日々の出来事を徒然なるままに

かぜのたより

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全ての記事を表示

運動しましょう

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事


靴 その後

先日購入し、谷川岳で試し履き山行した靴
岩場や登りのフィット感はばっちりだったが、長い下りでは爪先が痛くなった…
靴紐で調整したが、今度は絞め過ぎたせいか、指が圧迫された感じで痛くなった。
試し履き後半は苦痛の下山を強いられることになった。

靴下の厚さや底敷で調整しようと思ったがあまり芳しくない。
少しは広げてくれるお店もあるみたいだよと、ブロ友から教えてもらった。
早速購入したお店に電話しました。
取りあえずできるかどうか見てみますので持ってきてくださいとの返事
で、今日行ってみました。

20170722a.jpg

状況を説明し、持参した靴を履いてみます。
「まずいつも通りに靴紐絞めてください」
「ハイ、締めました」
「う~ん、どこの辺があたります?」
「指の前が窮屈、横もちょっと…」
靴ひも締め方のレクチャーに基づきしっかり靴をホールドする。
「じゃあ、この坂を昇降してみて下さい。登りはどうでもいいですが、下りをしっかり確認してください。どうですか?」
何度か昇降を繰り返す。
「やっぱりつま先が窮屈です…」

「はい、いいですよ。試し履きの時あと、つま先は黒くなりませんでしたか?」
「それはなかったですねえ。なるべくつま先に当たらないよう足首をしっかり固定したんで」
「少し位なら広げてみてもいいですが、たぶんそれでも無理でしょうね」
「……いやあ、そうですか……」
「じゃあ、交換します。それでいいですか?」 
ん?、もしかして交換って言った? 
私はそんな無理な要求はしてないし、クレーマー的発言もしてないんですが…
「交換?10時間くらい山で履いてますよ。少し汚れてもいるし…」
「やむを得ないですね。これじゃ歩くのがきついでしょうし、小さめのをお勧めしたのは店の誤りですから」
「そんなあ、本当にいいんですか?すみませんねえ」
「爪を痛めたりして怪我等しなかったから本当に良かったです。はい、どうぞ」

そんな感じでワンサイズ大きい新品の靴を受け取りました。
いやあ、ホント信じられませんでした。
最後は自分で判断し購入したわけだし、まさか新品と交換してくれるなんて…
こんなこともあるんで、やっぱりしっかりした専門店で買うべきだなあと思いました。
二泊三日くらいのテント泊に使える登山靴、残雪期もOK、12本爪アイゼン装着OKってことで購入したんで、
本当に今回の交換はありがたかったです。

広げることもできそうだよとを教えてくれた方、快く交換してくれたお店の方、本当にありがとうございました。
どっかの山でまた、試し履きしてみたいと思います。
関連記事

プロフィール

..kyou

  • Author:..kyou
  • 健康第一!

ブログ内検索

過去ログ

カウンター

救える命がある

クリックで救える命がある。