かぜのたより

日々の出来事を徒然なるままに

Top > 山歩き > 平ケ岳

平ケ岳

2017年9月19日

台風一過でいい天気予報
夏から何度も先送りした日本百名山、平ケ岳に鷹ノ巣から登ります。
往復約20km以上…
テント泊は原則禁止、途中には小屋もトイレもないという日帰りには厳しいコース。
山頂付近の平らで大らかな山容と、無数の地溏、楽しみですねえ。

20170919hdma.jpg

平ケ岳に登るには、プリンスルートと呼ばれる割と短時間で登れるコースがあるようです。
ただ、こちらは宿に泊まった人とか、ある程度の人数が必要とか何かと制約が面倒そう。
やはり平ケ岳を満喫するには鷹ノ巣からでしょう。

hiramap.jpg

深夜、奥只見シルバーラインのトンネルは不気味でした。
分岐に気づかず奥只見湖まで行ってしまった。
傷心のなか引き返し、小刻みなカーブの多い道を走る。
真っ暗なので余計走りにくい。

舗装はされてるが、これが約30kmも続くんですから嫌になります。
あわせて所々に沢の水を流すためにくぼみを作っています。
速度を出してるとがくんと衝撃…
ゆっくり慎重に進みます。
人生の中で一番、こんな道走りたくない~っていうほどでした。
夜中に走る人は、気合入れて走る必要があると思います(*_*;

20170919hdmb.jpg
↑下山時に撮影

登山前に、疲れてしまいました。
駐車場で2時間ほど仮眠して出発です。
その前にトイレ…
大の方は故障中で鍵がかかってました。
え~、軽量化できなかった(*_*;

20170919hdmc.jpg

さあ、気合い入れて痩せ尾根に突入。
どんどんと登ります。

20170919hdmd.jpg

幸い涼しいのと朝早いのでまだ日差しが優しい。
快適に登って下台倉山着。
稜線上の変哲のないところでした。

20170919hdme.jpg

この辺りからめざす山頂が見えた。
まだまだはるか遠くです。

20170919hdmf.jpg

しばらく細かいアップダウンのある登山道で台倉山到着。
この辺りは左手に燧ヶ岳方面の展望を眺めながら気持ち良い道でした。

20170919hdmg.jpg

台倉清水方面へ下ります。
前日の台風で倒れたんでしょうか?
真新しい大木が登山道を塞いでます。
歩けそうなところを巻いて歩く。

20170919hdmh.jpg

前日の雨で濡れた木道は滑ります。下りは余計慎重に歩きます。
白沢清水を過ぎ、いよいよ池ノ岳への登りとなる。

20170919hdmi.jpg

急な登りを頑張って平坦になると姫ノ池に到着。

20170919hdmj.jpg

草紅葉が綺麗!点在する池塘が綺麗!
素晴らしい高層湿原です。その向こうには平ケ岳が。
いやあ、素晴らしい。

20170919hdmk.jpg


ここからいったん下って平ケ岳へ。
気持良い木道の道を緩やかに登ると山頂。

20170919hdml.jpg

三角点は少し奥まったところにあった。
もう少し先まで行けそうなので進みます。
ひろ~い場所で休憩。その先は通行禁止になってました。

20170919hdmm.jpg

5人程到着。
残念ながら雲が多く展望はいまいち。
少し見えていた山々もそのうち全く見えなくなってしまった。

20170919hdmn.jpg

会津から来たというTさんとしばし山談義。
この方とは下山をご一緒していただきました。
飯豊を日帰りしたという強者です。すごいなあ…

20170919hdmo.jpg

その後は玉子石へ。
いったん下って登り返し。
途中木道補修中でした(今日は休みの様で人はいなかった)。
ありがたいですねえ。
おや?なんか小屋の形が変?

