かぜのたより

日々の出来事を徒然なるままに

Top > 山歩き > のんびり山旅 大台ケ原山(2017/6/16)

のんびり山旅 大台ケ原山(2017/6/16)

2017年6月16日

大台ケ原山

この山を歩いて雨に遇わなかったらかなり精進のよい人らしい。
町で1年かかって降る雨がひと月余りで降ってしまうとのこと
↑ 深田久弥氏「日本百名山」、大台ケ原山より抜粋

私が歩いた日は、梅雨時期にもかかわらず快晴!

20170616odhma.jpg

もう歩いた日から4ケ月も経ってしまった…
梅雨時期だったのに今はもう秋…
先日は東北の山旅を終えたのにねえ…
でも、ご勘弁下さい。
一応記録は残しておかないとってことで、アルバムをまとめました。

大台ケ原山。
登山というより最初は散歩って感じで、気持良い樹林帯の中を緩やかに登り日出ケ岳を目指す。
でも…
散歩という気楽な感じじゃない。

20170616odhmb.jpg

クマよけの鈴を二つ、そしてラジオも鳴らしながら歩きます。
というのも…
登山口の駐車場にもう少しというところの車道で、クマに遭遇したんです。
うわあ~とびっくり!
クマもびっくりしたらしく、山肌の斜面に向かってのっしのっしと去っていった。
そんなこともあって、鈴ふたつとラジオの重装備になった次第です。

20170616odhmc.jpg

登山道自体は勾配も少なく、のんびりとシロヤシオなど眺めながら歩きます。
こんなにシロヤシオが多いとは思ってもいなかった。いやあ、すごいね。
そして今日は、バードウオッチングも楽しみます。
双眼鏡持ってのんびり歩き
野鳥の声が賑やかです。
でも、なかなか見つけられないんだよね。

20170616odhmf.jpg

途中であった、野鳥の写真を生活の糧にしてる人と鳥撮り談議。
なかなか見つからないけど、鳴き声はするんで、じっっくり探すしかないねだって…
コマドリも声がしてましたよだって。

20170616odhmh.jpg
↑ビジターセンターにて
鳴き声が馬のいななきに似ているところから駒鳥(コマドリ)の名がついたんんだって
そう言えばヒンカラカラカラって感じの声、聞こえていたような…

それより、クマの話が参考になりました。
鈴やラジオは、効果はいまいちかなあ?。
その音で、自分もクマの気配に気づきにくいし…
「ホーッ、ほ~ッ」と時々叫ぶ方がいいらしいよとのことで実際声に出して教えてもらった。
これは熊の専門家から聞いた話だけどということだった。
それ以後、単独の山歩きの時は草むらに潜んでるクマにそんな声をかけるようにしています。

20170616odhmd.jpg

大台ケ原で唯一、山を歩いたぞ~という気になったのは大蛇嵓
その岩の先に立つと吸い込まれそうな絶壁。
対面に見える岩壁や滝、山肌にはアカヤシオやシロヤシオ。
そして、分岐にも戻り、急坂の下り。
シオカラ谷まで下って、吊り橋から結構な急坂を登る。

ラクチンな散歩程度の山と思ってたのに…
距離はそう長くはないが、最後にたっぷり汗を絞られたなあって感じで駐車場に戻った。

アルバムです↓


行程 7.91km,4時間45分
駐車場6:41→7:29日出ケ岳7:57→正木ケ原8:51→9:36大蛇嵓10:17→
シオカラ谷→駐車場11:26

さて次は大峰山(八経ケ岳)へ向かいます。






関連記事

コメントの投稿

Secret

プロフィール

..kyou

  • Author:..kyou
  • 健康第一!
ブログ内検索
最近のコメント
カウンター
カテゴリー
過去ログ
救える命がある
クリックで救える命がある。