かぜのたより

日々の出来事を徒然なるままに

Top > 山歩き > 九重の山々(2017/6/9)

九重の山々(2017/6/9)

のんびり山歩きの旅
九重の山々を歩こう、2日目です。

九重の山、次は中々来れないだろうなあと思い、頑張ってピーク制覇に挑戦です。
以前九州にいた時は、ご来光や夕焼けの染まる山々を撮ろうと幾度も通いました。
今回も、山頂からの御来光に期待してまだ暗いうちから登ります。

20170609kjma.jpg

星生山でご来光を眺めたい。
その前に空が明るみ始めるところも眺めたい…
そう思って昨夜は早起きするぞ~とおもっていたんだが…
3時30分、御来光にはちょっと厳しい時間のスタートとなった。
展望台手前で、あれっ車のドア閉めたかな?と気になり戻ります。
これでもう間に合わないな(*_*;
昨夜、駐車場で盛り上がったお二人は、まだ起きたばかり。
おはようございます、お先に~と挨拶して3時45分、再び登り始めます。

20170609kujmap.jpg
↑ クリックで大きくなります

少しでも標高の高いところから日の出を見たいと超特急で登ります。
遠くの山腹に先行者かな?ライトの光らしきものが見え隠れする。
でも、気は焦れど中々足がついてこない。
空が白み始めた。

20170609kjmc.jpg

由布岳が雲の多い朝焼けの空にシルエットを浮かばせている。
いやあ、綺麗だなあ…
扇ケ鼻への分岐を過ぎ、星生山へ向かう岩場のところで二人連れに追いついた。
先ほどのライトの人達かな?

20170609kjmb.jpg

星生山到着。
既にご来光の時間は過ぎていた。
男性が一人撮影していた。

20170609kjmd.jpg

「素晴らしいご来光見れました?」と尋ねると、
「いやあ、今日の御来光は雲が多くいまいちだったよ」と慰めてもらった。

雲は多くいまいちの夜明けだが、それでも雲間から射す朝の光は神々しい感じがする。
1時間ほどぼ~っと山頂で過ごす。

20170609kjme.jpg

阿蘇山方面はきれいな雲海。
阿蘇五岳がばっちり見える。
ほんとその山容は涅槃像ですねえ。根子岳がお顔の部分だそうです。

20170609kjmf.jpg

山頂から御来光を眺めるという、今日最大の目的は中途半端だったけど終わり。
後は各ピークの制覇です。まずは久住山へ。
星生崎から避難小屋へと下り、山頂を目指す。

20170609kjmg.jpg

朝は空気が澄んでて綺麗ですねえ。
山頂から歩いてきた方面を眺める。

20170609kjmh.jpg

阿蘇もまだ少し雲海が残っている。
今から歩くピークが見えます。
今日はまた長者原で車中泊なんであまり早く下山しても退屈。
のんびり歩きましょう。

20170609kjmi.jpg

次は稲星山
いったん鞍部まで下り、がれきの道を登り返し。

20170609kjmj.jpg

丸っこい山頂は何の変哲もないが、山肌のミヤマキリシマは綺麗です。

20170609kjmk.jpg

次は白口岳
山頂から景色を眺めていたら鉾立方面からにぎやかな声が聞こえてきた。

20170609kjml.jpg

10人くらいの団体さんです。
静かだった山頂が賑やかになったんで早々に退散します。

20170609kjmm.jpg

次は中岳
九重最高峰の山、九州本土最高峰の山です。
標高1,791m(久住山は1,786.5m、九州地方最高峰は屋久島の宮之浦岳1,936m)
でも久住山の方が人気あるような気がします。

20170609kjmn.jpg

中岳から見る久住山はまるっこくて決して格好いい山とは言えないけどね。
私はとんがってる山容の中岳の方が好きですが…
でも、虫が多い。ビュンビュンと顔にとびかかってきます。
お昼にしようと思ったが早々に退散です。

20170609kjmo.jpg

次は天狗ケ城
中岳と同じような、とんがった山です。
眼下に御池(みいけ)があります。冬には凍結して上を歩くこともできます。

20170609kjmp.jpg

周囲の山々の景観とマッチングして中々いい景色を見せてくれます。
蛇足ですが、先日歩いた大船山にあるのは御池(おいけ)です。
同じ漢字なのに、みいけ、おいけと呼ぶのが不思議ですねえ。
この二つの池はいつも水をたたえています。

20170609kjmr.jpg

天狗ケ城でも虫がいっぱい…
急な岩の斜面を下りきると、旧噴火口の名残かな?空池があります。
ここは水がたまらないので、からいけと呼ばれているようです。
自然って不思議ですねえ、すぐ上にはいっつも水のある御池があるんですから。

20170609kjmq.jpg

久住山との分岐に到着。
続々と登山者が登ってきます。
天気もいいし、ミヤマキリシマも見頃。
さすが人気の九重ですねえ。

20170609kjms.jpg

避難小屋前は人が多いので、少し上り返したところの岩場でお昼にします。
ここは登山道から少しそれてるのでのんびりできます。
虫もいないしね。
西千里ヶ浜方面から沢山の登山者。
岩場なんで大渋滞です。
ここを下るのは大変そう。
少し途切れたかなと言う感じの時、急いで下りました。

20170609kjmt.jpg

次は扇ケ鼻です。
ここもミヤマキリシマで大人気。

20170609kjmu.jpg

久住をめざさず、ここまでの人も大勢いるようです。
ヘリコプターかな?と音のする上空をみるとドローンでした。
人声で賑やかなのはいいが、ドローンの飛ぶ音がずっとしてるのは耳障りです。
いい気分に浸ってたのにねえ…

20170609kjmv.jpg

でも、上空から眺めるピンクの山肌はきっと綺麗なんだろうなあ
数人のグループで写してたんで、きっとテレビなどの報道の人なんかもね。

20170609kjmw.jpg

さあ、予定していたピークはすべて終了。
牧ノ戸峠へ下ります。
沓掛峠への岩場の登りはしばし順番待ち。

20170609kjmx.jpg

本当は登り下り専用となっているんだが、守らない人もいる。
知らない人もいるんだろうね。表示も見にくいし…

後は下るのみ
眼下にみえる駐車場は満車。
路側にもず~っと車が停まっています。
いやあ、やはりこの時期の九重は大人気ですね。

↓ アルバムです


行程 15.9km、9時間16分
牧ノ戸峠3:45→5:14星生山6:17→9:10久住山9:56→稲星山8:40→白口岳9:03→中岳9:27→
天狗ケ城9:55→扇ケ鼻→牧ノ戸峠13:01

明日は三俣山に登る予定。
時間も早いので筋湯温泉うたせの湯へ行き、さっぱり汗を流しました。















関連記事

コメントの投稿

Secret

プロフィール

..kyou

  • Author:..kyou
  • 健康第一!
ブログ内検索
最近のコメント
カウンター
カテゴリー
過去ログ
救える命がある
クリックで救える命がある。