日々の出来事を徒然なるままに

かぜのたより

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全ての記事を表示

運動しましょう

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事


鳴神山

2017年4月20日(晴れ)

鳴神山(980m)

アカヤシオはまだ少し早そうだが、久しぶりに野鳥を眺めたい。
沢沿いのニリンソウなども咲いてるかなと、駒形登山口から歩くことにした。

20170420na.jpg

今回野鳥を眺めたいと思ったのは、お気に入りの双眼鏡を手に入れたからです。
リサイクルショップで見かけたPENTAXの双眼鏡
10×21 5.0゜ と手ごろな大きさです。
他にもいろいろあったけど、他のはちゃちな双眼鏡だったり大き目サイズ。

20170420nb.jpg

双眼鏡は、Nikon 10×40 5.9゜を既に持っている。
しかし、これが意外と大きく山歩きなどに気軽に持って出かけるにはちょっと考えてしまう。
視野角が広く、くっきりと見えるのは最高だが、カメラも持ってこれも持ってというのはねえ…

そんなわけで今日はルンルン気分
久し振りに鳥の姿など見つけながらのんびり歩こう。
コースは次の通りです。
駒形から時計回りに歩きます。

20170420nmap.jpg

もう19年も前になるが、駒形から今回の下山路を登り、鳴神山に登頂。
そして尾根沿いを南下し、金沢峠から堂場に下り駒形まで周回したことがある。
それ以降、鳴神山から遠ざかってしまったが、久しぶりの登頂に心躍ります。

20170420nc.jpg
↑左側を登る

登山口には車が2台
林道を歩き、赤柴方面に登ります。
最初は樹林帯、沢沿いの道は気持ちいいね。

20170420ne.jpg

ニリンソウが咲いています。
まだ朝が早いためか、花は開ききっていない。

20170420nd.jpg

小気味よい鳴き声が聞こえます。
ミソサザイのようです。
どこかなあと早速双眼鏡で探すと、倒木の上で囀っています。

20170420nf.jpg
↑遠いのでデジタルズームで撮影

慌てて撮影…ピンボケです。
視線を感じたのかすぐにどこかへ雲隠れ。

20170420ng.jpg

林道が終わり、ようやく登山道らしくなってきた。
杉林から雑木林に変わり、落ち葉を踏みしめて気持ち良く歩きます。

20170420nh.jpg

カタクリが可憐に咲いています。

右手に山頂らしきピークが見えたころ、下ってきた単独のおじさんと遭遇。
「富士山も見えたよう~。アカヤシオは少し咲いてる」とのこと。
ほどなく椚田峠着。

20170420ni.jpg

のんびりしすぎたんでここからは少し急ぎましょう。
モヤっとしてるんで富士山が見えなくなったら悔しいしね。

20170420nj.jpg

階段上の道を登り、第二展望台に到着。
まだ少し雪のある赤城山、そして榛名山を前景に浅間山が見えます。

20170420nk.jpg

モヤっとしてるがいい眺め。
急がないと富士山見えなくなるかもと先を急ぐ。

この辺りからぼちぼちカヤシオが咲いていた。
まだつぼみも多く、見頃にはまだ1週間以上はかかるかもね。
シカの食害対策の為ということで、テープを巻かれたアカヤシオの木々。

20170420nl.jpg

沢山の木々だが、ほとんど花は咲いていない。
これだけの木が開花したらすごいだろうなあ…

20170420nm.jpg

鳴神山神社の表示のある真新しい赤い鳥居があった。仁田山岳です。
桐生岳(頂上)を示す標識があった。

20170420nn.jpg

そこからわずか下って登り返せば桐生岳頂上です。
鳴神山は双耳峰で仁田山岳と桐生岳のピークがあります。

20170420no.jpg

3人程が展望を楽しんでいた。
富士山は…
モヤっとしてるけど見えました。
八ケ岳の白い姿が、モヤっとした中に浮かんでいるように見える。
日光の山々、男体山や白根山、皇海山、袈裟丸、上州武尊、谷川岳、浅間方面の山々…
360度の展望です。
赤城山は木々に遮られてっぺんが見えない
筑波山も見えるようだが…モヤっとしており、目を凝らしてもわからなかった。

20170420np.jpg

山頂付近のアカヤシオ、咲いてはいるが、あまり綺麗じゃないですねえ。
つぼみも多く、もう少ししたら見頃なのかもね。
コーヒーを飲みながら、のんびり展望を満喫。
登山者も増えてきました。

さて、下山しましょう。
肩の広場付近では、雷神山を愛する会の方が避難小屋を建ててました。
ボランティアだそうです。ありがたいですねえ。

20170420nq.jpg

「雷神山ってどこですか?」と聞くと、昔はこれで鳴神山っていってたそうです。
そういえば、山頂に立つ小さな赤い鳥居には「雷神嶽神社」って書いてたなあ。

ボランティアの方に、いろいろと鳴神山のことを教えてもらいました。
カッコソウの咲く頃、また来たいなあと思った次第です。

20170420ns.jpg

雑木林の斜面には「レンゲショウマ育成中」と書かれた緑のネット囲いがたくさんありました。
これもシカの食害から守るためだそうです。

山肌にはちらほらとアカヤシオが咲いています。
カタクリ、ニリンソウやスミレも見かけました。

20170420nu.jpg

岩混じりの道を第二、第一石門と下っていきます。
若葉の新緑が綺麗でした。

20170420nt.jpg

こちらでも野鳥の声が賑やかです。
双眼鏡で野鳥観察。いやあ、気軽にパッと取り扱えるっていいですねえ。
ミソサザイやヤマガラ、シジュウカラなどを見かけました。

20170420nv.jpg

ほどなく杉の樹林帯、沢沿いの道を歩き登山口到着です。
駐車場は満車状態、道路端にもたくさん停まってました。
人気の山ですねえ。
ナルカミスミレやカッコソウ、レンゲショウマなどの咲く時期にも歩きたくなりました。

アルバムです↓


駒形登山口P8:20→赤柴→椚田峠10:06→10:26桐生岳11:02→肩の広場→第二石門11:43→登山口12:58

















関連記事

プロフィール

..kyou

  • Author:..kyou
  • 健康第一!

ブログ内検索

過去ログ

カウンター

救える命がある

クリックで救える命がある。