かぜのたより

日々の出来事を徒然なるままに

Top > 山歩き > 日本最北の山、利尻山へ 前編

日本最北の山、利尻山へ 前編

2018年8月21日~23日

★今回のレポは、前編です。
  稚内への道中記~利尻野営場までで、山歩き部分は記されていません。
  プロローグには興味ないという方は、このレポは飛ばし、後編の方をよろしくです。

稚内迄は単身赴任中、仕事の関係で何度も訪れたことがある。
そのたびに利尻山の格好いい山容を眺めてはため息をついていた。

201807rsb.jpg
↑ 2013年7月の写真です

いつか登りたいなあと思っていたら「九州へ転勤だよ~」だって…
そして歳月は流れ…

仕事をリタイヤした5年前の夏、北海道へ旅に出よう!となった。
hiroと自転車で利尻島1周サイクリングを楽しんだが、都合で山歩きは無し。

201807rsa.jpg
↑ 2013年7月の写真です

その時はあまり日本百名山には興味もなかったしね。

でも、最近日本百名山登頂達成するぞ~という気になった。
北海道の日本百名山は、幌尻岳、後方羊蹄山、そして今回の利尻山が未踏。
で、今回の北海道山歩きの旅となった次第です。

利尻山と幌尻岳は行程も長くて険しいし、展望なかったら登ってもねえ…
ぜひとも天候の安定した日に登りたい。
天気予報見ながら幌尻岳は快晴に恵まれ無事登頂達成。

risirimap.jpg

しかし中々利尻の天気予報が良くならない。
旅の終わりも近づいており、もしかして今回は無理なのかもとあきらめかけていたが…
台風19号・20号の影響が懸念されていたが、23日、晴れマークの予報となった。
よし、決行だ!

risiriyohou.jpg

先日黒岳でご一緒した旭川のSさんに、23日登頂との予定を連絡。
もしかしたら一緒に登れるかもと言ってたが、こんなに直前の決定では無理かもね。
とりあえず連絡入れると、山は無理だけど道の駅で会いましょうということになった。

20180221tmmae_20180902172532df9.jpg

20日、剣山に登った後芦別から留萌へ向け北上する。
途中「道の駅 風Wとままえ」の温泉で汗を流し車中泊。

20180822rsrc.jpg

翌21日、のんびりとオロロンラインを走り稚内を目指す。

20180822rsrd.jpg

途中サロベツ原野あたりから利尻山が見えた。
ちょっと雲が多いが、堂々とした山容に、あそこに登るのかあと心が騒ぐ。

20180822rsre.jpg

ずっと利尻山を左手に眺めながら稚内到着。
途中Sさんから「旭川出発したよ~」とラインがあり、到着は16時過ぎだろうと予測。
その前に稚内観光しておこう。

20180822rsrf.jpg

まずは最北端の地「宗谷岬」
ぶっかけ丼でお昼にします。

20180822rsrg.jpg

次はノシャップ(野寒布)岬。稚内港北防波堤ドーム観光。
道の駅に戻り車中泊準備を整えビール飲んでいるとSさんご夫婦到着。

20180822rsrh.jpg

色々と話が弾み、ちょっと飲みすぎたかな?
かなり夜も更けてきたので、「ではおやすみなさい」…

22日、「お早うございます。夜中ちょっと雨が降りましたねえ」と朝のご挨拶。
空はどんよりしている。
大丈夫かなあ、天気予報…
「晴れますよ。では、利尻楽しんできてね」と励まされ、Sさんご夫婦とお別れ。

20180822rsh.jpg

10時過ぎのフェリーで利尻の鴛泊港へと向かう。
風が強い!
利尻山は見えているが時々厚い雲がかかり頂上は見え隠れする。

20180822rsi.jpg

鴛泊港到着。
登山者らしい姿の客はあまり多くない。
晴れ予報ではあるが、やはり台風の影響で強風となると登る人は少ないのかもね。
大丈夫、明日は少し風も和らぐ予報ですからと自分に言い聞かせる。

2018rsk.jpg

港から、今日の宿泊予定地「利尻北麓野営場」を目指す。
のんびり歩いてたら6人ほどの大学生のグループに追い抜かれた。
若者は元気がいいねえ。
このグループは途中のキャンプ場で宿泊するようだ。

2018rsl.jpg

緩やかな登りだが重いザック背負って距離約4kmはつらい…
汗びっしょりになって管理棟到着。
テントサイトは500円、登山届も同時に提出。
管理人の方に「明日は風も弱くなりそうだし天気も良さそうですね」というと…
「う~ん、今日も鴛泊の方からは山が見えてたけど、沓形からは全く見えなかったしねえ…」
「風も台風の影響でそう変わらない感じだねえ…」とのこと。
地元の方の言うことは当たりそうだし、いまいち不安ですねえ。

20180822rsm.jpg

2012年に改修されたキャンプ場とのことで、管理棟や炊事場、トイレもきれいです。
数組の登山者が下山してきました。
「風はどうでした?」「時間はどのくらいかかった?」と情報収集。
「いやあ、すごい風だった!でも登れないことはなかったよ」
「ガレ場は要注意だね。途中で登頂諦めた人もいたみたいだよ」だって…

テント場には二張りのテントがあったが人は見当たらない。
登ってるのかなと思ってたら、6人組の札幌から来たという大学生達が戻ってきた。
悪天で昨日から停滞してたらしく、明日3時過ぎに登る予定とのこと。

20180822rsn.jpg

これを聞いて少しは心強くなった。
利尻には、最近クマがいるとのことでいたるところで「ヒグマ注意」の張り紙を見かけた。

20180822rso.jpg

まさかキャンプ場までは出てこないだろうなと勝手に解釈し就寝。
途中、目が覚めたら満天の星空だった。

さあ、明日はいよいよ登頂だ!

後編へ続く




















関連記事

コメントの投稿

Secret

プロフィール

..kyou

  • Author:..kyou
  • 健康第一!
ブログ内検索
最近のコメント
カウンター
カテゴリー
過去ログ
救える命がある
クリックで救える命がある。