かぜのたより

日々の出来事を徒然なるままに

Top > 山歩き > 北海道の山歩き 夕張岳

北海道の山歩き 夕張岳

2018年8月25日~26日

視界無しの夕張岳…

20180826ybb.jpg

北海道の山歩きも残すところあとわずかになった。
夕張や増毛地方で歩きたかったのは、
夕張岳、北海道の尾瀬とも呼ばれる雨竜沼湿原を擁す暑寒別岳、
そして一度歩いて気に入った芦別岳である。

遠い利尻への往復のどちらか道中に立ち寄ろうと計画していたが…
行きは、天気予報に翻弄されパス。
で、山旅後半に持ち越した次第です。
でも、暑寒別岳は登山道が通行止めとのことで、雨竜沼湿原コースからは入れない。
芦別岳は、結構長い行程であり雨とかだったらただつらいだけとなりそう。
この先ずっと天気予報はよくないので芦別、暑寒別岳はあきらめることにした。

夕張岳も曇り予報で天気は良くないが、これも断念ではあまりにも寂しすぎる。
夕張岳はそれほど厳しいところもなく尾根に出ればなだらかな起伏が続く。
まあ、雨が降らなければいいかな。

とはいえ、前日までは雨…
「道の駅 三笠」で車中泊、結構な雨です。

20180826ybc.jpg

観光しながら様子を見ようと「三笠博物館」でアンモナイトや恐竜の生命の歴史を学びます。
次は「三笠鉄道村」で北海道の鉄道の歴史を学びます。どちらも大変見応えがあった。

20180826ybd.jpg

雨も上がり、明日の予報は曇りのままなんで夕張岳に登ろうと決定。

初日は、登山口まで行って車中泊しようと思い車を走らせる。
食料は途中で調達しようと思ってたらお店が全く見当たりません。
いやあ、参ったなあ。まあ、いいか買い置きもいっぱいあるし…
国道か452号線から分岐すると林道が約14㎞。
この林道狭いし未舗装…デコボコで車高の低い車は大変です。
対向車来たらいやだなあと不安の中でようやくゲート前に到着。

20180826ybe.jpg

一人の男性が、○○さん?と声をかけてきた。「ユウバリコザクラの会」の方でした。
「違いますけど」と答えると、ヒュッテに泊まるお客さんと16時待ち合わせで待っているとのこと。
★今回夕張岳へ登る参考にしたのが「ユウバリコザクラの会」のHPでした。
 
「今日はどうするの?」と男性。
「車中泊しようと思ってたんですが…、寂しい場所だしヒュッテに泊まろうかなと思ってます」
ほどなく目的の女性が単独でやってきました。一人は都合が悪くなったとか。
「泊まるなら荷物運んであげるよ」と言ってくれたが、準備もあるのでお断り。
「じゃあ、またあとでとお二人を見送り準備します。
ヒュッテで泊まるなら自炊だし、寝具も必要かな?想定してなかったのでいろいろと準備が大変。

20180826ybf.jpg

先ほどのご夫人は山には登らない予定というし、この時間になってもだれも来ない。
明日は寂しく一人かなあ…雨が降るようだったら中止しようかな?と思っていたら一人の男性が到着。
(男性は、苫小牧から来たという I さん。下山するまでご一緒させていただきました)
テントで泊まろうと思てったそうだが、ヒュッテに泊まることを伝えると、じゃあご一緒しようかなとなった。

20180826ybg.jpg

ヒュッテまではゲートから結構急な坂の林道を約15分。
ヒュッテに到着。
思っていたより立派です。
先ほどの男性も到着し、ユウバリコザクラの会の方達と同席させてもらい夕食の始まりです。

20180826ybh.jpg
↑酔ってピンボケではありません。ソフトでぼかしてます

会長は南極越冬隊や北極にも参加した方でいろんなお話を伺いました。
またアイヌのことを研究し本を書いている方やほかにもユニークな方たちばかり。
女性は旭岳ロープウエイ駅近くの宿のおかみさんとか。

会員の方が薪で沸かした「五右衛門風呂」に入らせてもらった。
子供の時入った五右衛門風呂、遠い昔の思い出がよみがえってきた。
いやあ、ヒュッテでお風呂に入れてもらえるなんて思ってもいなかったので感激です。
なお、当日は宿泊客が少なかったので利用させてもらいましたが、人が多い時は利用できないそうです。

20180826ybv.jpg
↑翌日撮影 真ん中あたりが五右衛門風呂

途中、hiroに夕張岳に登ることをを電話してなかったことに気が付いた。
いやあ、まいったなあ、電話するが圏外です。
「えっいちいち電話するの、まじめだねえ」などと冷やかされる。
「じゃあ非常用だけど衛星電話使ったら」とおっしゃっていただいた。
感謝!早速使わせていただき電話する。
「連絡ないからどこ行ったのかと心配してた…」だって。
いやあ、本当に助かりました。会長さんありがとうございました。

ソーラーパネルで発電した電気で灯すランプ。
トイレやお風呂、通路など自動点滅のライトにもソーラーの電気が使われている。
そんな貴重な電気ですが、消灯時間を大幅に延長し話が盛り上がります。
最後は、ヒュッテの責任者の方が「これで消灯します」と宣言。
では、お休みなさ~い。


26日
「晴れますよ」と見送られ、I さんと5時41分出発。
ヒュッテの掲示板に最近のヒグマの目撃情報などが記されていた。
登山道のわきで昼寝していたとか、ヒグマに道をふさがれ登頂を断念とか…

