日々の出来事を徒然なるままに

かぜのたより

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全ての記事を表示

運動しましょう

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事


阿蘇 根子岳

6月3日
阿蘇根子岳に登る。
どこから見てもその姿は凛々しさを感じる。
この山に最初登った時は屋型ウドコース。稜線について見上げた天狗岩には度肝を抜かれた。
その時は山の技術もないのに、そびえたつ岩壁に挑もうとして、まったく歯が立たなかった。

20170603na.jpg

そんな思い出の山、熊本地震であの天を衝く凛々しい姿の岩肌が崩壊したらしい。
屋月度コースは地震のせいか大雨のせいかわからないが荒れて通行禁止の様だ。
で、今回は大戸口のほうからピストンすることにした。

20170603nekomap.jpg
↑クリックで大きくなります。

登山口では単独の女性が登り始めるところであった。
挨拶して準備をする。
登山口からは崩壊した部分を見せる根子岳がそびえたっていた。

20170603nb.jpg

最初は樹林帯。
途中どうして道を間違ったかわからないがだいぶ右のほうを歩いていた。
山仕事の人たちの道だろうか?割とはっきりした道がそこかしこにあった。
下山時の話だが、私が間違った付近で4名ほどのグループが同じように間違っていた。
大きな声でこっちですよ~と声をかける。

道は急でずるずると滑りやすい。雨の時は登りたくないコースだ。
途中で女性に追いつき、その後下山までご一緒することになった。
この方は延岡の方で宮崎百名山などに挑戦しているらしい。
辺鄙な山も大好きだそうだ。

20170603ne.jpg

ほどなく山頂に到着。
ここからでも崩壊した岩は見えるがもっと近くで見てみたい。

20170603nf.jpg

根子岳に数回来ている女性も同じ考え。
では、ご一緒しましょう。

20170603ng.jpg

立ち入り禁止の札があるが、いけるところまで行ってみようと歩く。
アップダウンが意外とあって疲れます。
でも、こちらまで来ると山肌のミヤマキリシマが綺麗だ。
この先崩壊立ち入り禁止ということで迂回路があった。
かなり下ってかなり登。いやあ、大変だ。

20170603nh.jpg

しかし、それより大変だったのは登山道に覆いかぶさるように咲く竹(笹?)の花です。
花粉だろうか、体に巻きいろい花粉(花びら?)が降りかかる。
花粉症の私としては非常にやばい状況だ。
下山後ザックを降ろしたらザックのポケットやズボンのポケットに黄色い花粉がいっぱい入っていた。
いやあ、まいったね

20170603nc.jpg

迂回路を登りつめてわずか進むと、もうこれ以上は無理という場所に到着。
眼前には痛い痛しく崩壊した岩壁が見える。
まだまだこれからも崩壊しそうな感じ。

20170603ni.jpg

けなげにも崩壊した岩肌に一株だけミヤマキリシマが残っていた。
思わず、頑張れ!と声援を送った。この一本が成長したくさんの花が成長することを祈るばかりだ。

帰路も竹の花粉を全身に浴びながら東峰まで戻る。

20170603nj.jpg
ポケットやザックから出てきた花…
このほかにやぶ狐疑してるときは、白い花粉がバ~と散ります(*_*;

その後は、滑りやすい道をビューンと下山しました。
竹の花と崩壊した岩肌が印象的な山行でした。

20170603nd.jpg
関連記事

プロフィール

..kyou

  • Author:..kyou
  • 健康第一!

ブログ内検索

過去ログ

カウンター

救える命がある

クリックで救える命がある。