かぜのたより

日々の出来事を徒然なるままに

Top > 旅行 > 連休の思い出 その6(終わり)

連休の思い出 その6(終わり)

2018年5月4日~5日

いよいよ連休の旅も終わりに近づいた。
道の駅で車中泊時、夜中に雨…
そして気温も低い。

まずは高岡城観光です。

20180504yta.jpg

前田利長が居城としていた富山城が焼失した。そのため高岡に築いたものである。
一国一城令により廃城とされたが、水掘りと曲輪はほぼ完全に保存されている。
現在は高岡古城公園となっており、天守閣は有りません。

20180504ytb.jpg

雨で寒い…
でも雨に濡れた新緑が綺麗です。

20180504ytc.jpg

水掘りが残っているということで遊覧船がありました。
晴れた日だったらのんびり遊覧も気持ち良いだろうなあ。

20180504ytd.jpg

苔むした石垣、中々いい雰囲気です。
独特な兜をかぶった「前田利長公」の銅像。
なんか戦場では動きにくそうに思うんだが…

20180504yte.jpg

次は「富山湾の白い宝石」として知られている「白エビ」を見に行きましょう。
道の駅「カモンパーク新湊」です。
富山湾特有の海底谷に生息しておりとても貴重な漁場らしい。
道の駅では、白エビに関したお土産がいっぱい。
沢山試食させていただきました。

20180504ytf.jpg

色んなグルメがあったが、まだ時間が早いのでそんなに食べれません。
取りあえず「白エビ卵とじうどんと、白エビかき揚げうどん」を食べました。
生きた白エビが水槽で展示されてるということだったが、この日は展示されていなかった。
残念…

20180504ytg.jpg

次は富山城へ向かう。
富山城は16世紀中ごろ神保長職により築かれたとされる。
神通川の流れを城の防御に利用したため、水に浮いたように見え、「浮城」とも呼ばれた。

20180504yth.jpg

中々綺麗な城ですが、日本百名城には選定されていない。
瀧廉太郎の「荒城の月」の着想の元になった城の一つといわれており、現在、城跡は「富山城址公園」となっている。

20180504yti.jpg

天守に金網が張ってるのがちょっと趣を損なっているなあ…
以前内部は見たので今回はパス。

20180504ytj.jpg

お堀端を散策後、次の目的地「道の駅 ウエブパークなめりかわ」へ向かう。
ここでの目的は「ホタルイカ ミュージアム」
しかし…
道の駅近くに来たら大渋滞。全く車が動かなくなった。
30分ほど待っても全く動かず…
前方の車列は、まだまだ長~い…
いつになったら入場できるかわからないのでやむなくパス。
ホントはここの道の駅を今宵の宿とするはずだったが…

ホタルイカをあきらめて次の目的地、「魚津水族館」へ向かう。

20180504ytk.jpg

ついてみると、「ここ、一度来たことあるんじゃない?」と記憶がよみがえってきた。
特に特徴がある水族館でもないので、一度見たならや~めたってことでパス。
じゃ、今夜どこに泊まる?
道の駅のガイドブックで良さそうなところを探す。
ありました。「道の駅 能生」
ここにしよう。

20180504ytl.jpg

能生へ向かう道の途中、車窓には立山方面だろうか?真っ白な山並みが綺麗だ。
数年前、指差し旅でこの辺りは観光した記憶がある。
親不知辺りの険しい岩壁を眺める。

20180504ytm.jpg

「愛の母子像」が設置されています。
カーブが連続する親不知の通行の安全を祈願して設置されたらしい。

20180504ytn.jpg

今宵の宿「道の駅 能生」に到着。
広い道の駅だがここも大混雑。

20180504yto.jpg

「かにや横丁」では、試食しませんか~との誘客が繰り広げられている。
沢山の人がズワイガニにかぶりついてます。
うまそう…
でも、殻のついたカニを食べるのは苦手なんだよね(*_*;

20180504ytp.jpg

で、お店で「カニといくら定食」です。
いやあ、見かけ以上にたくさんのカニ。うまかった~

20180504ytq.jpg

その後は暮れゆく海などを眺めながらのんびり。
いやあ、海はいいなあ…
海なし県「群馬」に住んでると心は海を求めてます。

20180504ytr.jpg

連休の旅最後の夜は過ぎた。
5月5日、今日は帰るだけです。
長野経由で帰路に着きます。

20180505yta.jpg

白馬では素晴らしい雪山の景色。
田植え前の水田に映る山並みを期待していたが、まだ田んぼに水は張られていなかった。

20180505ytb.jpg

長野オリンピックで使われた「白馬ジャンプ競技場」へ
あの時、日本勢のジャンプは今も忘れられない活躍でしたねえ。

20180505ytc.jpg

リフトで地上約140mの高さにあるスタート地点まで登ります。
途中、飛距離の記録を示す表示があった。
え~こんなところまで飛んできたの~とびっくりです。
また、コースの急角度に「こんなところに着地するのかあ」とさらにびっくり。

20180505yte.jpg

上から眺めるとさらにその高さに超びっくりです。
こんなところからスタートするのかあ…
まさに崖を転げ落ちるような感覚かもね

20180505ytd.jpg

あとは一般道でいろんな道の駅に寄り道しながら帰ります。
5泊6日の指差し旅は終了した。

走行距離 約1,400km、燃費 約15Km/L でした。
後日ぼちぼちアルバムでもまとめたいと思います。
関連記事

コメントの投稿

Secret

すごいなー いい旅でしたねー

こんにちは。
GWをたっぷり楽しんだ様子読まして貰いました。
犬山城から白馬のジャンプ台まで1400キロですか~?すごいとしか言いようがないです。35歳の頃北海道一周したのを思い出します。あの頃は道の駅など無く層雲峡で1車中泊しただけでした。GWは何処の道の駅も混んでいるのですねー、同じような人(車)も多いのでしょうか?「母に」いいですねー、指差し旅もいつか真似が出来たら(チビチビも)してみたいです。ハーブ園の閉鎖はショックでしたね、いろんなハプニングもあって思い出深いGwでしたね。

夢創歩さん、こんにちわ
車の運転は嫌いじゃないので、たまには遠出をしたくなった次第です。
今は道の駅やコンビニがあるので車での旅はらくちんですね。
指さし旅はなかなか楽しいですよ。
たまには山歩きを忘れてのんびり、知らない地域の旅行も面白いです。
プロフィール

..kyou

  • Author:..kyou
  • 健康第一!
ブログ内検索
最近のコメント
カウンター
カテゴリー
過去ログ
救える命がある
クリックで救える命がある。