日々の出来事を徒然なるままに

かぜのたより

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全ての記事を表示

運動しましょう

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事


西上州 立岩

2017年4月29日(曇り)

碧岩・大岩から早く下山できたので立岩に登ることにした。
ここを歩いたのはもう20年以上前のこと。
格好いい山だったなあという以外ほとんど記憶に残っていない。

急峻な岩壁、日本離れしたその景色から「西上州のドロミテ」ともいわれている。
山麓から見上げる2つの岩峰…
ほんとにあんなところ登れるかなあという不安と期待を抱かせる山である。

20170429tia.jpg

午後から夕方にかけ、雷、強風、雨!と天気急変の予報…
しかし、今のところその気配はない。
碧岩登山口から約20分ほどで立岩登山口に到着。

20170429tmap.jpg
↑クリックで大きくなります

「熊に注意」の表示のある登山口から少し進むと、威怒牟畿方面との分岐。

20170429tib.jpg

右折し、直登コースでコルを目指す。
最初は樹林帯、ほどなく木々の間からそびえ立つ岩峰が見え隠れする。
あそこへ登るのかあとワクワクです。

20170429tic.jpg

鎖のある登りとなる。
急だし、ゴロゴロした石、乾いた土で滑りやすい。
落石も要注意です。
グループで登るときなど要注意箇所かな?

20170429tid.jpg

落石要注意箇所を過ぎると、右側が切れ落ちた鎖場です。
足場はしっかりしており、しっかり鎖をつかんで登れば問題なし。
わずかでコルに到着。
まずは東立岩に登ってこよう。

20170429tie.jpg

最初こそ踏み跡があったがその後は不鮮明。
あれっどっちかなと思う箇所もあり、ちょっとうろうろ。

20170429tif.jpg

道なき落ち葉の急斜面を頑張り、岩峰を左から回り込んで東立岩に到着。
展望は素晴らしいが、あいにく天気は下り坂。

20170429tig.jpg

モヤっとしてあまりい景色は見れなかった。
眼前の西立岩は、見事にそびえ立った山容を見せている。

20170429tih.jpg

下りは、正しいと思われる西へ下る踏み跡をたどる。
が、すぐに道は不鮮明となる。先ほど迷ったあたりに遭遇。
なるほど、ここからてっぺんめざせば良かったのかあ…

20170429tii.jpg

コルに到着。
西立岩を目指す。
あんなに屹立し険しく感じた岩峰だが、道は鮮明で着実に登っていく。

20170429til.jpg

山頂手前の岩にも立ち寄る。
先ほど上った東立岩が低く見える。

20170429tim.jpg

そして鎖やロープに助けられ稜線に出ると、わずかで西立岩山頂到着。

20170429tin.jpg

山頂には二人が休んでいた。
天気は下り坂、時折日差しがあるがどんよりとした曇り空。

20170429tio.jpg

展望もいまいちだし、少し休憩のあと下山開始。

かなりの急坂を下った後、鎖の岩場が立ちはだかる。
単独男性が登攀中。

20170429tip.jpg

足元はしっかりしており手を外さなければ問題ない。
鎖の手すりがある尾根に出る。

20170429tiq.jpg

振り返ると聳える立岩の景色が素晴らしい。
青空だったら更に見ごたえあるんだろうなあ…

白樺のある気持ち良い尾根歩き。
わずかで荒船山方面との分岐です。

20170429tir.jpg

うっかりする見逃してしまいそうな分岐。
分岐からは時々ミツバツツジが現れる。
そういえばこの山アカヤシオが少ないなあ…
標高が高いからまだ早いのか、それとも木がないのか?

20170429tis.jpg

急な下りを進むと、威怒牟畿不動だ。
岩壁に設置された不動、いやあ、迫力あります。

20170429tit.jpg

上部から水量は少ないが水しぶきが落ちている。
もうちょっと水があったら裏から眺めてみようと思ったがパス。

20170429tiu.jpg

不動からは樹林帯の中をのんびり歩いて登山口着。
近くにある「線ケ滝」に立ち寄る。

20170429tiv.jpg

落差約35m、一条の線のように流れ落ちる滝。
綺麗でした。

アルバムです↓


登山口10:51→コル11:45→11:55東立岩12:05→12:35西立岩12:55→分岐13:18→威怒牟畿不動13:30→登山口13:57












関連記事

プロフィール

..kyou

  • Author:..kyou
  • 健康第一!

ブログ内検索

過去ログ

カウンター

救える命がある

クリックで救える命がある。