かぜのたより

日々の出来事を徒然なるままに

Top > 山歩き > 西沢渓谷

西沢渓谷

2017年11月1日

西沢渓谷

大菩薩嶺で富士山を眺めたあとは、西沢渓谷で紅葉と滝を眺めよう。
下山後西沢渓谷へ向かう。
この時間じゃ駐車場があいてるかなあと心配だったが…
ちょうどおじさんが「ここ開けるからどうぞ」と譲ってくれた。
おじさんは、少し上の有料駐車場に止めるとのことでした。
有難うございました。

20171101nzkma.jpg

西沢渓谷は1周約10km
甲武信ケ岳の徳ちゃん新道登山口を過ぎるとすぐに西沢渓谷入り口の表示。
大正から昭和にかけての登山家、田部重治氏の「笛吹川を遡る」という文学碑が立っていた。

20171101nzkmb.jpg

先日の台風の影響で、水量が多く滝も豪快に流れ落ちている。
前後しながら歩いていた人によると、この水量で滝の雰囲気・趣がいまいちだ…と言っていた。

20171101nzkmc.jpg

この男性、何度も通ってるということだから、たぶんそうなんだろう。
まあ、初めて訪れた私は美しい景観に大満足だったが…

20171101nzkmd.jpg

軽いハイキングコースと思う油断があったのか、なんと靴を履き替えるのを忘れ運動靴で来てしまった。
なんか今日は足取りが軽いなあと思っていたが…
渓谷の入り口まで来てようやく気付く始末。困ったもんだ。(*_*;
普通の運動靴ならまだいいが、スリッポンの靴で、かかとが柔らかくいまいち不安定。

20171101nzkme.jpg

いやあ、まいったね。
履き替えに戻るにはちょっと遠いなあ…
周りの人達を見ると、運動靴や普段履きの靴らしき人達も結構見かける。
ま、いいか…
グチャグチャだったり、結構な登りだったり、濡れた岩場だったりといまいち歩きにくい。
ちょっと歩きにくいけどこのまま先へ進みましょう。

20171101nzkmf.jpg

片側が切れ落ちた狭い道や急な階段もあるが、鎖を持ち慎重に歩けば問題ない。
濡れた岩などはスリップ要注意だ。
時々慎重すぎるような方もいて渋滞個所もあった。

20171101nzkmg.jpg

三重の滝、七ツ釜五段の滝など徐々に高度を上げながら眺めていく。
まだ4kmほどしか歩いてないのに結構疲れます。
不動の滝を過ぎると「西沢渓谷終点まで100m」の表示があった。
木の階段の急登です。
前を行く中年の女性が「軽いハイキングって聞いたけど、大変だあ~」と息を切らしながら頑張っていた。

20171101nzkmh.jpg

階段を登り終えるとたくさんの人が休憩していた。
トイレやベンチがあり、眼前には鶏冠山や木賊山の景観が素晴らしい。

20171101nzkmi.jpg

そのあとはほぼ平坦な道で紅葉など眺めながらの歩きした。

20171101nzkmj.jpg

アルバムです ↓


行程 9.5km、3時間13分
駐車場11:24→三重の滝→七ツ釜五段の滝→駐車場14:37

20171101nisimap.jpg
↑ クリックで大きくなります


関連記事

コメントの投稿

Secret

すばらしいですね

こんばんは。
大菩薩嶺から西沢渓谷の両方を楽しんでしまうとはkyouさんの健脚ならではですね。やっぱり有名処はすごいんですねー。人も多そうですが1度は行って見る価値が有りそうです、紅葉と滝の写真が綺麗です。いつか1泊2日で行ってみたいです。乾徳山は行った事があるのですが近いですよね。

夢創歩さん、またまたこんばんわ
両方歩いてもそれほど高低差はないし、夢創歩さんも歩けると思いますよ。
ただ渓谷は混みあってる時は、道が狭いところが多いので時間がかかるかも…
乾徳山、行ったことないんですよ~
いつか歩いてみたいです。
プロフィール

..kyou

  • Author:..kyou
  • 健康第一!
ブログ内検索
最近のコメント
カウンター
カテゴリー
過去ログ
救える命がある
クリックで救える命がある。