かぜのたより

日々の出来事を徒然なるままに

Top > 山歩き > 赤城花めぐり(利平茶屋~)

赤城花めぐり(利平茶屋~)

2018年4月26日(晴れ)

赤城花めぐり

以前から気になっていた利平茶屋からのアカヤシオ。
先日yasubeさんのブログで「歩いたよ~アカヤシオ満開」とのレポを読んだ。
風は強いが天気は最高!
これは行くっきゃないねと念願の赤城花めぐりです。

20180426arta.jpg

利平茶屋、自宅からは赤城の裏って感じで遠いなあという感覚だったが…
気のせいですねえ、1時間ちょっとで到着。意外と近い。
これならもっと早く来ればよかったなと思いながら駐車場着。

20180426akrtamap.jpg
↑ 歩いたコース

先行者は1名のようです。
早速、歩き始める。
朝いちばんはどうしても体が重い。
それほど急な登りでもないが、つらい…のんびり上りましょう。

20180426artb.jpg

中腹からアカヤシオ出現、ふ~んこの程度かあと思い歩く。
しかし、高度を上げるごとにアカヤシオのオンパレードが始まる。
風が強く、登山道には花びらがいっぱい落ちている。

20180426artc.jpg

それでもまだまだ頑張って綺麗な花を見せてくれている。
いやあ、こんなにアカヤシオ多かったんだあ!
向かいの尾根を見ると、所々ピンクに染まってます。

20180426artd.jpg

花に見惚れ写真ばっかり撮ってるのでなかなか進みません。
今日はのんびり花を求めてのハイキングだから急いじゃもったいないね。

20180426arte.jpg

鳥居峠への分岐に到着。
すこし駒ヶ岳方面へ歩いてみました。
あまり変化のない景色だったので引き返し鳥居峠へ下る。

20180426artf.jpg

鳥居峠で覚満渕を眺めた後、さてこの後はどうしようかな?
天気は良いし、時間もそれほど遅くない。
折角だから、山頂から展望でも眺めようと長七郎山を目指す。

20180426artg.jpg

小沼からの道と合流した時、右手から黒いものが走ってきた。
クマ!熊!クマ~!
いやあ、びっくりしました。
しかし…すぐに黒い大型の犬と判明。
そのあとに4人のグループが続いて現れた。
まだ緊張収まらない我輩を見て「すみませんねえ」といってリードを付けた。

犬は怖くはないし嫌いでも無いけど…
単独で歩いててガサガサっとなったり、突然飛び出されたりするとやはりドキッとします。
山では犬はつないでほしいなあ。
犬も山に来て楽しくなり走り回ってるんでしょうが…
やんわりと「山ではリードつないでもらえませんか」とお願いして分れる。

20180426arth.jpg

長七郎山に到着。
単独の男性が景色を眺めていました。
富士山が見えます、
あれは草津白根、浅間山、そして八ケ岳、蓼科は雪少ないねえ。
その左に北岳や間ノ岳が見えますねえと二人で山座同定。

20180426arti.jpg

樹林の間からは谷川方面や上州武尊も見えます。
少し移動して皇海山や日光白根山も見える。
双眼鏡で見るとスカイツリーもばっちり。肉眼では無理だったが…
靄っとはしてるものの、それなりの展望を楽しめました。

20180426arj.jpg

次は小地蔵
いったん下り少し登り返しです。
樹林に囲まれ展望のない頂上。
木々の間からは大沼方面や谷川方面が垣間見える。

20180426artj.jpg

山頂からは鳥居峠目指し、道のないところを一直線に下る。
あっという間に鳥居峠。

20180426artk.jpg

眼下の尾根にアカヤシオの群生が見える。
本当はもう少し南の尾根から1,204mへと続くルートを下る予定だったが…
あの群生を見たら行かないわけにはいきません。
少し林道を歩いて「利平茶屋」への標識のあるところから下る。