20170919hdmp.jpg

工事業者さんの小屋でしょう、前日の台風で傾いてしまったようです。
細かいものがあちこちに飛ばされたり、中の荷物もぐちゃぐちゃになってました。
片付けも大変でしょう。こんな高所での作業、頭が下がります。

20170919hdmq.jpg

玉子石、まだ~…
意外と遠く感じてようやく到着。
自然の造形のなす技でしょうか?奇怪な形ですねえ。

20170919hdmr.jpg

玉子というより、ひょうたんかな?
後方の池塘、そして巻機山や越後の山と相まっていい景色ですねえ。

さあ、長い下りが待ってます。
姫ノ池で名残惜しく景色を眺める。

20170919hdms.jpg

頑張って下りましょう。
下玉子石を先に出発した会津のTさんに追いつき、以後一緒に下る。
こんなにアップダウンあったかなあって感じ。

20170919hdmt.jpg

やはり長い距離なので疲れてるんでしょう。
厳しく感じるんですね。

20170919hdmu.jpg

痩せ尾根も無事通過し、最後は気持ち良い樹林帯。
木漏れ日を浴びながら爽やかな下山となりました。

20170919hdmv.jpg

さ、最難関!30kmのジグザグ道路の運転です。
しかし、夜間真っ暗で先が見えない状況と違い、少しは楽に感じました。
でも昼間は、カーブでもお構いなくぶっ飛ばしてくる車もあるんで要注意です。
登山口までのアクセスも大変、
山歩きも約22kmと長い。充実した平ケ岳でした。

アルバムです ↓


行程 22.5km,8時間35分
鷹ノ巣5:14→台倉山7:25→8:55姫ノ池9:05→9:24平ケ岳9:55→玉子石10:36→姫ケ池10:55→台倉山12:02→鷹ノ巣13:45
関連記事

コメントの投稿

Secret

お世話様でした。

先日は楽しいひとときありがとうございました。何かと共通点もあり、山以外のお話がまた楽しく、あっという間の下山でした。
これからの益々のご活躍も期待しております。
では、また時々訪問させていただきます。

田中さん、おはようございます。
こちらこそおかげさまで楽しい一日を過ごせました。
いろんなお話も共通項があり、さらに驚いたことに下山してみたら、愛車が同じハスラーだったということで不思議な縁だなあと思いました(^^♪
今度東北の山を少し歩きたいと思ってます。
またどこかの山で会えたらいいですね。
飯豊山日帰りの話、超びっくりでした。挑戦してみたいですが…

お疲れ様でした

こんばんは。
ついでに平ケ岳ですか~?さすがkyouさんです。もうかなり前ですが3時頃から登った覚えがあります、暗い中、尾根を登ったので怖さは感じませんでしたが下りの最後が長く怖かったです。ここは日帰りはちょっともったいないですね、テント泊ならあの広い山頂を独り占め出来そうです。去年知り合いがそれをしましたが、すごく満足していました。

平ヶ岳お疲れさま

超長コースお疲れさまでした。相変わらずの元気で、日頃の鍛錬の賜物でしょうね。台風一過の晴れ間をぬってのハイキング、最高の天候だったでしょう、チョット風もあって気持ち良かったことと思います。
ちょうど私もこのブログを見て思い出したように、赤城山の鍋割山にハイキングをしてきました。皆考えは同じようで台風一過を見越して、景色を見に来ていたようでした。100㎞以上の見晴らしがありました。

夢創步さん、こんばんわ
トイレもない。思いザックで行くのは大変でしょうね。
それと原則テントは禁止みたいだし…ただ、禁止かどうかは曖昧ですが登山口にはそれらしきこと書いてました。
山頂からの朝夕の景色はいいんでしょうが、片道約10kmもあるし、私は勘弁です。

春爛漫さん、こんばんわ。
台風一過だったんですがイマイチの天気…
最近の天気はちょっとおかしくなってきた感じですね。
厳しい登りを終えてど〜んと現れた姫ケ池は良かったですねえ。
アクセスがもう少し楽だったらまた行ってみたい山ではありますが。

赤城のレポ読みましたよ。ボチボチ楽しみましょう。
プロフィール

..kyou

  • Author:..kyou
  • 健康第一!
ブログ内検索
最近のコメント
カウンター
カテゴリー
過去ログ
救える命がある
クリックで救える命がある。