かぜのたより

日々の出来事を徒然なるままに

Top > 山歩き > 絶景! 小出俣山

絶景! 小出俣山

2018年3月4日

小出俣山~阿能川岳

数年前から気になっていた山
今冬季の目標でした。
皆さんのレポートをしっかり研究し、天気と体調が良ければ周回。
だめなら小出俣山だけでもと思っていた。

20180304omana.jpg

天気予報は晴れ!
これを逃すと所要もあり、また積雪も少なくなり多分今年はいけなくなるだろう。
よし決行だあ!
でも前日決定したためちょっと不安…
昨年歩いた経験のあるYさんに電話して色々教えてもらう。

20180304odmap_20180306204542d45.jpg
↑ クリックで大きくなります

周回するとなると、それぞれの登山口間移動をどうするか?
歩くか、それとも…
そうです、道路に雪さえなければ自転車を使えます。
そうするとどっちから登るかは考えるまでもなく川古温泉からとなります。
帰りは殆どペダル回さなくても良い下り坂です。
その分、登りの標高差は大きくなりますが…

20180304omanb.jpg

まずは仏岩トンネル付近の駐車場に自転車をデポし川古温泉登山口へ。
ゲートの締まった林道から出発。
林道歩き約1時間
どこから登るのかなあと踏み跡を探すがトレースはない。
地図を確認し、31番の標識(何の標識かわからないが)あたりから登り尾根に出る。
古いトレースを発見。
今日はまだ誰も登っていない様だ。

20180304omanc.jpg

それにしても急な登りです。
ただひたすら登るだけ。
どんどん登ります。
いやあ、ほんと急です。

20180304omand.jpg

でも、その急な登りを頑張ったご褒美が突然眼前に現れた。
絶景!
早く全景を見ようと疲れた体に鞭打って山頂へ急ぐ。

20180304omane.jpg

おおおおおお~っ、なんじゃこりゃああ!
いやあ、すばらしい!
谷川岳から仙ノ倉山へと続く谷川連峰主脈縦走路の山々が手に取るようです。

20180304omanf.jpg

誰もいない山頂でこの素晴らしい景色を独占。
感動!
初めて見る景色、いやあ、すごい!

20180304omang.jpg
↑ クリックで大きくなります ど~んと大パノラマ!

この景色を見ながらアマチュア無線でCQを出す。
応答して頂いた最初の局は、日白山からとのこと。
いやあ、すばらしい景色ですねえとお互い谷川岳を眺めながらの交信は楽しいです。
他にも数局と交信
標高が高いと電波はよく飛びます。
横浜の局が強く混信しているが全く問題なくどの局も59-59でした。

20180304omanh.jpg

天候も体力も問題なし
予定通り阿能川岳周回とします。
トレースは全くなし。どっから下るのかなとちょっと不安。

20180304omani.jpg

結構急な山肌を下ると阿能川岳へと続く尾根歩き。
振り向くと急な下りは右側の木々のある方から下れば安全だったようです。
上から見た時は、雪庇があったらと思うと踏み出せず、見える方を下った次第です。

20180304omanj.jpg

もしかしたら逆回りの登山者と出会えるかなと思ったが…
誰に出会わずトンネル側からの登山口と合流。

20180304omank.jpg

山頂方面を見ると二人の登山者です。
今日初めて出会ったお二人。
人恋しくなったわけではないが、情報交換諸々でおしゃべり。
この方今はQRTのようだが、無線の免許を持っていること。
いつか交信できるといいですねと挨拶しお別れです。

20180304omanl.jpg

もう登ってくる人もいないようで山頂独占!
阿能川岳からも中々素晴らしい展望です。
でも、どっちかというと小出俣山からの方が良かったですが。

20180304omann_20180306211735c42.jpg

ここでも無線でCQCQ。
最後の局と話してる最中、電池切れ
あわてて予備の乾電池パックに交換。
5Wから0.3Wの送信出力になったが全く問題なしでした。
最初からミニパワーでもよかったかなとちょっと反省。

20180304omanu.jpg

景色と無線を堪能、ちょっと長居してしまったかな?
予定より約50分の遅れ。
先ほど会ったお二人が言ってた「中々大変なコースだった」というのは気になりますが…
まあ、今迄の時間を考えれば予定時間までには下山できるでしょう。

20180304omano.jpg

さて下山しましょう。
気温が上がって雪は根腐れ状態。
ワカン付けててもズボズボと歩きにくい。
時々踏み抜く個所も…

20180304omanp.jpg

眼下に関越道谷川パーキングが見えた。

20180304omanq.jpg

そして細かいアップダウンが多く、中々標高が下がらず疲れがたまっていきます。
長い長い尾根歩き、いやあ、ホント嫌になってきました。

20180304omanr.jpg

時々現れる岩を巻こうとするとちょっと藪こぎって感じで歩きにくい。
ドッコイショと必死の思いで乗り越えるところもあった。
こっちから登るのは大変だろうなあって感じ。

