かぜのたより

日々の出来事を徒然なるままに

Top > 旅行 > 連休の思い出 その2

連休の思い出 その2

さあ、いよいよゴールデンウイーク1週間の旅始まりです。

まずは早朝自宅を出発
高速道路は殆ど渋滞もなく、ほぼ予定通りに犬山城に到着。
今回は日本百名城を幾つかめぐります。

百名城の選定について
「財団法人 日本城郭協会」は、平成19年度に創立40周年を迎えた記念事業として文部科学省・文化庁の後援を得て100名城を選定した。
選定の基準は3つ。
1.優れた文化財・史跡であること
2.著名な歴史の舞台であること
3.時代・地域の代表であること
さて、どんな城が選定されてるのか楽しみですねえ。
久し振りに歴史の勉強にもなりそうです。

20180430yta.jpg

まずは「犬山城」、国宝に指定されている。
織田信長の叔父信康が尾張と美濃の国境に築城した。
標高88mの丘陸上に築かれている。

20180430ytb.jpg

長い坂道を歩いて行くと天守閣が見えた。
天守閣入場まで約40分…
実際にはもう少しかかったかな?
長い列に並びます。さすが国宝、そしてゴールデンウイーク
さっそく混雑体験です。

20180430ytc.jpg

さていよいよ入場
お城はどこでも大概そうですが、天守閣に登るにはかなり急な階段を上ります。

20180430ytd.jpg

当然内部も混んでます。
急な階段は苦手な人もいる様で渋滞してます。
苦労してたどり着いた天守閣最上階からはいい眺め。

20180430yte.jpg

歴代の城主の似顔絵(後半は写真)が掲示してました。
戦国時代の無事から現代にいたるまでの城主たち、時代を感じますねえ。

20180430ytf.jpg

次は岐阜城へです

もとは稲葉山城と称され、築城者や時期はよくわかっていないそうです。
戦国時代、斉藤道三が城や城下町を整備し三代にわたり居城としたが、織田信長に滅ぼされた。
信長は岐阜城と改めたらしい。
標高329mの金華山山頂に築かれた山城です。

20180430yth.jpg

山頂まで歩いて登ることもできるが、ラクチンにロープウリ利用で登る。
ここも混んでて乗るまで30分ほど要した。

20180430ytg.jpg

降りた後も楽ではありません。
結構な石段を登ります。さあ、いよいよ入場です

20180430yti.jpg

天守の石垣は積み直しだが、周囲には戦国時代の石垣も残っている。
さあ、いよいよ入場です。

20180430ytj.jpg

天守は1965年、鉄筋コンクリートで再建されたもの。
往時の面影はほとんどなく博物館のようでした。

20180430ytm.jpg

標高が高いところにあるため周囲の展望は抜群です。
夜は、奇麗な町並みが眺められるスポットとして有名な模様。
天守閣の四方には夜景の写真が展示されてます。

20180430ytk.jpg

さて戻りましょう
帰りもロープウエイ乗場は結構混雑していました。

20180430yto.jpg

下山後は、岐阜公園を少し見学したあと、今宵の宿「道の駅 古今伝授の里 やまと」へ向かう。
隣接する「やまと温泉」で汗を流したあと食事。
いやあ、湯上りのビールがうまい!
湯上り後、疲れもあったためか早めの就寝となりました。

その3へ続く

















関連記事

コメントの投稿

Secret

プロフィール

..kyou

  • Author:..kyou
  • 健康第一!
ブログ内検索
最近のコメント
カウンター
カテゴリー
過去ログ
救える命がある
クリックで救える命がある。