かぜのたより

日々の出来事を徒然なるままに

Top > 山歩き > 太郎山から大峯山へ

太郎山から大峯山へ

2018年5月21日(晴れ)

太郎山

久しぶりにNさんとの山歩き
ちょっと気になってる太郎山に行こうと計画していたが、生憎の天候で伸ばし伸ばしになっていた。
三度目の正直でようやく天気予報が晴れとなり、途中の道の駅で待ち合わせ。

今回は我輩のハスラーで現地へと向かう。
太郎山は、上信越道上田菅平ICで降り、上田市から北のほうに見える低山です。

20180521tra.jpg

登山道は低山なのでいろいろあるが、今回は太郎山トンネル出口から表登山道経由です。
地味な山かなと思っていたが、登山口には車がいっぱい停まっていてびっくり。

20180521trb.jpg

地元に人に人気のある山のようです。
ほとんど荷物を持たない高齢者も多く見かけた。
ちょっと朝の運動に山頂へって感じかな?
2~4年生の小学生の集団が元気です。

20180521trc.jpg

白馬から来たという女性二人連れ
近くにいい山がいっぱいあるんで何もこんなところまで来なくても…
近くもいいけど、ちょっと離れた未知の山に行ってみたいんですよ~と山談義。

20180521trd.jpg

今日は新緑がきれいです。
赤い鳥居が見えてきました。

20180521tre.jpg

わずかで太郎山神社へと続く参道となる。
つつじがきれいです。
少し脇にそれた広場からは素晴らしい展望。

20180521trf.jpg

太郎山神社に到着。
小さな赤い鳥居がかわいい。
本殿はこの裏に地味に立っています。
本殿の四隅には、龍や獅子ほかの彫刻が彫られており、実に見事ですの案内があった。
しかし残念ながらフェンスに囲まれており見ることができなかった。

20180521trg.jpg

神社からは新緑の気持ち良い道をわずかで広~い山頂です。
いやあ、気持ちいいね。

20180521trh.jpg

ちょっともやっとしてるが北アルプスほかの展望ばっちり
槍ヶ岳も見えますねえ。

20180521tri.jpg

八ケ岳や白馬方面の山々もばっちり。
「あっ富士山だあ」と少し遅れて到着した小学生の集団から歓喜の声が上がる。
子供達には北アルプスの山々より富士山のほうが絶大の人気のようです。
一気に山頂広場がにぎやかになった。

20180521trj.jpg

では、予定通り大峯山を目指しましょう。
その前にいったん虚空蔵山へと続急斜面を下り西峠に立ち寄ります。
途中、登山道の真ん中にカモシカ
突然の出現に一瞬ドキッ! 写真撮ろうと思ったら藪に入っていった。

20180521trk.jpg

10分ほどで西峠に到着。
なぜここに立ち寄ったかというと…
上り始めてすぐ、下山してきたご婦人が
「いやあ、西峠よかったですよ~初めて行ったけど素晴らしい景色、広くて気持ちいい!」と言って薦められたんです。
山頂には何度も歩いてる感じのご婦人。
この山頂よりいいのかなあ、これは行ってみなくっちゃとなった次第です。

20180521trl.jpg

う~ん…人の感動って色々ですねえ。
まあ、カモシカに出会えたから良しとしよう。
そこから山頂へは戻らず、林道でトラバース、裏登山道と合流。
さあ、大峯山を目指しましょう。
何やら看板が…
「この先、刀の刃と呼ばれる難所あり」
いやあ、興味あるなあ。
どこかなあと思いながら歩くがそのような場所は見当たらなかった。

20180521trm.jpg

また、「松茸山につき落札者以外の入山を禁じる」との掲示。
登山道わきにはずっとビニールひもが張られていた。
見渡せば松茸がいっぱいありそうなアカマツ林です。

時々見晴らしがよくなり虚空蔵山へと続く尾根が見える。
あっちもいつか歩いてみたいね。
その先見える尖がった山の方が気になりますねえ。でもなんていう山かわからなかった。

20180521trn.jpg

何度かアップダウンを繰り返しが続く。
山つつじやレンゲつつじがきれいです。
ちょうどいい時期だったかも。

20180521tro.jpg

そして山頂への最後の急登。
いやあ、あまり歩かれてない感じの道はずるずると歩きにくいなあ。

20180521trp.jpg

山頂からは南の方の展望が開けてます。
北アルプス方面はちょっともやっとしてきた感じ。
上田市内や、その周辺の山々がなかなかいい感じで見えます。
でも、今一どこがどの山やらよく分かりません。
いつか歩きたいと思ってる独鈷山はどれかなあ…

20180521trq.jpg

いやあ、すごい!
表示板が飲み込まれてます。
木の生命力ってすごいねえ。

20180521trr.jpg

さて戻りましょう。
急斜面、ズルズルと滑ります。いやあ、ほんと急!
でもその急さ加減はなかなか写真では表せませんねえ。

20180521trs.jpg

途中、四阿山方面の展望が見事だった。
意外とアップダウンの繰り返しで疲れます。
でも、つつじがその疲れをいやしてくれる。

20180521trt.jpg

もしかして…
刀の刃という難所はここ?
登る時にもそう思ってはいたが…

20180521tru.jpg

う~ん、難所ねえ。
左右には樹木がありそれほど高度感はない。
Nさんに高度感を感じるようなポーズをとってもらうが…

20180521trw.jpg

太郎山への分岐を左に裏登山道を下ります。
気持ち良い林道だけどいつまでで続くの?このジグザグ道。

20180521trv.jpg

ところどころに、「太郎山民族遊歩」の看板があった。
太郎山、いろんな伝説、伝承があるんですねえ。頂上まで9か所の看板があるそうです。
退屈な林道歩きもこの看板を読みながら下ると、次は何かなと興味がわき楽しくなりました。

20180521trx.jpg

裏登山道登山口に到着。
この先は舗装された林道歩きとなります。
太郎山の隣に大峰山と同じくらいの標高約1,300mほどの東太郎山というのがあります。
裏登山道を下る時、東太郎山へと続くらしいコースを見かけました。
時間があったら行ってみたいねえと思ってたが下山口がどうなってるかわからずパスした次第です。

20180521try.jpg

林道を下りながらこの辺りに下れるかなあと山腹を眺めながら歩く。
果たしてこの辺りから登山道があるのか興味のあるところです。
そんなことを話しながら、退屈せずに駐車場まで戻れました。

アルバムです ↓


行程 約11km、約6時間25分
表登山口9:13→10:40太郎神社→10:52太郎山11:20→11:32西峠→11:43裏登山口分岐→12:50大峯山13:40→
14:32裏登山口分岐→15:11裏登山口→15:43表登山口





関連記事

コメントの投稿

Secret

プロフィール

..kyou

  • Author:..kyou
  • 健康第一!
ブログ内検索
最近のコメント
カウンター
カテゴリー
過去ログ
救える命がある
クリックで救える命がある。