日々の出来事を徒然なるままに

かぜのたより

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全ての記事を表示

運動しましょう

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

最近の記事


月山 初冠雪?

のんびり山歩きの旅 東北編

月山
2017年10月4日

鳥海山から下山したが、天気は下り坂。
やはり明日の月山は無理かな?では酒田のホテルで一泊し休養としよう。
翌日は市内観光し、夕方「道の駅 月山」へ移動。
寂しい道の駅だったが、ワインの生産工場を見ることができた。

20171004gsma.jpg

深田久弥氏の日本百名山「月山」の1節である。
「優しく----それが月山である。北の鳥海の鋭い金字塔と対照するように、それは優しい」
田山花袋の「山水小記」に「ある夕方峠道を下って行くと、広い野の果てに、連亙した群山の上に、
ちょうど月が半輪を空に現したような大きな山の姿を眼にした。
それが月山と知って、彼は1日の疲れも忘れて、その夕暮れに染まった遠い山に見入った」とある。

8月、hiroと観光で山形へ行ったおり、8合目まで車で行き弥陀ヶ原を散策した。
散策路を歩いただけだが、散策路付近や山頂へと続くなだらかな山道は気持ちよい山容であった。
今回は弥陀ヶ原からにするか、姥沢からにするか悩んだが…

20171004gsme.jpg

天気予報は相変わらず良くない。もしかしたら午後からは雪になるかもとの予報
今回の「のんびり山旅」は天候不順。後半はずっといまいちの予報が続いている。
本当は晴れた日に歩きたい山だったが…
もう後に伸ばすことはできない。
らくちんなロープウエイ利用で早い時間に登ろうと姥沢からピストンとした。

20171004gsmc.jpg

ロープウエイの車窓から、そして姥ケ岳迄は素晴らしい景色だったが…
月山へと続く優しい稜線の先はどんよりとした雲に覆われていた。
晴れてたら気持ちいいだろうなあと思いながら稜線を歩くが次第に風が強くなる。

20171004gsmd.jpg

視界がなくなり、樹氷を眺めながらの登りとなった。
途中から雪となる。
寒さに震えながら着いた月山神社。
一等三角点はどこにあるのかなあと探すが見当たらない。
神社の周りをうろうろと探すが、立入禁止のロープも張られている。
もしかして三角点は「聖域月山神社」のなかにあるんだろうか?

20171004gsmb.jpg

雪と風はどんどん強くなる。
三角点には出会えなかったが、とりあえずここでいいやと登頂記念撮影
さて下山しよう。
石ころや木道の道は滑る。
急いで下山しロープウエイで山麓駅へと下る。
ストーブで暖をとる。いやあ、極楽極楽。
「優しい山 月山」の山容を見ることはできなかった。
ここもまた再訪したい山となってしまった。

アルバムです ↓


以前記した山行記はこちら  ↓
初冠雪の月山

翌日、「月山初冠雪」のニュースが流されていた。
次は朝日岳の予定だったが行程が長く天気の悪い時は厳しいだろう…
じゃあラクチンな蔵王山を先に歩いてこようかな?

関連記事
<<  | ホーム |  >>

プロフィール

..kyou

  • Author:..kyou
  • 健康第一!

ブログ内検索

過去ログ

カウンター

救える命がある

クリックで救える命がある。