20180426artl.jpg

いやあ、すばらしいアカヤシオです。
10人くらいの人が花を眺めながらくつろいでいた。
ここで鳥居峠や篭山方面、アカヤシオの景色を楽しみながらお昼にします。

20180426artm.jpg

さて、この先はどうしようか?
このまま下るのは物足りない。
当初下る予定だった尾根を見るとそちらもピンクです。
よし、そっちも歩こう。でも林道迄登り返すのは嫌だなあ…

20180426artn.jpg

というわけで少し登り返し、目的の尾根へトラバースできそうなところから道なきルートを歩く。
荒れた谷筋や防砂堤を避けながら慎重に歩きここが目的地かなという尾根に着いた。

20180426arto.jpg

地図を確認。間違いない。
右側が多きく崩壊している。左も切り立った崖…
ちょっとした馬の背状態のルートを慎重に歩く。
地図にないコースだが、少し歩かれてるようで薄い踏み跡があり安心です。

20180426artp.jpg

このコースもアカヤシオがばっちり。
いやあ、赤城にこんなところがあったなんて…

20180426artq.jpg

アカヤシオ見るなら西上州という概念が覆された感じ。
家から近いし、このアカヤシオの群落を見たら毎年来たくなりそうです。

20180426artr.jpg

シャクナゲも咲いていました。
標識があったのでみると「行止まり」と書かれていて遊歩道案内図があった。

20180426arts.jpg

なんかいまいちわかりにくい案内図だが、森林公園辺りからの周回散策コースのようです。
ここからは道も明確になり安心して下れます。

20180426artu.jpg

もう一つ南の1,099mへと続くだろう尾根、右手に三段の滝らしいものが見えます。
岩の稜線にもアカヤシオが沢山咲いていました。

20180426artt.jpg

1,204mあたりから新緑の中を快適に下り、利平茶屋駐車場に到着した。

20180426artv.jpg

初めて歩くコースは新鮮です。
沢山のアカヤシオ、そしてちょっぴり登山道のないバリルートを歩く緊張感。
楽しい赤城山でした。

アルバムです ↓


行程 8.63Km、6時間
駐車場7:50→鳥居峠9:49→10:19長七郎山10:50→11:03小地蔵→11:18鳥居峠→
11:50アカヤシオ群生地12:20→11:45その南の尾根→1,204m付近13:30→13:53駐車場
関連記事

コメントの投稿

Secret

明日は袈裟丸山に行きます

こんばんは。
明日はゆっくり利平茶屋からkyouさんの歩いたコースを行こうと思ってましたが袈裟丸山がすごい事になっているそうなので袈裟丸山に行って見ます。

夢創歩さん、こんにちわ
袈裟丸山、すごいですねえ。
yasubeさんのレポ見ました。
あれほどのアカヤシオ、やっぱりアカヤシオは袈裟丸ですね。
天気も良かったしたっぷり堪能したことでしょう。
私は、中倉山を堪能してきました。
公害で壊された山、あそこにアカヤシオがあるのは素晴らしいことだと思いました

ご無沙汰しております。
久しぶりにこちらを覗いたら、赤城山アカヤシオにビックリです。
私たちも土日と連日で似たようなコースを楽しんでいました。(土曜日は鳥居峠に駐車、日曜日は利平茶屋)
同じ被写体が微妙に角度が違ったりが面白いです。
当方はTwitterに数枚写真を載せただけなので、こちらのデジブックでアカヤシオの余韻に浸りました。ありがとうございました。

トラベエさん、お久しぶりです。
赤城山、今年はアカヤシオがいい感じですねえ。
袈裟丸山もすごいらしいですね。
あれだけ花があると、どう撮っていいか悩みます。
暇になったらNさんも誘ってドッカ行きましょう。
火曜日Nさんと日帰り山行の予定ですが、天気がどうかなあ…って感じです。
プロフィール

..kyou

  • Author:..kyou
  • 健康第一!
ブログ内検索
最近のコメント
カウンター
カテゴリー
過去ログ
救える命がある
クリックで救える命がある。