からチセヌプリ

20180828tna.jpg

北海道山歩きの旅も、最後となった。
ほんと天気に恵まれない旅でした。
小樽からフェリーに乗るのは29日17時…
いよいよ北海道から明日はお別れかあ~、最後は晴れてほしいなあと願ったがかなわず…
予定では、神仙沼~チセヌプリ、イワオヌプリ、神仙沼だったが…

20180828tnb.jpg

木道歩きが少し続きます。
濡れてて滑るので要注意。

20180828tnc.jpg

神仙沼
小さな地塘がたくさんあります。ミニ尾瀬って感じ。

20180828tnd.jpg

長沼です。視界がなく静寂…
沼のほとりを緩やかに登りながらチセヌプリへと向かうが全く展望なし。
この時点でイワオヌプリはガスの中歩いても面白くないだろうから断念。

途中シャクナゲ岳への分岐があったんで予定にはなかったが登ることにした。

20180828tnf.jpg

いやあ、最後の方は大きな石を超えてのアスレチックって感じ。

20180828tne.jpg

濡れた岩は滑るし、疲れる。

山頂では全く展望なし。
では、登頂記念にアマチュア無線で交信しておこうかなと電源を入れると…
が~ん…バッテリー切れです。
いやあ、先日の恵庭岳で交信した後電源切るの忘れてしまってたようです。

20180828tng.jpg

ショック…
展望のない中、記念撮影し下ります。

20180828tnh.jpg

分岐に戻り、チセヌプリへと登る。

20180828tni.jpg

淡々とした面白くない登りが続く。

20180828tnj.jpg

しずくのついた花は美しい。
でも晴れてほしいなあ…
全く晴れの気配はないが、せめて一瞬だけでも…

20180828tnk.jpg

山頂着
いやあ、参ったね。夕張岳、恵庭岳、そしてこのチセヌプリ。
三日続けて山頂からは何も拝めなかった…
記念撮影だけしてそうそうに下ります。

下りも単調な下りかなと思っていた…
登りとは打って変わって大きな石を乗り越えながらのアスレチック的下りです。

20180828tnl.jpg

短い距離だが変化があって面白い…
でも滑るし疲れます。こっちから登るのは大変そう。
一回すってんころりんと転びました。

20180828tnm.jpg

車道が見えてくると歩きやすい道となる
車道に出る手前、斜面に登山道保護のためでしょうか金属の網が張っていた。
いかにも滑りそうです。

20180828tnn.jpg

予想した通り注意していたにもかかわらず、スッテンコロリン
北海道山歩きの旅最後のスッテンコロリンとなりました。

道路に出て駐車場まで長い道路歩き。
見上げると青空です。

20180828tnp.jpg

本当はあの山の方からこの大谷地へ戻ってくるはずだった…

20180828tnq.jpg

でも、山の方はまだ厚い雲…
最後まで晴れに見放された天候でした。

20180828tnr.jpg

登り残したイワオヌプリ。
もし天気が回復したらちょっと登ってこようかなと五色温泉登山口へ向かう。

20180828tns.jpg

15時までに回復するようだったら登ると決め回復を待つが、上の方は厚い雲。
ビジターセンターのお嬢さんとしばらく山談議。
このお姉さん、群馬の尾瀬のビジターセンダーなどで勤務していたとのことで話が盛り上がる。

20180828tnt.jpg

予定の15時、山は相変わらず雲の中…
明日の方が天気良さそうだし明日早朝からにしようと決定。
道の駅へ戻り車中泊。

翌朝、天気は相変わらず…
とりあえず五色温泉登山口へ向かうが、昨日以上にな~んにも見えない。

20180828tnu.jpg

しばらく待っても変化なく真っ白…
北海道の山歩きは後ろ髪惹かれる思いの中、終了した。

20180828tnv.jpg

ほんとはね…
最終日はニセコアンヌプリに真っ暗な時間から登り、山頂からご来光と後方羊蹄山を眺め 、
北海道の山歩きをバンザイで閉めるつもりだったが…



関連記事

コメントの投稿

Secret

プロフィール

..kyou

  • Author:..kyou
  • 健康第一!
ブログ内検索
最近のコメント
カウンター
カテゴリー
過去ログ
救える命がある
クリックで救える命がある。