かぜのたより

日々の出来事を徒然なるままに

Top > 山歩き > 足尾の中倉山へ

足尾の中倉山へ

2018年4月28日

中倉山から沢入山へ

この山に登ったのはもう20数年ほど前…
そのころはほとんど人に出会わず寂しい山だった。
当時、足尾の公害でやられた山は再生中とはいえまだ緑も少なく、ただ荒れた山という印象だった。
しかし今は標高1,500m程度の山であるがその異様な景観が人気となっているようで登山者も多い。
山頂付近の一本木も有名だそうだが、昔はそんなの気にもしなかったなあ(*_*;

20180428nkasa.jpg

前回はどこを歩いたのかはあまり記憶はない。
ただ、記録を見ると今回下りに使ったコースを登っているようだ。

20180428nkkrmap.jpg
↑ 今回のコース クリックで大きくなります

記録って大事だねえ
その時の写真を見つけて今と比較した。
当時は岩礫ばっかりという印象だったが、かなり緑が増えた感じがする。

20180428nkasb.jpg
↑ この尾根を登ります。下山時に撮影

今回は、銅親水公園から見える一番手前のコースから登る。
しょっぱなから急登です。

20180428nkasc.jpg

右には鹿よけの鉄網柵が設けられている。
いやあ、急!
しかしその急な登りをクリアーすると、素晴らしい展望が開ける。

20180428nkase.jpg

いやあ、いい眺め…
眼前には聳える様な急な登りが待っていた。

20180428nkasd.jpg

最初は気持ち良い尾根歩きが続く。
途中、荒れた岩のピークがあった。ここは乗っ越すにはちょっと厄介。
左からトラバース気味にまわりこんだが、これもかなりきわどい。

20180428nkasf.jpg

崩壊した斜面、ズルズルと小石混じりで滑る。落ちたらかなり下まで行ってしまいそうです。
どうにかクリアー。ここが今回一番の難所って感じでした。

20180428nkasg.jpg

気持良い稜線歩きが終わると、荒れた山肌を登ります。
どんどん登ります。

20180428nkash.jpg

いやあ、急!ほんと急…
下山予定の尾根を見ると、単独らしい男性が登ってました。

20180428nkasi.jpg

お互い急なとこ頑張ってるなあという親近感がわいて、手を振る。
ガレ場の斜面が終わるとでっかく聳える岩峰方面を目指して木々の間を進む。

20180428nkasj.jpg

道は踏み跡もわからなくなり適当に歩くと、明瞭な登山道に遭遇しわずかで岩峰の基部に到着。
登ってきたコースを眺める。

20180428nkask.jpg

そこからわずかで山頂へと続く稜線に出る。
一本のアカヤシオが出迎えてくれた。
ちょうど見ごろですねえ。
中倉山に到着。

20180428nkasl.jpg

昔登った時には山頂標識もなかったが、今はここが中倉山ですよ~と誇らしげな山名板が立っていた。
来ましたよ~中倉山!の記念の写真を自撮りして沢入山を目指す。

20180428nkasm.jpg

少し下ると、ありました。
ロープに守られた一本木。

20180428nkasn.jpg

帰宅後、昔の写真を眺めてみました。
確かにその時もそれらしき気が写っていました。ロープはなかったけどね。
斜面のところどころにアカヤシオが咲いています。
この荒れた山肌に、癒しを与えてくれますねえ。

20180428nkaso.jpg

早く木々が大きくなり山に緑がいっぱい戻ってくるといいですねえ。
でも松木沢側はまだまだ草木は少なく荒れたままって感じ…
自然っていったん破壊すると元に戻すには長~い長~い年月が必要だなあって思い知らされる光景です。

20180428nkasp.jpg

公害で山を破壊するってのは論外だが、登山者としてなるべく道を踏み外さないように心がけよう。
そんなこと思いながら、岩場を慎重に歩き最後の登りを頑張ると沢入山。

20180428nkasq.jpg

山頂標識があるってこと知らず標石撮っただけで、少し先の展望の良いところへと進む。
いやあ、皇海山や庚申山方面が素晴らしい眺めです。
向こうをぐるっと回って縦走したいなあとの思いに駆られ眺める。

20180428nkasr.jpg

ここでアマチュア無線で交信。
今日は、応答してくれる局が多いです。やはり連休だからかな?

交信が終わり戻ろうとすると、庚申山まで行ってきたようという単独男性と遭遇。
いやあ、健脚ですねとしばし山談義。
緊張するザレた登山道を過ぎ中倉山を目指していたらなんか見慣れた二人連れが…
おお~、鳩胸さんじゃないですかあ!1年ぶり二度目の遭遇です。

20180428nkass.jpg

いつ見てもかわいいねえ(^^)/
実際にお会いしたのは二度目ですが、YAMAPの楽しいレポートをいつも見てますので印象は強烈。

しばし談笑。
実は、駐車場でそれらしき人を見かけたんです。
先日も歩いてたんでまた来るとは思わず、たぶん人違いだろうと思ってたんだが…
仲良く写真を撮っていただきました。
でも年のせいかポーズを覚えられず、ダメだし(*_*;
しっかり頭に叩き込んで、合格点を戴きました。

20180428nkast.jpg

沢入山方面へ向かうお二人を見送り中倉山に戻る。
ここでもアマチュア無線で交信。

20180428nkasu.jpg

これで終わりにしま烏とアナウンスしたが数局に呼ばれる。
いやあ、うれしい限りです。

さて、下山開始。下りのコースを確かめ踏み跡を確認し進むが、どうも方向が違ってる感じ。
これは一番右手のコースかもと、踏み跡のない斜面を適当にトラバース。
この辺りだろうと下ると木々もなくなり視界が開ける。

20180428nkasv.jpg

正解でした。
あとは厳しい斜面を下るだけ。
登りは辛いだろうなあとぐんぐんと下り林道に到着。

20180428nkasw.jpg

いやあ、20数年ぶりの中倉山~沢入山、中々いい山でした。
アルバムです ↓


行程 11.5km、7時間14分
銅親水公園6:20→1,10m尾根→9:00中倉山9:20→10:05沢入山10:30→11:13中倉山12:15→828m地点の林道13:09→13:34銅親水公園
関連記事

コメントの投稿

Secret

デンジャラスコースですね

こんにちは。
かなり危ないコースを行きましたね、本道は林道歩きが長いので近くを行きたいですね、この辺から登ってみたいと前回の帰り思いましたが忘れてしまいました(#^^#)。1本ブナは紐が張ってあるのですか?去年は無かったと思いました。沢入山の辺にはアカヤシオがいっぱい咲いていたようですね、バッタリもあって楽しい一日だったですね。

夢創歩さん、こんばんわ
久し振りの中倉山でしたが、満喫できました。
登りに使ったコースはぜひ歩きたいと思ってました。
岩峰を巻くところが一か所やばかっただけで、あとはひたすら登り…
とはいえ気持ち良い尾根歩きもあり、他のコースより展望がいいんではと思います。
煙害でやられた山に咲くアカヤシオは、他の山のアカヤシオとはまた違った思いを感じますね。
今日は袈裟丸山でアカヤシオ満喫してきました。
いやあ、時期は過ぎてましたがすごかった!
プロフィール

..kyou

  • Author:..kyou
  • 健康第一!
ブログ内検索
最近のコメント
カウンター
カテゴリー
過去ログ
救える命がある
クリックで救える命がある。