かぜのたより

日々の出来事を徒然なるままに

Top > アマチュア無線 > あれっ?

あれっ?

先日、浅間の黒斑山に登った時、数局と交信しましたが…
その時、あれっと思ったことが二つ。

一つ目は、ハンディー機の液晶が見にくく、「あれっつ、液晶おかしくなった?」と思ったことです。
たぶん寒さのせいでしょう。下山後は問題ありませんでした。
山頂は-19℃位あったよ~と 他の登山者の方の話でした。
確かに寒かった!
それに風の強いところの体感温度はまだ低そう。
そんなところで(といっても山頂より少し下ったところですが)登頂記念にCQを出し数局交信。
そのとき、液晶の見にくさに気が付いた次第です。

20180211a.jpg

手がかじかみそうになりながらも数局と交信は無事終了しました。
素手じゃあやばいな…次は薄手の手袋でも準備しなくっちゃ凍傷になるかもなんて思いました。
自分の体もそうですが、無線機の防寒対策も考えなきゃいけないような気がします。
帰宅後仕様書を見たら「-20℃~60℃」までとなってました。
ギリギリでしたねえ…

まあ、そこまで寒いところで度々交信しないとは思いますが…
あまり気温が低いと、無線機の性能にも影響あるかもって思った次第です。
でも、映画なんかで極寒のエベレスト登山なんかで使用してるシーンをたまに見ます。
特に防寒対策は必要ないんじゃないかもねなんて思ったりもしてます。


二つ目のあれっ?ですが…

交信中「JJ1HWM/1 黒斑山」と移動地を伝えたんですが…
相手の局長さんから「群馬側ですか?長野側ですか?」と問われました。
私は、/1とてっきり思いこんでいたのですが、「長野です /1黒斑山」と答えました。
帰宅後、「あれっ長野は/0だよねえ」と間違いに気づきました。
調べると、黒斑山は群馬と長野の境界線上にあるようです。
そうすると、「/1 群馬側の黒斑山」と言えばよかったのかなあとも思いました。
でもみんなの感覚はやはり、黒斑山は長野県のような気がします。
これはアワードなど集めてる方にとっては、重要な項目であり大変失礼したなあと反省しているところです。

20180211b.jpg

summits On The Air日本支部HPには、該当の黒斑山は
「JA/NN-204 kurohuyama」となっており、長野県で登録されています。
山岳ポイントは10ポイントのようです。
またその山の山頂からという場合、山頂の標高から25m以内の標高が下がった場合でも
山頂でOKとしているようです。
これは私有地などもあって本当の山頂に行けない場合などもあるからとのことらしいです。
なるほど~、三角点にたどり着けない月山あたりも該当するんだろうなあ

みなさんは、「〇〇山頂から」と伝えるとき何らかを基準にして伝えてるんでしょうか?
まあ、アワードなどに使う場合はそのアワードの規定に準じなければならないでしょうが。
普段の交信ではそれほど意識しなくてもいいような気もするんですが…
関連記事

コメントの投稿

Secret

プロフィール

..kyou

  • Author:..kyou
  • 健康第一!
ブログ内検索
最近のコメント
カウンター
カテゴリー
過去ログ
救える命がある
クリックで救える命がある。