日々の出来事を徒然なるままに

かぜのたより

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全ての記事を表示

運動しましょう

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事


東北の旅 5日目

2017年8月8日

宮城県石巻市へ向かいます。
目的は「リボーンアートフェスティバル2017」

リボンアートとは…パンフレットより抜粋です↓
今世界中がテロや紛争、難民、国境問題等緊張感に包まれている。
日本も決して対岸の火事では済まされない。
今回の舞台石巻市は2011.3.11東北大震災によって風景や日常がすっかり変わった。
フェスティバルは、過去への追悼でなくアートや音楽、食によって「未来の自分に出会う場所」を提案する。
日本そして世界から39名(組)の芸術家が石巻に集合し、作品を作り上げた。

20170808e.jpg
↑旅の最終日(8/10)に撮った写真です。

朝、大雨と強風の中道の駅を出発し山道を石巻へ向かう。
雨量によっては通行止めとなる峠越え、緊張の中無事クリアーし小雨となった石巻に到着。

20170808c.jpg

チケット購入に駅前にある「観光情報センターへ向かう」
「大人2枚、2日券ください」
「牡鹿半島方面のC,Dエリアは台風の影響でクローズしてるんですが…」
「え~いつまで?」
「とりあえず明日まではクローズと決定してます。明日までは番外として日にちは関係なく見れますが…」
「しょうがないですね。明後日に期待して2日券お願いします」
後で知ったことだが通常3,000円がシニアは2,000円で買えたんだって…

20170808d.jpg
↑復興祈念の碑

街を歩いてる、大震災を感じるところが多々ありました。

↓自販機の斜め上に、「津波浸水深 ここまで」との表示
想像するだけでも怖いですねえ。
テレビでニュースを見ても充分その怖さを感じたが、
こうして現地に立つとその痕跡を見るだけでも、より以上の恐怖を感じる。

20170808k.jpg

大震災から6年ちょっと…
よくここまで復旧したものです。
でも市内はともかく、さらに海岸が近くなるとまだまだ復旧には時間がかかるなあと感じた。

石巻は、漫画家石ノ森章太郎ゆかりの地
石巻漫画ロードにはいたるところで漫画のキャラクターが出迎えてくれる。

20170808a.jpg

石ノ森ファンにはたまらないね。
石ノ森萬画館があると初めて知りました。
明日の予定に組み込むことにしよう。

20170808b.jpg

雨は強くなったり弱くなったり…
雨はいいけど風が強いのは大変。
いつ傘が壊れるかと心配しながら、市内Aエリア(駅から徒歩圏内)の芸術鑑賞です。

20170808f.jpg

芸術は奥が深い…
「うわあすごいなあ!」というのもあるが、なんじゃこりゃと、全く理解できないものも。

20170808m.jpg

日活パール劇場
ここは18歳未満は入場できません。
興味そそられますねえ。
震災後2か月頃小さな映画館がオープンした。

20170808l.jpg

小さなロマンポルノの映画館。
震災ですさんだ人たちの心を癒し、復旧復興への力を与えてくれたことあろう
入口には昔懐かしい「オールナイト 3本立て一挙上映!」などのポスターが至る所に張られている。
残念だが写真の掲載はやめておこう。
かなり昔、ワクワクしながらこんな映画館に入った記憶がよみがえった。

20170808g.jpg

↑写真です。動画も上映されていました。
お風呂を担いで気にいったところでお湯を沸かしお風呂に入る。
のんびり景色を眺め、考え事をし、もしくは無心で過ごす。
堪能したらまた次のところへ向かって…

20170808h.jpg

雨にも風にもめげず、Aエリアの芸術鑑賞終了。
ホテル近くの居酒屋へ。
マグロの中落ち。
いやあ、こんなにでかいとは思わなかった。びっくり!

20170808i.jpg

台風が来たんじゃ車内泊は大変だろうと翌日予約していたホテルに連泊とした。
ここも、震災後復旧再建したのだろう。
こじんまりしたきれいなホテルだった。
関連記事

プロフィール

..kyou

  • Author:..kyou
  • 健康第一!

ブログ内検索

過去ログ

カウンター

救える命がある

クリックで救える命がある。