かぜのたより

日々の出来事を徒然なるままに

Top > 旅行 > 小江戸川越散策

小江戸川越散策

4月4日

時々テレビで見る川越の風景。
小江戸川越rともいううらしい。
かなり前、NHK朝の連続テレビ小説の舞台になった影響か、観光客が増え年間約700万を超える人が訪れているらしい。

20180404kwa.jpg

歴史ある建造物などの風情が魅力的であり、小旅行気分が味わえる。
日本的な情緒を求めて来られる外国人の方も多く見かけるようになったそうです。

20180404kwb.jpg

まずは川越城本丸御殿。
ここは日本名城百選の一つになっている。
平屋のお城で天守閣はない。
縁側に座って眺める桜の花びらがはらはらと落ちる姿は風情があった。

20180404kwc.jpg

次は隣接する美術館、博物館の見物です。
博物館では川越の職人と祭りなどをテーマとした蔵の構造や祭りの紹介ビデオを満喫。

20180404kwd.jpg

特に蔵の構造は勉強になった。
蔵で一番大事なのは火事への備えのようです。

20180404kwe.jpg

次は「川越祭り会館」
実際に川越まつりで曳かれる本物の山車2台を展示している。
滑車で上がり下がりする構造になっているらしい。すごいですねえ
展示の山車は定期的に入れ替えて展示するそうです。

20180404kwf.jpg

制作途中の山車もありました。こちらを見ると構造がよくわかります。
民間の方が自費で製作しようとしたらしいが、思い半ばで他界されたとのこと。
さぞ無念だったことと思います。

20180404kwg.jpg

展示コーナーには、川越まつりやお囃子の歴史を説明や関係資料を展示しています。
各地の祭りの写真もありました。
一番懐かしかったのは、博多で行われる「山笠」の写真 ↑
青春時代を過ごした山笠、いやあ、又見てみたい祭りの一つです。

20180404kwh.jpg

次は「唐津おくんち」の写真 ↑
乾漆で製作された巨大な曳山が、笛・太鼓・鐘(かね)の囃子にあわせた掛け声とともに旧城下町を練り歩く。
これもいろんな曳山が見事です。博多に住んでた時一度だけ見に行きました。

20180404kwi.jpg

↑これは大分県日田市の「祇園山笠」です。
高校生活を過ごした3年間下宿生活が懐かしい。
この頃はまだあまり祭りに興味はなかったが、何となく祇園山笠を見たような記憶はある。
他にも各地のいろんな祭りの写真が展示されており、中々見ごたえのある会館でした。

20180404kwj.jpg

さあ、町へ繰り出しましょう。
まず、菓子屋横丁。
あちこちの店から美味しい香りが漂ってきます。
江戸飴細工の店には子供たちが群がっていました。

20180404kwk.jpg

次は、小江戸川越の町並み散策です。
いやあ、昔にタイムスリップした風情です。
でも、気になったのは、通りを普通に車が走ってせっかくの風情が台無しです。

20180404kwl.jpg

当然歩行者も車も用心してるので問題はないが…
ちょっと残念。
これって平日だったからかな?

20180404kwm.jpg

でっかい蔵がありました。
大きな窓があります。
この窓は火事の時しか閉めないそうです。当時はですが、今はどうなんでしょう。

20180404kws.jpg

ひときわ高くそびえる川越のシンボル「時の鐘」
今も鐘の音を響かせ時を伝えているらしい。

20180404kwt.jpg

次は蓮馨寺
「おびんづる様」が鎮座していた。

20180404x.jpg

おびんづる様は、赤城へ行くとき見かけますがなんか関係あるのかなあ?
赤城のそこへ通じる道は、おびんづる街道とも呼ばれてる。
自分の痛いところとおびんづる様の同じところを触れば、治るらしい。
今は特に痛いところはないけど、あちこち触っておきました。

20180404kwq.jpg

最後は「川越大師喜多院」です。

20180404kwn.jpg

この日は非常に気温が高かった。
で、お疲れ気味…
由緒あるところらしいがさっと見学終了。

20180404kwr.jpg

春祭りでご披露するんでしょうか?
ご婦人方が踊りの練習をしていました。

さて次は氷川神社近くの桜並木見物へ…
神社の裏手を流れる新河岸川の氷川橋付近は、絶好の花見スポットらしい。

20180404kwo.jpg

和船に乗ってのんびり桜を愛でる。
何とも風情がありますねえ。
でも…
今年の桜は一気に咲いて一気に散ってしまった感じ。
ここの桜もほとんど葉桜だった。
散りゆく桜でも見れればと思ってたが、船に乗れるのはさくら祭りの週末だけらしい。

小江戸川越、なかなか風情のある町でした。
もう少し下調べしてたっぷり時間をとって楽しめればもっと充実していたかな?

関連記事

コメントの投稿

Secret

プロフィール

..kyou

  • Author:..kyou
  • 健康第一!
ブログ内検索
最近のコメント
カウンター
カテゴリー
過去ログ
救える命がある
クリックで救える命がある。