20180304omant.jpg

ようやく鉄塔に到着。
そこからもう少しかなと思ったが、トンネルの上を越えてグルット回り込む感じの登山道。
これが意外と遠く感じます。
え~また登るの~…

20180304omans.jpg

ようやく上りがなくなると、今度はジグザグの下り。
山頂で出会ったお二人と再会です。
道は見えてるのでストレートに近道して下りました。

いやあ、下りはつらかったというのが感想です。
お二人にお別れの挨拶して、デポしてた自転車でビューンと登山口へ戻る。
トンネルが緩い登りだったがあとは快適な下り。
18分位で到着でした。

アルバムです ↓


帰路、高速利用しようと思ったが赤城~月夜野あたりで18kmの渋滞とのニュース。
高速をあきらめ一般道を走る。
しかし、こちらものろのろと渋滞。
山歩きより疲れました(*_*;

行程 約14km、10時間9分
川古温泉6:20→尾根取付き→10:14小出俣山11:15→12:43阿能川岳13:47→三岩山→16:28仏岩登山口

関連記事

コメントの投稿

Secret

最高でしたね

こんばんは。
いやーすごいですね、去年の事が蘇ります。小出俣山から谷川のマナイタグラはすぐ行けそうでしょう、(#^.^#)。阿能川岳の方が遠い感じですね。あの尾根歩きは稜線漫歩独り占めとは贅沢の極みですね。大きな踏み抜きも無かったようで良かったです、阿能川岳では腰まで落ちたのは3度程あります。そういえば小出俣山を昔谷川岳と呼んでいたようです。阿能川より小出俣山の方が距離が短くていいですかねー?お互い無事で楽しめて良かったですね。

そうですね、小出俣山の方が私も好きです。それにしても周回は大変だったと思いますが、下山しての自転車も川古温泉までは結構大変だと思います、日頃乗り慣れている方は違いますね。先日 阿能川へは谷川本谷尾根を登って行きましたが、途中で足が攣れてきて敗退しました。
オイデマタ と言っていますから、またどうぞ・・・。

夢創歩さん
ほんと素晴らしかったです!
今迄で一番いい景色かも?
長い急登のあとに突然出現する景色に感動でした。
阿能川岳からだったら、途中で時々景色が見えるので感動も薄れるのかも…
阿能川岳は今回下りに使っただけですが、中々標高が下がらず、そしてだらだらと長い…
小出俣山へ登り阿能川岳、そして三岩岳あたりから小出俣山側の林道い向かって尾根を下るのが面白そうです。
もっとも正規のコースでなく行けるかわかりませんが…

インレッドさん、こんばんわ
初めての山だし周回は無理かなとの思いもあったんですが…
小出俣山に着いた時点で体力気力天候も申し分ないので、これならいけると確信しました。
いやあ、ほんと素晴らしい景色でした!
川古温泉までの自転車は全く問題なしでした。
トンネルが緩やかな上りで、そこさえ少し頑張ればあとはずっとペダルこがずで下れました。
所要時間は15分ちょっと位でした。
オイデマタ…ハイ、次行くとしてもたぶん小出俣山への登りを選ぶかも?
仏岩からの阿能川岳往復は辛いだけと思いました。
私の性分には合わないようです(*_*;
本谷尾根は次の候補に色々調べてみたいと思います。

湯宿は暑い温泉

私はまだ入った事がないので言うのをためらったのですが川古温泉から戻る途中に湯宿温泉がありますが4時過ぎ(?いつでも良さそう)だと100円以上の寄付で入浴できるそうです。少し熱い湯らしいです。途中三岩岳の下の急登り(下り)トレースが無いと巻くのが大変ですね。

夢創歩さん、こんばんわ
湯宿温泉ですか、私は気が付きませんでした。
100円の寄付で良かったら懐にも優しい湯ですね。
次に機会があったら温まって帰りたいです。
三岩岳付近から1025m方面の尾根の下り、
何度か眺めて地形をしっかり確認する必要がありそうですね。
来年の楽しみかなあ

おはようございます🎵

阿能川岳山頂ではありがとうございました🎵
素晴らしい1日でしたね。
インレッドさんとも、お知り合いなのですね。いつも参考にさせていただいているのです。山での出逢いは、とっても嬉しいです。

素晴らしい天気でしたね

まなさん、こんにちわ
小出俣山経由で誰にも会わなかったので、阿能川岳でお二人に出会った時はほっとしました。
人恋しくなり、下山途中なのに相手して頂きありがとうございました。
あの素晴らしい景色を短時間でも共有できてよかったです。
ヤマレコの記事読ませていただきました。

インレッドさんとは会ったことはありませんが、ブログでのお付き合いで色々と情報をいただいてます。
またどこかの山で出会えると嬉しいですね。
とりとめのないブログですが、暇つぶしにでもたまに覗いてもらえればと思います。
では今後もお互い安全で楽しい山歩きを堪能しましょう。
プロフィール

..kyou

  • Author:..kyou
  • 健康第一!
ブログ内検索
最近のコメント
カウンター
カテゴリー
過去ログ
救える命がある
クリックで救える命がある。