かぜのたより

日々の出来事を徒然なるままに

Top > 山歩き > 谷川岳

谷川岳

2017年10月27日
谷川岳

沢めぐりを満喫した後は 、ちょっと谷川岳に登ってこよう。

20171027tma.jpg
↑オキの耳への鞍部から望むトマの耳

沢めぐりでのんびりしすぎたので、ラクチンなロープウエイで天神平へ。

20171027tanimap.jpg
↑ クリックで大きくなります

この時期、紅葉目当ての観光客も多いです。
ロープウエイから眺める中腹辺りが見頃かな?

20171027tmb.jpg

上の方はもうすでに葉が落ちてしまっていた。
天神尾根から登るのは久しぶり。
何時も天神尾根から田尻尾根は下りの利用。
ロープウエイ使うのも久し振りです。

20171027tmc.jpg

今から登る谷川岳頂上辺りは、快晴、雲一つない青空です。
天神尾根ってこんなにきつかったかなあ…
たぶんMTBでの沢めぐりで結構足に疲れが残ってるのかもね

20171027tmd.jpg

平日なのに決行う登山者が多い。
肩の広場で年配の女性が「アイタタタタッ…」と顔をしかめて横たわっていた。
足が攣ったそうでご主人だろうか、必死に足首を押していた。

20171027tme.jpg

順調に登り、トマの耳到着。
親切なおじさんが登ってくる人々に「はい、写真撮りますよ」と声をかけている。

20171027tmf.jpg

お願いしま~すと登頂記念撮影。

西黒尾根を見ると日陰の斜面に先日の雪の名残。
いよいよ山も冬化粧に変わっていくんですねえ

20171027tmg.jpg

今度来るときは真っ白な谷川岳に来たいなあ
さて、オキの耳に向かいます。
ここも沢山の人。
今日は展望がばっちり!

20171027tmh.jpg

360度見えま~す。
でも、ちょっと靄っとしてて富士山が見えませ~ん。
群馬当たりの山から富士山が見えるとテンション上がるんですよねえ(^^♪

20171027tmi.jpg

埼玉から来たという方としばらく山談義。
のんびり展望を満喫しながらお昼です。
おにぎりだけどね。

さて、下山しましょう。
下りは西黒尾根。

20171027tmj.jpg

こちらから眺める一ノ倉あたりの岩峰、いいですねえ。
中々迫力ある景色です。

20171027tmk.jpg

いつもは登りに使う西黒尾根。
岩場や鎖場の下りはやはり登る方が楽ですね
下る方が怖かったです。

20171027tml.jpg

最後は終わりかけの紅葉を眺めながらの下りです。
水場付近で、手袋の落とし物発見。
登山指導センターに届けて本日の山歩き終了。

アルバムです↓


行程 4時間37分、約8.3km
天神平10:08→天神尾根→トマノ耳11:45→12:00オキの耳12:30→西黒尾根→ラクダの背13:28→駐車場14:45




関連記事

コメントの投稿

Secret

こんにちは。
谷川岳国道沢歩き(沢乗り)芝倉沢までmtbですって、無理でしょう??そういえば桐生の若者が清水まで自転車担いで行ったのを前見たことを思い出しました。紅葉は太陽が当るかどうかポイントですね、そこから今度は谷川岳ですか、すごいなー天気が良すぎて雲が欲しかったですか、難しいですねー。下の方の山肌が紅葉の盛りですね、巌剛新道がいいかもですね。マチガ沢の展望台まで行って見ようかなーと思いました。

夢創歩さん、こんばんわ
国道ですから、頑張れば芝倉沢までは行けますよ
芝倉沢出合から先は石ころが多かったりぬかるんでたりもありましたが(*_*;
この沢めぐりは午前中じゃないと、仰る通り日当たりが悪いんですよねえ。
で、登る前に見に行きました。
厳剛新道は崩落も多く危険と書いてましたよ。
谷川岳は何度も登ってるんでもう感動も薄くなりました(*_*;
まあ、晴れてたから登ったという次第です。
主脈縦走か馬蹄型にまた挑戦して感動を味わいたいです。
プロフィール

..kyou

  • Author:..kyou
  • 健康第一!
ブログ内検索
最近のコメント
カウンター
カテゴリー
過去ログ
救える命がある
クリックで救える命がある。