日々の出来事を徒然なるままに

かぜのたより

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全ての記事を表示

運動しましょう

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事


白馬岳~朝日岳 前編

白馬岳~朝日岳 前編

2017年7月14日~16日

数年前から行きたかった朝日小屋、遂に実現しました。
この朝日小屋、どこから登ってもなかなか時間のかかるところに位置している。
日の長い夏なら頑張って歩いて一泊かな?
紅葉時期ならのんびり二泊かな?
色々考えながら、やはりのんびり秋に行こうと思っていた。

20170714hyaa.jpg

しかし…
昨年北岳をご一緒した北海道のSさんご夫婦から「夏に白馬に行くよ~、予定は栂池から」との話があった。
ということは白馬大池から白馬までご一緒したあと朝日岳をめざそうと検討する。
行程は三泊四日
でも、三泊も小屋泊まりじゃ軍資金が続かない…
白馬大池と頂上宿舎はテント泊、本命の朝日小屋は小屋泊まりで計画。

だが実際には、天気予報が目まぐるしく変わりあまり良くない天気。
雨の中テント背負っていくのも嫌だなあ…
白馬大池に泊まる日は大雨かも…
で、軟弱にもテント泊は断念。行程も2泊3日と短縮とした。

20170714yukimap.jpg
↑ クリックで大きくなります

Sさん奥様は、膝の具合が思わしくないらしい。
最終的には長い登山行程は無理と判断し直前に山行を断念。
栂池自然公園のみ楽しむことになったとのことで、Sさんと二人での山歩きとなった。

蓮華温泉を早朝スタートするので前夜21時頃駐車場に着き車中泊。
途中長野を過ぎたころからめちゃくちゃ大雨!
いやあ、やはりテント泊しなくて良かったなあと胸をなでおろす。

朝、爽やかな目覚め
駐車場から見える山は少しガスがかかってるものの天気は良さそうな感じ。
しかし、昨夜の雨のせいか蒸し暑い…
途中で日の出
山歩きの安全を祈りながら浴びる朝日は新鮮だ。

20170714hyab.jpg

小屋泊まりなのに心配性な我輩は、着替えや防寒着、食料などを持ちすぎかなって感じでザックが重い。
朝いちの体は重い。蒸し暑さもあって汗びっしょり。
途中、崩壊した登山道は巻き道が作られておりロープに助けられ無事通過。
天狗の庭に到着。どんよりとした雲が雪倉方面にかかっており、今日は天気はダメかなあとちょっとがっくり。

20170714hyac.jpg

本日初めての残雪箇所をトラバースし視界の良いところに出ると、雲はあるもののクッキリとした青空と山容が現れた。
もしかしたらこれが見納めかと夢中でシャッターを切る。

20170714hyad.jpg

白馬大池に到着。
朝もやの中にぼんやりと小屋が見えた。
その前に二人の人影
Sさんです。
もう一人は「昨夜は寒かった~」とテント泊は初めてと言う単独の男性。

20170714hyae.jpg

中々いい感じのテント場
男性は、テント泊するならまずはここに泊まれと友人に勧められ、初テント泊に決めたらしい。
いやあ、我輩もやはりテントにすれば良かったかなあ。

Sさんとは一年来のご対面。再会を喜びしばし小屋周辺でのんびり。
朝もやもとれてきて池に映る山の姿が美しい。
約40分ほど休憩しでは、行きましょうかと思いザックを背負う。
見るとSさんの方がかなり大きく重そうなザック。

20170714hyaf.jpg

昨年の北岳の反省で、階段登りや冬のスノーシュー山行などで鍛えてきたらしい。
見るからに足取りが軽そうに感じた。
白馬大池から宿泊予定の小屋までは4時間程度。
すんなり歩くとお昼前に着いてしまいそう…

20170714hyag.jpg

余り早すぎるねってことで、のんびり高山植物を撮りながら歩きます。
幸いお互い山で写真を撮るのは大好き。
山談義などしながらのんびり歩きです。
コマクサやハクサンイチゲその他の高山植物が次々に現れる。

20170714hyah.jpg

おっ、ライチョウの親子もいました。
雪倉岳や白馬方面の山がガスで見え隠れて景色の変化が楽しい。

20170714hyai.jpg

Sさんは、奥様が一緒に歩けなかったので寂しそう。
こんな景色自分だけ楽しんでいいだろうか?
帰って写真見せるのつらいなあなんて、奥様に気兼ねしている様子。
この優しさ見習わなくっちゃね(^^♪

20170714hyaj.jpg

小蓮華山でも早い雲の動きでなかなか展望が現れない。
速いけどお昼にしましょうか?
一瞬の晴れ間を狙って記念撮影。
そして三国峠に到着。

20170714hyak.jpg

我輩は明日はこの分岐から雪倉岳を目指す予定。
しばらくガスが張れるのを待っていたが、行程の全貌は見えず明日へのお預けとなった。

20170714hyal.jpg

その後も、花、花、花!いやあ凄いねえと感動の連続。

20170714hyam.jpg

あっ見えた!見えなくなったと景色を楽しみながらののんびり歩きで白馬岳頂上到着。

20170714hyan.jpg

山頂では360度な~んにも見えません。
明日に期待して頂上小屋まで下ります。

20170714hyao.jpg

まだ時間は早い。持参した缶ビールは冷えてないので小屋で購入。
上の小屋よりロング缶で100円安いのはなんかすごく得した気分。
談話室で再開を祝し乾杯。その後はウイスキーなど飲みながら話が弾む。
単独らしい女性が現れ、明日の行動などなどでまた話が盛り上がる。

夕食の時間です。
この小屋に決めたのは、夕食がバイキングというのに興味を持ったからです。
連休前だからかな、宿泊者も20人程度と少ない感じ。
自分で食べれるだけ皿に盛り付けていく。

20170714hyap.jpg

ケーキもあります。
食べれるだけ食べれるので若者や女性にはありがたいですねえ。

いやあ、満腹!明日への活力になりました。
明日は早いので用意してもらったお弁当(朝食代わり)を受け取り部屋に戻る。
上下で16人の部屋に、Sさんとたった二人…

20170714hyaq.jpg

ちょっと寂しい感じもするがゆったり寝ることができた。

アルバムです


後編へ続く
関連記事

プロフィール

..kyou

  • Author:..kyou
  • 健康第一!

ブログ内検索

過去ログ

カウンター

救える命がある

クリックで救える命がある。