かぜのたより

日々の出来事を徒然なるままに

Top > 山歩き > 西吾妻山

西吾妻山

のんびり山歩き 東北編 「西吾妻山」
2017年10月7日

終日雨とガスの中での登山でした。

山を眺めると濃いガスで視界はなさそう。
天気予報は、雨予報だし…
やめるかなあとロープウエー駅で待機してると、意外と乗客がやってくる。
こんな日にみんな頑張るなあ…
よし、リフト利用すれば登りは少しだし、登るかあ。

20171007naa.jpg

登りはロープウエーとリフト3本を乗り継ぎラクチンです。
しかし、乗ってる時から既に雨具はびしょびしょ。

20171007nab.jpg

乗車時間は全部で40分くらいかかり、寒かった~
終点は北望台。
名前からして、天気良ければ景色いいのかなあ?

樹林帯を過ぎ石のごろごろしたカモシカ展望台。
ここからも西吾妻山が望めるらしいが…
折角だから人形石を見てこようとちょっと回り道。

20171007nac.jpg

たどり着いた人形石は、何の変哲もない大きな岩だった。
あれっ、どっちかなあと登山道を探していると単独の男性が現れた。
大阪から来たという。
このあと山頂まで抜きつ抜かれつでご一緒することとなった。

20171007nad.jpg

いったん下ると大凹。
夏は花が綺麗なところらしいが今は草紅葉。
きれいな草紅葉もガスと雨の中ではいまいちです。

20171007nae.jpg

ただひたすら視界の悪い中を歩き、山頂を目指す。
所々川のように水が流れる登山道です。

20171007naf.jpg

大きな岩が積み重なる梵天岩に到着
そして天狗岩となり、小高いところに東神社がボヤっと見えた。
単独の男性が雨宿りしていた。

20171007nag.jpg

帰路の若女平への分岐を過ぎると右手に西吾妻小屋。
帰りに寄ることにいて山頂を目指す。

20171007nah.jpg

こんな天気でも歩く人いるんですねえ。
山頂手前で団体さんに遭遇。

20171007nai.jpg

木々に囲まれた展望もない質素な山頂。
記念写真撮ったらサッサと下山しましょう。
途中、西吾妻小屋によって一休み。

下山は若女平コースです。
最初は大変でした。
岩石がゴロゴロしてる上に、小川の状態…

20171007naj.jpg

水に浸かるのを避けようと変な格好で下ってると濡れた石で滑ります。
緊張の連続で疲れが増幅する。
こんな道を単独の男性がテント装備を背負って登ってきた。

大変だったろうなあ…
「まだまだ、この川のような状態は、表示の〇番辺りまで続きますよ~。」とのこと
お返しに、「この上もずっと同じ状態で~す」とご挨拶。

20171007nal.jpg

いよいよ急な下りも終わり川からも解放されると若女平。
ほぼ平坦でほっと癒される場所でした。

20171007nam.jpg

その後はまた、急な尾根歩きでの下山となる。
しかし、登山道は樹林帯で歩きやすい。
途中陽が射してきたかなと思うのもわずかで、またガスってきた。
樹林帯が幻想的な姿を見せてくれた。

20171007nak.jpg

道路に出て、ロープウエー駐車場までの坂道を登るのは大変だった。
道路横の木々に猿が沢山たむろしている。
気をゆすり、「こんな雨の日に好きだねえ…」とでも言ってるようだった。

さあ、明日はのんびり山歩き「東北編」最終日だ。
後半はほんと天気に恵まれなかった…
最後くらいクッキリ晴れて欲しいなあ
関連記事

コメントの投稿

Secret

プロフィール

..kyou

  • Author:..kyou
  • 健康第一!
ブログ内検索
最近のコメント
カウンター
カテゴリー
過去ログ
救える命がある
クリックで救える命がある。