かぜのたより

日々の出来事を徒然なるままに

Top > アマチュア無線 > こんなこともあるんだねえ

こんなこともあるんだねえ

先日、アマチュア無線で根室方面の局と21Mhzで交信できた。
電波状態も安定しており、北海道に住んでいた時のことなど楽しくロングQSO。
じゃあ、またよろしくね~と交信終了。

すると私のコールサインを呼ぶ局がいた。
3khzほどQSYを依頼し、交信することとなった。

なんとその局はサラリーマン時代同じ職場で勤務したことのある先輩だった。
免許を持っているとお互い知っていたとはいえ交信をしたことはなかった。
お互いコールサインも知らないレベル。
吾輩なんか8年ほどQRTしてたし、以前の6エリアのコールサインでもないし…
お互い転勤する身分であり、なかなかすれ違いも多く無線で交流をする機会はなかった。

そんな先輩が、根室の局長さんとの交信をたまたま聞いていたそうです。
で、どうもあいつじゃないかなと思って声をかけてきたという次第です。

20160626qsa.jpg

その局とは、10数年前の東京勤務時代や北海道時代に時々交流はあった。
その後私は九州へ転勤。彼もそのうちリタイヤし夏は北海道、冬は本州の生活をしている。
呼ばれたとき、北海道帯広と聞き、また声に聞き覚えがある感じがした。
もしかして○○さん?そ~だよ~、○○君じゃないかと呼んでくれたそうです。
いやあ、懐かしい!お互いの近況を語り合い交信は感激・興奮の連続だった。
こんな偶然、めったにあるもんじゃない。
いやあ、アマチュア無線っていいなあと思った時間でした。

8月北海道行くからねえという話になった。
来たら泊って行けよ、語り合おう、飲みましょうとなった。
今からワクワクドキドキ、楽しみです。

さて話は変わって…
昨日QSLカード(無線の交信証)がJARLから送られてきた。
交信した各局分をJARLにまとめて最初に送ったのは3月末。
そこで各局あてに分類され郵送されるシステムです。

なかなか来ないねえと待ち遠しかったが、3か月くらいで届けばまずまずかな。
交信した時のことを思い出しながら一枚一枚眺める。
交信の楽しみ、そしてカードが届いた時の楽しみ、その局とまた偶然の出会いで交信する。
アマチュア無線は以前に比べたらだいぶ趣味とする人が少なくなった。
しかし、一度やめた人達がまた無線の楽しみを思い出し、再開する人たちも多くいるようだ。
そんな人たちをカムバックハムと呼ぶらしいが、吾輩もそうである。
年を取っても楽しめるアマチュア無線、なかなかいいね。



関連記事

コメントの投稿

Secret

いい話ですね 😿

こんにちは。
そんな偶然ってあるのですね、山でバッタリなんてもんでない確率ですね。カムバックハム\(^o^)/\(^o^)/ですね。
良かった良かった。帯広ワインで🍻でしょうか?

夢創歩さん、こんばんわ
はい、お互いびっくり!って感じでした。
アマチュア無線もすたれたとはいえ中々いいもんです。
8月、北海道行く時の楽しみが一つ増えました
プロフィール

..kyou

  • Author:..kyou
  • 健康第一!
ブログ内検索
最近のコメント
カウンター
カテゴリー
過去ログ
救える命がある
クリックで救える命がある。