かぜのたより

日々の出来事を徒然なるままに

Top > 山歩き > 快晴の上州武尊山

快晴の上州武尊山

2018年2月14日

いやあ、こんな素晴らしい天気の山歩きはそうそうないかもね。
上州武尊山何度か歩いてるが大満足の山歩きでした。

20180214jhka.jpg

上州武尊山、この時期スキー場のリフトを利用すれば雪山気分をたっぷり堪能できる。
そそりたつ剣ケ峰、そしていくつかのアップダウンを重ね標高を上げ、最後に急登をひと登りで山頂に到達だ。
山頂から眺める山々の景色は感動ものである。
そんな上州武尊山、この時期定番となりつつある。

20180214jhkmapa.jpg
↑ クリックで大きくなります

そんな楽しい上州武尊山だけど、標高2,000mを越える雪山です。
剣ケ峰からの下りは雪のつき方によってはかなり危険。
極寒、強風や視界不良などの悪天候や降雪直後は登りたくない。

20180214jhkb.jpg

天気予報は晴れ!
前日夜に決定、急いで山行計画書を作成し準備します。
朝、予定通りいい天気。
川場スキー場までの道路は凍結もなくほぼ予定通り到着。

行きはスキー場のリフトを2本利用してラクチン登山です。
下山はスキーでビューンと下る予定。
チケット売り場で自前の山行計画書を提示すると、「所定の用紙に書いてください」とつれない返事。
昨年は受理してもらったけどと伝えると「今年から変わりました」とのこと。
記入内容はそう変わらないけど、安全対策上やむを得ないんだろうね。
素直に所定の用紙に記入し、リフト片道(2回分)1,000円+ICカード保証料500円を払います。
保証料は下山後カードを返却すれば戻してもらえます。

20180214jhkc.jpg

ビューンとラクチンに標高1,870mの登山口に到着。
スキーや靴、ヘルメットは登山口の隅の方にデポします。
同じようにスノボーをデポして出発していく男性がいました。

今日は最初から12本爪アイゼン装着。
平日だが結構多く入山しているようなんでかんじきも不要かな?
でも、雪の状態や体力、天候によっては中ノ岳まで行きたいしなあ
そっちはトレース少ないだろうからとかんじきは持っていくことにした。
剣ケ峰からの下りの状態もわからないのでピッケルも持っていきます。

20180214jhkd.jpg

さあ、出発!
最初から急な登りです。
ふかふかの雪ですが先行者のお陰でトレースはばっちり。
急登を終えると眼前に剣ケ峰がそびえる。

20180214jhke.jpg

トレースもあって登りは危険なこともなく剣ケ峰着。
いやあ、この景色、最高。
ぐるっと見渡せば真っ白な山々が見えます。
素晴らしい天気で感動の景色です。

20180214jhkf.jpg

さあ、本日一番と思われる危険個所、剣ケ峰からの下りです。
トレースもあり、雪の状態も問題なくピッケルを使用することなく下れました。
そこからはアップダウンを繰り返し徐々に標高を上げていきます。
先頭はどのあたりかなと目を凝らす。
かなり遠くに登山者発見、その先にトレースは見えない。

20180214jhkg.jpg

トレースのお陰で快適なスノーハイクです。
剣ケ峰の景色はこのコースで一番の見どころかな?
何度も振り返りながら少しづつ姿を変える剣ケ峰を眺める。

20180214jhkh.jpg

4人組+1名が休憩していたので「先頭ですか?」と尋ねる。
「いや、前に一人います」とのこと。
たぶんこの方たちがトレースを付けてくれたんでしょう。
お礼を言って先に進む。
よく見ると単独の男性が見えた。

20180214jhki.jpg

じきに追いつき「トレース利用させてもらいました」と言葉をかける。
「あれっ、登山口で出会った人?」との返事。
いやあ、スノボーをデポして先発した横浜から来たという男性でした。
「先に行っていいですか?」と声をかけると「どうぞ」ってことだったので先に進む。
最後の急登、少し左向きにトレースをつけながら進む。
そして稜線に出るとわずかで山頂到着。

20180214jhkj.jpg

山頂には誰もいません。たぶん本日一番乗りでしょう。
しばし展望を満喫。
天気もいいし、体調も問題なし、時間も大丈夫だな?
よし、中ノ岳へ行こう!
少し斜面を下り始めるとズボっと膝上あたりまで埋まる。

20180214jhkk.jpg

これじゃツボ足は無理だなとかんじきの出番です。
アイゼンを付けたままかんじき装着。
時々深みにはまります。
もがきながら脱出、稜線の風の強そうなところは雪も絞まっており問題なし。

