かぜのたより

日々の出来事を徒然なるままに

Top > 山歩き > 西上州 烏帽子岳

西上州 烏帽子岳

2018年4月19日(晴れ)

天狗岩から烏帽子岳の往復です。

20180419eba.jpg

笠丸山だけではちょっと歩き足りないということで、近くの烏帽子岳へ。
登山口の駐車場は満車。あふれた人は道路端に停めてます。
隙間を見つけて駐車。

20180419ebb.jpg

たった一人で独占した笠丸山と違って、賑やかなな山歩きになりそうです。
気持ち良い沢沿いを緩やかに登っていく。
ミソサザイの小気味よい声が賑やかです。

20180419ebc.jpg

ニリンソウやヒトリシズカが咲いてます。新緑も綺麗!
いやあ、やっぱ春はいいねえ。

20180419ebomap.jpg
↑ 歩いたコース クリックで大きくなります

このコースを歩いたのはちょうど20年前。
今と違ってまだまだ西上州がそれほど賑やかでなかった時代。
その時はまだデジカメでなかったのかな?
その時のレポートには岩稜歩きで花が至る所に咲いていて大感激と記されていた。

20180419ebd.jpg

日付は5月4日。

先ほど歩いた笠丸山ではもう時期を過ぎていたし、全体的に花の時期は例年早くなっているんだろうか?
これも温暖化の影響かもね。
それに花も年々少なくなていくような気がする。
まあ、これは歩く時期によっても違うだろうから一概には言えないが…
20数年前からこの辺りの山域を歩いているが、そう感じます。

20180419ebe.jpg

天狗岩展望台に到着。
ここまでも沢山の登山者に出会いました。
展望台からの眺めは、ちょっとモヤっとしてるものの中々いい感じ。

20180419ebf.jpg

冠雪した浅間山が綺麗です。
でも、厳冬期のキリっとした感じでなく、なんかふわっとした感じを受けます。
やはり、春ですねえ。
妙義山後方の白き山々も綺麗です。

20180419ebg.jpg

目的の烏帽子岳は中々遠く感じます。
標高は、天狗岩よりちょっと低いので帰りが上りこう配となる。
体力温存して歩かなくっちゃね。

20180419ebh.jpg

いったん下って結構急な登り返しでシラケ山に到着。
岩肌にヒカゲツツジが咲いてます。
ここから眺める烏帽子岳方面、中々楽しい岩稜歩きが楽しめそうです。

20180419ebi.jpg

幾つものアップダウンを繰り返し徐々に烏帽子岳が近づいてくる。
所々にアカヤシオが咲いているが…
う~ん、こんな感じだったかなあ?
20年前に感動したという花はどこ行っちゃったんだろうって感じ。

20180419ebj.jpg

岩場のアップダウン、所々高度感たっぷりで緊張します。
でも、慎重に歩けばそれほど危険を感じない。

20180419ebk.jpg

ただ体力は結構消耗します。
帰りは岩稜通らず巻き道経由にした方が良さそうです。
眺める烏帽子岳はかなりな人で賑わってますねえ

20180419ebl.jpg

巻き道と合流しほどなくマルの鞍部に到着。
地図を見るとトラバース道があります。
落ち葉でわかりにくそうな分岐でしたが、体力温存、迷わずトラバースしました。
烏帽子岳の登りとなるが、数人のグループで渋滞中。
かなり急なロープのある場所で苦労しているようです。

20180419ebm.jpg

まあ、焦らず周囲のアカヤシオを眺めながら順番を待ちます。
先行者が無事急な登りをクリアー。

20180419ebn.jpg

最後に岩場を少しトラバース気味に歩くとひょっこりと山頂に到着。
山頂は大賑わいで座る場所の確保ができそうにありません。
とりあえず山頂到着の記録写真を撮って、少し戻った見晴らしの良い岩場で休憩します。

20180419ebo.jpg

まずはアマチュア無線でCQ、CQ…
笠丸山では全く応答がなかったので不安だったが…
「JJ1HWM こちらは〇〇…」
いやあ、応答がありました。
その後も数局と交信、カード交換の約束も終わりホッとしました。

20180419ebp.jpg

お昼を食べたあと山頂も静かになったので改めててっぺんへ。
4人程がくつろいでいた。
三ツ岩を眺めると山頂付近はピンクっぽく見える。
まだアカヤシオは見頃なんかなあ?

20180419ebq.jpg

1時間以上くつろいでしまった。
では戻りましょう。
往路でパスしたマル
帰りもトラバースするとなんか気分がすっきりしない気がする。
休憩もたっぷりしたし、頑張って登り返しました。

20180419ebr.jpg

帰路は岩稜コースを通らず、横道を経由します。
最後の方は少し登り返しがあるが、途中ほとんどアップダウンはなく快適です。

20180419ebs.jpg

途中「おこもり岩」に立ち寄り一休み。
後は気持ち良い樹林帯をのんびり歩き登山口へ。

20180419ebt.jpg

以前のイメージとは違ってアカヤシオは少なく感じたが、楽しい岩稜歩きでした。
30℃にもなろうかという天気が続き、西上州のアカヤシオの季節も一気に終わるんだろうか?
次は袈裟丸山あたりでアカヤシオやシロヤシオ、シャクナゲかな?

アルバムです ↓


行程 5.6km、4時間32分
登山口P 9:46→10:39天狗岩10:48→シラケ山11:05→11:45烏帽子岳13:08→マル→おこもり岩→登山口P14:18









関連記事

コメントの投稿

Secret

にぎやかですねー

おはようございます。
笠丸山と違って天狗岩、烏帽子岳の方がずっと人が入っているんですね、烏帽子岳山頂は結構な広さですが人が多すぎればどうしようも無いですね。日曜はお世話になりました、阿寺山山頂位広ければそうとう人が多くても大丈夫でしたね😊、赤城の利久茶屋からバリルートがアカヤシオが良いらしいですよ。

夢創歩さん、こんばんわ
ほんと西上州の山、この時期は賑わいますねえ。
笠丸山は時間が早かったんでたった一人でしたが、烏帽子岳は賑やかでした。
アカヤシオもにぎやかだったらよかったんですが、つぼみもあったし今からってことだったのかも知れません。
赤城も袈裟丸も気になりねえ。
連休は所用があるので、そのあとに咲いてほしいです。
プロフィール

..kyou

  • Author:..kyou
  • 健康第一!
ブログ内検索
最近のコメント
カウンター
カテゴリー
過去ログ
救える命がある
クリックで救える命がある。