日々の出来事を徒然なるままに

かぜのたより

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全ての記事を表示

運動しましょう

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事


京劇

26日、「中国国家京劇院」の京劇を鑑賞

愛と正義と報恩の三大傑作選と銘打った京劇
京劇を見るのは初めてです。
日本の歌舞伎みたいなもんかなあ?
鳴り物入りだったり、役者が「見え」を切るところなんかが面白い。
中国語独特のイントネーションや音楽、
華やかで優雅な踊りやメイクアップ、時にはアクション等々楽しめました。

20170426a.jpg

主な内容は次の通りでした。(パンフレット概略)

★西遊記・金銭豹
 豹の妖怪「金銭豹」が娘に一目ぼれ、結婚を申し込んだ。
家族は妖怪と結婚させるのが偲びず困ってしまった。
そこに旅する三蔵法師一行が通りかかり、その事情を知り、妖怪を退治するというあらすじ

感想 中国と言ったら西遊記、孫悟空は定番ものかもね。
    孫悟空他の軽妙な動きや、役者のメイクアップ、中国語が新鮮で面白かった。
    中国語はわからないが、字幕もあって内容をよく理解できた。

★太真外伝
 唐の時代、皇帝玄宗と楊貴妃の愛の物語
 織姫と彦星が一度だけで会えるというその夜、生まれ変わってもまた夫婦になろうと永遠の愛を誓う。

感想 愛情物語はあまり好きじゃないですねえ。
    眠くなってしまった(*_*;

kg.jpg

★鎖麟嚢(さりんのう)
 鎖麟嚢とは嫁いでゆく娘に持たせる縁起物
 金持ちの娘(薛)が、沢山の宝石の入った鎖麟嚢をもって嫁入り行列中に雨宿り。
 同じく、嫁入り行列中に雨宿りした貧しい娘(趙)
 貧しさをはかなんで泣いていた趙。
 それに同情した薛が、趙に名前も告げず、さりげなく鎖麟嚢を贈った。

 その後、幸せに暮らしていたが、大洪水に見舞われ薛は助けられたが、家族は行方不明。
 一方、 趙夫婦はもらった鎖麟嚢の宝物を運用し大成功。夫は役人になっていた。
 すべてをなくし貧しくなった薛は、昔、鎖麟嚢を贈った趙の息子の乳母となって働いていた。
 その屋敷で、偶然にも自分の贈った鎖麟嚢を見つけ、昔を思い出し泣いた。
 その様子を見た趙は、あの日の恩人であることに気づき感謝。
 家族も見つかり、趙と薛は姉妹の契りを結んだ。
 めでたしめでたし

感想 人に良い事をすれば、いつか自分に返ってくるということかな?
    
関連記事

プロフィール

..kyou

  • Author:..kyou
  • 健康第一!

ブログ内検索

過去ログ

カウンター

救える命がある

クリックで救える命がある。