20180214jhkl.jpg

振り返って自分のつけたトレースを眺める。
最高の気分。
おや、一人こちらに歩いてくるのが見えますねえ
最後の急坂を頑張ると中ノ岳です。
こちらから眺める上州武尊山は中々いい形をしてます。

20180214jhkm.jpg

単独男性が到着。
一緒に山座同定です。
男性は風を避け、お昼にする模様。
では、お先に上州武尊へ戻ります。

20180214jhkn.jpg

途中お二人の方とすれ違い、わずかで山頂着。
山頂はまだ賑わってます。
邪魔にならない様、少し離れた場所でアマチュア無線でCQを出します。
3局と交信、そのうち一人は前回子持山で交信してもらっ局長さんでした。

20180214jhko.jpg

さて下山しましょう。
帰りは意外とつらいんです。
アップダウンを繰り返しながら最後のピーク、剣ケ峰への登りとなる。

20180214jhkp.jpg

頑張って剣ケ峰てっぺん到着。
高崎や埼玉から来たという4人組の方と「素晴らしい景色ですねえ、下るのがもったいないね」と言葉を交わす。
お二人は初めての上州武尊山とのことでした。
こんな天気に恵まれて良かったねえ、感動もひとしおでしょう。

20180214jhkr.jpg

そこからは一気に下り登山口到着。
さあ、今日もう一つのお楽しみ、ビューンとスキーでの滑走です。

20180214jhks.jpg

と言っても今年まだ二回目、
初心者の私は当然初心者コースで。
最大斜度約16度、約3.3km。

20180214jhkt_201802161158416be.jpg

いやあ、気持ちいい!

でも、平日なのに結構多いスキー&スノーボーダー
迷惑かけないように人の少ない時を見計らってゆっくり滑ります。
途中、前を滑る男性が制動効かずコース外へスピンアウトし転倒。
大丈夫?と声をかける。

20180214jhku.jpg

もがいて立ち上がりコース復帰したが、またコースから外れ、立ち木に接触し転倒…
中々立ち上がらないのでまた「大丈夫?」と声をかける。
痛そうにしていたが怪我はしていないようだとのことで一安心。
いやあ、無理は禁物ですねえ。
以後、より慎重に滑り、駐車場に到着しました。

アルバムです↓


行程 6.3Km、4時間35分
登山口9:22→剣ケ峰9:50→10:53武尊山11:05→
11:38中ノ岳11:55→12:23武尊山13:00→剣ケ峰13:40→13:57登山口
関連記事

コメントの投稿

Secret

羨ましいなー

kyouさん こんばんは。
すごい続けて頑張ってますねー。北横岳も良いけど上州武尊山もいいですよねー。近いので私は毎年行ってます。でもヤマトタケル像までで中ノ岳は行った事がありません。中ノ岳からの眺めもいいですね、今度行けたら行ってみたいです。武尊の帰りは私もいつもスキーです、駐車場が只はいいですね。

やっと14日のショックから解放されたようです。またチャンスを狙います。

夢創歩さん、こんばんわ
いやあ、行くなら今日しかないって感じの天気でした。
中ノ岳へはトレースがなかったので楽しかったです。
上州武尊の山容も、剣ケ峰から見た形と違って中々いいですね。
私のスキー技術は未熟ですが、夢さんは格好良く滑るんだろうなあ
私もそろそろ谷川岳行きたいです。
田尻コース滑ってみたいけど、上級者コースは無理かもね

素晴らしい日でしたね

見事ですねー
でも、これだけモフモフを進むのはkyouさんだから出来ることですね。
ここに自分だけの足跡なんて、素敵だなー

谷川岳よりもきつそうですが、行きたいです!

えみ丸さん、おはようございます。

素敵でしょ~。実際に見たら更に感動しますよ。
ぜひ歩いてみてください。
剣ケ峰の下りと、雪庇への近づきすぎさえ気を付ければ大丈夫と思います。
全体的には谷川岳よりは楽だと思います。
ただ帰りにアップダウンがあるんで、
下り一辺倒の谷川岳より気分的には疲れるかも(*_*;
それも絶景が癒してくれます

ただ天気が悪そうな時は行かない方がいいです。
楽しめないし危険かも…
プロフィール

..kyou

  • Author:..kyou
  • 健康第一!
ブログ内検索
最近のコメント
カウンター
カテゴリー
過去ログ
救える命がある
クリックで救える命がある。