20180826ybi.jpg

ここ最近でも結構な情報が記されています。
以前はヒュッテのすぐそばでも見かけたとか…

いやあ、今日はガスガスで視界もない状態。
熊が出やすい天気じゃないのかなあと一層不安になる。
たぶん一人だったらやめたかもね。
でも、心強い相棒の I さんがいるのでちょっと安心です。

20180826ybj.jpg

登りは冷水コース
結構急な樹林帯を登ります。登山道は前日の雨で川のようになってるところも。
雨は降ってないものの濡れた草木や笹で、すでに雨具のズボンはびっしょりです。
急登が終わると馬の背コースと合流。
その後はアップダウンを繰り返しながら標高を上げていきます。
木道のある湿原があるがもう花の時期は終わり、ただガスの中をひたすら歩きます。

20180826ybk.jpg

時々クマの糞が登山道に…
古そうだし、たぶん今日のじゃないよねと話しながらも、I さんと大声をあげたり笛を吹いたりして進む。

20180826ybl.jpg

時々もやっと岩峰が出現。
男岩は見えたがガマ岩は…

20180826ybm.jpg

他にはな~んにも見えません。
本当は景色いいところだろうね。

20180826ybn.jpg

このあたり熊目撃情報の多かった付近です。
より大きく笛や大声を出しながら歩きます。

20180826ybo.jpg

鳥居と社が見えました。
どうもその先が山頂のようでこの先から急な登りとなる。

何にも見えない山頂に8時56分到着。風が強いです。
では、登頂を祝し二人で記念撮影です。

20180826ybp.jpg

でもカメラのレンズはばっちり曇ってて、ひどいピンボケです。
風を避けれる場所で、汗とつゆ、雨も少し降ったのかな?濡れた服を着替えます。
簡単に食事をとり、早々に下山。

20180826ybr.jpg

帰路もやはりな~んにも見えません。
ひたすら下ります。
途中数組の登山者と遭遇。
こんな天気でも登ってくる人がいるんですねえ…

20180826ybw.jpg

濡れた木道でスッテンコロリ…
用心していたのに転んでしまいました。
後ろ向きに転んだんでザックがクッションとなり大事に至らず。
その後しばらくして I さんも転んでしまいました。
いや、参ったね。

20180826ybs.jpg

下山は途中から馬の背コースです。
いやあ、こっちから登るのは大変そう…
かなり急な樹林帯の中をどんどん下ります。
突然眼前にヒュッテが表れ無事到着。
ヒュッテの方たちが「お帰り。晴れなかったですねえ」と出迎えてくれた。

20180826ybt.jpg

さて、明日はどうしようかなあ…
天気予報はいまいち、予定では支笏湖近くの恵庭岳だが…
とりあえず、近くの道の駅まで向かおうかな。

20180826ybu.jpg
↑シューバロ湖から眺めた夕張岳方面

I さん、ご一緒して頂き有難うございました。
ヒュッテの夜、楽しかったですねえ。
ヒュッテで教えていただいたNHKの番組「さわやか百景 夕張岳」を後日見ました。
いやあ、展望が良く、花の多い山なんですねえ。
ガマ岩あたりもあんな景色だったんだあ…
また機会がありましたらどこかの山でご一緒したいですね。













関連記事

コメントの投稿

Secret

思い出の山旅

夕張ではすっかりお世話になりました
終始ガスでしたが、とても充実した山でした

道すがら、北海道に赴任された頃の山の話しや、トライアスロン、マラソン、マウンテンバイク等の競技の話題で、景色が何も見えないにもかかわらず、あっという間の登山でした、
自分も少しでも見習って、出来ることからチャレンジしてみますね

北海道はもう少しで秋冬の気配です
まだまだ山登り楽しみます

苫小牧の I さん、お早うございます。
こちらこそ楽しいひと時でした。
トライアスロンは、本格的なことはやれませんが、泳いだり走ったり自転車に乗ったりは楽しいですね。
9月中旬の遊びのような大会に向け先日からプールに通ってます。
50m連続で泳ぐのが苦しいです。
100m位は連続で泳げなければと思ってますがどうなることやら…

台風が北海道まで行きましたが大丈夫でしたか?
こちらは台風一過で今日は35℃位になりそうです。

こんにちは
怒涛の北海道遠征も無事に終了ですね…♪
関東周辺では気温が高かったものの、スカッと晴れた日が少なくて、
中々出かける機会がありませんでした。
kyouさんのブログを見ると北海道でも晴れ間がとても少なった
ようですし、今年は異常気象の夏なんだな~と思いました。
踏破したピークの数も多いですし、デジブックを作るのも大変でしょうが、
折りを見ながら少しづつ編集されて下さい。
長期間の遠征、お疲れさまでした。

ひまじんさん、こんばんわ
今年の夏は、変な天気でしたねえ。
それに各地で台風や地震の被害も多くあり、
なんか自然の怖さを思い知らされてばかりですね。
地球が少しづつ異常に近づきつつあるのかも…
もう少ししたら異常が不通になるのかもしれませんね。怖いですねえ。

デジブック作らなきゃなあなんて思いながらも、いまいち晴れ間の少ない山歩きの写真で気分がのりません。
でも忘れる前に作成したいなあと思います。
プロフィール

..kyou

  • Author:..kyou
  • 健康第一!
ブログ内検索
最近のコメント
カウンター
カテゴリー
過去ログ
救える命がある
クリックで救える命がある。